手書きメモを簡単デジタル化! 「ショットノート」のホワイトボード版で会議も遊びもお役立ち散歩するガジェット(3/3 ページ)

» 2012年03月13日 18時48分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 次にペーパーの「ショットノート」でも「やってみたいな」と思っていたのですが、貧乏性につきもったいなくて着手できなかったショットノートによるパラパラマンガを制作してみました。筆者は「描く」よりも「書く」ほうが得意なのは想像に難くないと思うのですが、さらに補足すると図画工作の時間でもお絵描きよりも粘土のほうが、美術の時間でも写生よりも彫刻のほうが得意だったという、かなり残念な作画能力を有しています。当初、元同人作家の知人に協力を依頼したのですが、多忙につき断られてしまい苦肉の策なのでありますが、そういった「絵心のない人でもそれなりに楽しめてるじゃん」というような視点で眺めていただければ幸いです。

 制作の手順は単純で、描いて撮影(取り込み)する、動きのある部分をちょっと消す、描き足して撮影(取り込み)する、動きのある部分をちょっと消す……の繰り返しです。すべてのコマを「SHOT NOTE」に取り込んでからEvernoteに送り、Evernoteから取り出した画像を有料映像編集ソフト(Edius Neo)で順番に並べたものをWMV形式で書き出して、YouTubeにアップしています。撮影の際には玄関の照明だけだと下部が暗くなってしまっていたので、均一に光が当たるようにスタンドライトを補助光に使用しました。深夜だったため周囲は寝静まっており単独での作業だったのですが、本来は描く担当、撮影の担当と分担すべきで、そうすれば作業はよりスムーズだったことでしょう。1人で作業すると、ホワイトボードマーカー、イレイザー、スマートホンの持ち替えだけでもけっこうな手間です。今回は無音声ですが、効果音をいれたり字幕をいれたりして紙芝居のようにしてもおもしろいでしょう。

 ドローソフトやタブレットをバリバリ使いこなせるユーザーだと、「なんでそんな回りくどいことを!?」と思われるかもしれませんが、筆者のようにドローソフトの使い方から勉強しなければならなかったり(いまだにベジェ曲線が引けません)、絵心はあるけれどもパソコンはあまり得意でないという世代の方にも、エンジョイいただける手法ではないかなと、深夜に玄関でゴソゴソやりながらふと思っておりました。

そろそろもうこの季節じゃないよなあと思いながらも、他の題材が思いつかずに描いてみた。最後のオチはそういった心境が反映されているかもしれない。ザンネンな描画力は筆者のデフォルト。画像23枚使用。音声なし

ひーひー言いながら、上のパラパラマンガを仕上げて「アニメーターさんて偉大だなあ」と思いつつ、こちらを制作。目が閉じるまでを描き、開くのはその画像を逆に並べているだけなので、上のものよりも手間がかかっていないというカラクリがある。再生は一瞬だが17枚の画像を使用している(描いたのは9枚)。音声なし

最後に冷静になって厳しく見てみる

 筆者はザウルスやらPocket PCやらが大好きだったクチで、PDAは比較的早くから公私にわたり使っていたのですが、同時に紙のメモや手帳も手放したことがありません。やはり、いくらデジタルガジェットが高速起動になり長時間駆動になっても、取り出して即記入できる紙のメモのお手軽さ、確実性も捨てがたいものがあり双方に長所があります。

 そういったことがあり、この「ショットノート」というシリーズは「まさに待ってました!」というツボにハマった製品で、日々、タイプ違いを状況に応じて使い分けています。今回もノリノリでエンジョイしたのですが、ここでちょっと冷静になって厳しく見直してみようかと思います。

 まず、上部の書類ナンバー、日付の記入欄に記入した数値を取り込んだ際に自動的に設定するのですが、これがうまく認識されない場合があります。今回の場合、特に細いホワイトボードマーカーを使用した際に顕著でした。これは2重に書いて線を太くすることで回避できるのですが、会議中などに2度書きするのは手間ですから、ある程度、太字のホワイトボードマーカーの使用が望ましいでしょう。この点が分からずに使用していると、「うまく使えないな」ということになってしまいます。それから、当たり前といえば当たり前ですが、撮影するわけですから照明もムラなく当てたほうが取り込んだ画像が判別しやすくなります。

 次に、通常のメモやノート製品に比べて「ショットノート」シリーズはコストパフォーマンスが良くはないということがあります。これはアプリが無料で使用できることを考えると、必ずしも「コストパフォーマスが悪い」と断言できないのでが、B5サイズで70枚のツインリングタイプLLサイズが630円というのは個人的には高く感じてしまい、それよりは安い小さいサイズのものやルーズリーフタイプを使用しています。その点、ホワイトボードタイプは繰り返し使用できますから、初期投資が許容できればランニングコストという点では最善の選択だといえるでしょう。「ショットノート」シリーズは売れ行きも好調ということですから、今後の企業努力にも期待したいところです。

 筆者はなかなかに楽しめたガジェットでしたし、「書いて取り込んだら消す」というホワイトボードタイプの使用方法が「ショットノート」という製品シリーズにマッチしているとも思いました。この製品に興味を持った企業勤務の知人も、毎朝ミーティングのときホワイトボードに書いたものを各人がメモしているそうで、「これがあれば取り込んで即業務に入れていいなあ」とコメントしていました。メーカーの狙い通り企業向けとして、申し分ない製品になっているといえそうです。あとはスマートホンの普及率も高くなっている昨今ですし、半分ぐらいのサイズ、半分ぐらいのプライスのホワイトボードタイプが発売されれば、冷蔵庫の扉に貼ることができて一般家庭にもおすすめできると思いました。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評