ニュース
» 2012年03月23日 11時10分 公開

戦うロボット:映画「リアル・スティール」もリアルだったが、日本のリアル「リアル・スティール」はもっとリアルだった!! (4/4)

[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

最後に息子さんたちにも話を聞いた

―― キングカイザーの操縦は息子さんたちの担当ということですが、操縦するときに何を考えているのでしょうか?

健太君(長男、高校1年生) まず大会だと、予選で相手のロボットの弱点や動き方を見ます。それをイメージして、お父さんや龍馬と練習してきた動作をちゃんとできるようにって考えています(丸氏から、「健太はクレバーな戦闘スタイルです」と解説が入る)。

龍馬君(次男、中学1年生) 僕は特に何も考えていないです。そのときの相手の動きを見て、スキがあったらとにかくガンガン攻めていきます!(丸氏から「龍馬は野性的というか本能で闘うスタイルですね」と解説が入る)

―― 「うちのお父さんはロボットを作ってくれない!」と友達に言われたらどうしますか?

健太君 大変かもしれないけど「お金を貯めて、お父さんにロボットのことを説明して足りない分は出してもらって、ロボットキットを買って一緒に組み立てられないかな?」って言ってみます。

 三男の飛夢馬君は4歳なのでインタビューが難しかったのですが、今月(3月)からキングカイザーの操縦訓練を開始したそうで、龍馬君と同じく防御なしでとにかく攻めていくファイティングスタイルだそうです。このあたり性格というよりは年齢が低いせいだと思われますが、三兄弟の中で一番運動神経が良いというだけあり、飲み込みの早さは目を見張るものがあるそうです。このままいけば、お兄さんたちのライバルになる日も近そうですが、長男の健太君は、すでに自律型ロボットのプログラミングに挑戦するなど新たなステップに踏み出しているそうで、将来的にはロボットキットを自分で組み立てプログラミングして、「勝てないと思うけど、お父さんのキングカイザーと闘ってみたいです」と語ってくれました。

関連キーワード

ロボット | ROBO-ONE | 家族 | 映画 | 格闘技


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン