ニュース
» 2012年03月23日 11時10分 公開

映画「リアル・スティール」もリアルだったが、日本のリアル「リアル・スティール」はもっとリアルだった!!戦うロボット(1/4 ページ)

2020年のアメリカでは、もはやボクサーとして闘うのは人間ではなく、高性能のロボットだった……という世界が描かれたのが映画「リアル・スティール」。2012年の日本には、そんな「リアル・スティール」の世界を体現するかのようなロボットが存在するんです。

[種子島健吉,ITmedia]

ATOMもすごいがキングカイザーもすごいロボだった!!

 「X-メン」のウルヴァリン役でお馴染みのヒュー・ジャックマン氏が主演し、「インディー・ジョーンズ」のスティーブン・スピルバーグ氏、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のロバート・ゼメキス氏が製作総指揮した映画「リアル・スティール」ですが、皆さんはご覧になりましたか? 筆者も久々に劇場に足を運びましたが、ロボットのリアルな動きのみならず、主人公と息子とのかけあい、乗り気でない主人公が「やってやろう!」と思うまでの脚本のもっていきかた、必然性の演出などなど、良質なファミリー向けエンタテインメントだなあと感心しきりでした。え? まだ観てないんですか!? でも、大丈夫です。2012年5月16日にBDとDVDが発売予定で、オンデマンドでも観ることができるようになりますから。それはさておき、日本にリアル「リアル・スティール」ともいうべきロボットが実在するのはご存じでしょうか?

画像 「リアル・スティール」ブルーレイ 3990円 2012年5月16日(水)発売 発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2012 DreamWorks II Distribution Co.,LLC

画像 ロボットが殴り合う! 大迫力!! なだけでなくスピルバーグ氏が「2人の未熟者がカムバックする心揺さぶるストーリーです。1人は40代、もう1人は11歳の未熟者。さらには本当の意味で『リアル・スティール』の隠された源泉でもあるATOM(アトム)という名の未熟者もカムバックするのです」と語っているように、元ボクサーの主人公をはじめ、登場人物たちの「再生」というテーマが根底にある


「リアル・スティール」の主役機ATOMは成人男性より身長が高く、重量が約500キログラムなのに対して、日本のリアル「リアル・スティール」ことキングカイザーは身長105センチメートル、重量10キログラム。しかし、スケールこそATOMにかなわないが、キングカイザーは実際に可動する!!

数々の海外ホームページで紹介、アメリカデビューも予定!!

 日本のリアル「リアル・スティール」ことキングカイザー。日本のアマチュアロボットシーンでは名を知らぬ者はないというぐらいの名機なのですが、実は海外でも注目されており、アメリカの雑誌「TIME」のホームページ版をはじめ、各メディアで多数取り上げられております。そして、なんと4月には「リアル・スティール」生誕の地アメリカ、サンフランシスコで行われるロボットのオリンピックともいうべき競技会ROBOGAMESでのお披露目も予定されているんです。

 「リアル・スティール」の監督、ショーン・レヴィ氏も「今はインターネットでロボット文化の多くを学ぶことができる。ロボット・ダンスやロボット・バトルといったコンテンツも見つけたよ。この映画のようなコンセプトでロボットを作成している人々が実際にいるんだ。そういったものを多く参考にした。おかげでこの映画の設定に不自然さや無理がなくなったよ」とコメントしていますから、YouTubeにアップされている数々のキングカイザーのパフォーマンス映像をレヴィ監督が目にした可能性も高いのではないでしょうか。

画像 左からキングカイザー制作者の丸氏、三男の飛夢馬(ひゅうま)君、メインパイロットで長男の健太(けんた)君、セカンドパイロットで次男の龍馬(りょうま)君。トロフィーの数々が歴代キングカイザーの輝かしい戦歴を物語る

コントロールシステムに、Xtion PRO LIVEを使用

 元々キングカイザーの制作者、丸直樹(まる なおき)氏は、映画「リアル・スティール」公開以前から、操縦者の動きをトレースしてコントロールするシステムを開発して使用していました。しかし、当初は操縦者の身体にマスタースーツと呼ぶコントローラを装着して、モーションをキャプチャすることで動作させていたそうで、トレースできる動きも上半身だけに限られていました。さらに、マスタースーツは操縦者の体格に合わせて製作されるため、万人向けとはいきません、2007年に「『ぷっ』すま」にテレビ出演した際は、草なぎ剛さん、ユースケ・サンタマリアさん、劇団ひとりさん、優香さんそれぞれの体格に合うように調整するのに非常に苦労したそうです。

画像 「第10回 ROBO-ONE」で、セコンドに入っている丸氏とキングカイザーを操る長男の健太君。マスタースーツで操縦できるのは上半身だけだったので、移動など下半身の動作は手に持ったコントローラで行っている。画像は、ロボット情報のホームページ(英語)Robots Dreamsより許可を得て転載

 それが昨今の技術の進歩により、カメラを使った画像解析によるモーションキャプチャデバイスが製品化されたことで、今回のリアル「リアル・スティール」システムが実現したそうです。見た目では分かりませんが、新しいシステムに移行したことで制御プログラムがまったく変わってしまい、ロボット制作よりもプログラミングに時間がかかっています。システムに使用しているのは、ASUSのXtion PRO LIVEで、MicrosoftのKinectと同じセンサーを使っている製品です。Kinectに比べると、2つのマイク、電動チルト機構、3軸加速度センサーが省かれているため小型で、外部電源が必要ないこともあってロボットに搭載しやすいのです。Xtion PRO LIVEの発売が2012年の1月ですから、新生モーションキャプチャー操縦システムは約1カ月で完成したことになります。

画像 「リアル・スティール」の劇中では、ヒュー・ジャックマン氏演じる元ボクサーの主人公がモーションキャプチャによってATOMを操縦するシーンが要所で効果的に使われている。ジャックマン氏は撮影にあたり、元世界チャンピオンのシュガー・レイ・レナード氏からボクシングだけでなくセコンドの心構えをも学んだ

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/26/news054.jpg YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  2. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  3. /nl/articles/2206/26/news037.jpg 捨てられていた茶トラの子猫を保護、5年がたち…… 美しく幸せいっぱいに成長したビフォーアフターに祝福の声
  4. /nl/articles/2206/25/news079.jpg 「違法薬物が隠れている段ボールはどれ?」 税関が出題したクイズが難問 「常人には分かんねえよ」「難しすぎ」
  5. /nl/articles/2206/26/news058.jpg 「急に目が痛くなりすぎて開かなくなって」 川崎希、“やばい”と感じ旅行先の沖縄で病院へ
  6. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  7. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  8. /nl/articles/2206/25/news064.jpg この画像の中に「ネズミ」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう
  9. /nl/articles/2206/24/news185.jpg 「Steamサマーセール2022」が到来 おすすめの激安PCゲーム紹介でTwitterが大にぎわい
  10. /nl/articles/2206/22/news102.jpg 留守番中の愛猫を見たら……おっさんみたいにくつろいでた 振り返る姿に「貫禄がw」「可愛すぎてしんどい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」