「丸の内タニタ食堂」には、200万円オーバーの最高グレード業務用体組成計があるガジェット視点の体験記(1/3 ページ)

オープン以来、「大盛況!」「整理券配布!」「キレーな管理栄養士さん常駐!」といった話題ばかりが先行しがちの「丸の内タニタ食堂」だが、実は様々なタニタ製ガジェットが活躍している。

» 2012年04月27日 09時10分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 タニタ製品といえば以前、体組成計インナースキャン活動量計カロリズムなどを紹介してきた。その2つもなかなかにこだわりのある製品だったが、今回取材する「丸の内タニタ食堂」でも、タニタ製品が大活躍しているとのことで、興味津々で取材することにしてみた。

画像 場所は、東京都千代田区丸の内3-1-1 丸ノ内国際ビルヂング地下1階。有楽町駅寄り帝国劇場隣のビルだ。営業時間は、平日の午前11時から午後3時までで土、日、祝祭日は休み。現在、入店には当日午前8時30分から配布される整理券が必要となっている

各テーブルにスケールとタイマーを常備

 タニタの社員食堂がのコンセプトがベースになっているだけあって、食券を買ってセルフサービスで食事するシステムなのだが、テーブルにつくとデジタルクッキングスケールとデジタルタイマーがある。

 食事というのは、おかずで栄養バランスをとって、ご飯で調整するのが摂取カロリーを管理しやすいのだそうで、デジタルスケールは「ご飯を計量して食事の総カロリー摂取量を調整する」ためのもの。

 タイマーは1食、「20分以上時間をかけて食べる」ということを徹底してもらうためのものです。これはゆっくり食べることでちゃんと咀嚼して消化に良いようにということもあるが、食事してから満腹中枢が刺激されるまで一般的に20分かかると言われているそうで、食べ過ぎを防ぐとういう意味も。スケールは、4月に発売されたKD-195に随時置き換える予定だ。

画像 折りたたんで置かれているタニタ製デジタルスケールとデジタルタイマー。スケールはご飯を計量して摂取カロリーを知るためのもので、タイマーは食事をする時間を計測するためのもの。「丸の内タニタ食堂」では、1食20分以上を推奨している

 メニューは、タニタの社員食堂の人気メニューから厳選された「日替わり」と「丸の内タニタ食堂」の完全オリジナルでレシピ本にも掲載されていない「週替わり」の2種類。2種類しかないのは、もちろん手抜きやコストダウンのためではなく、選択できるメニューを絞り込むことで栄養の偏りをなくすための手段。

 「まんべんなく選んでいただければ、栄養バランスがより良くなります」と担当者が言うように、多くのメニューを用意したとしても、毎食同じメニューを選ばれてしまっては意味がない。例えば、毎昼カレー、毎昼麺類になりがちな人でも、「丸の内タニタ食堂」に来れば自動的にご飯と野菜たっぷりの定食を食べることになる。メニュー2種には、ほかの日は偏りのある昼食になっていても、週3日でもタニタ食堂に来てもらうことで食生活を改善したいという「丸の内タニタ食堂」スタッフの願いが込められている。

画像 左が800円の「日替わり定食」で、右が900円の「週替わり定食」。それぞれご飯と汁物、おかず2品は共通で、中央のメインディッシュが異なる。どちらにも毎食10種類の野菜が使用されており、500キロカロリー前後、塩分3グラム前後だ。歯ごたえがあるように、素材が大きめに切られているのも特徴

気になるお味と量は?

 さて気になるお味だが、特に味気ないとは感じなかった。もちろん牛丼つゆだくとか、こってり濃厚ラーメンに比べたら、あっさりした味だろう。それでも、「あっさり目の味付けだな」というよりも「油がくどくない」といった印象のほうが強かった。汁物が軽く酸味のある味付けだと、煮物はうっすら醤油味、菜物には爽やかな辛みがあるというように、味が濃くなくてもいわゆる三角食べをしたときにそれぞれの味が際立つような、飽きさせない工夫があるのもうれしい配慮だと思った。

 味覚というのは個人個人のものがあるので、「そう感じないからおかしい」ということはないと思うのだが、あまりに「濃い口」に慣れてしまって、そういった食品ばかり口にしていると、塩分や糖分、脂肪の過剰摂取に陥りかねない。ここはひとつ、この定食を自身の味覚チェックに利用してみるのもいいかもしれない。

 次に量だが、「日替わり定食」を完食し「週替わり定食」のメインディッシュの鶏肉を一口、野菜を一口試食したみたが、「日替わり定食」だけでお腹いっぱいになりボリューム不足は感じなかった。おかずが3品あるので、視覚的にボリュームが感じられる点も影響しているかもしれない。

 ただ、筆者は自他ともに認める小食なので、ここいらはあまりアテにならないかも。しかし、「マラソンと長距離の自転車走行が趣味です」ということでもない限り、オフィスワークがメインのビジネスマンやOLの皆さんはおそらく通常の成人が必要とされるカロリー摂取量で十分なはず。そうなると、この「丸の内タニタ食堂」のカロリー計算された定食が昼食としてちょうど良いカロリー摂取量です。これで足りないと感じるということは、普段食べている食事の量が果たして適正なのか? という疑惑が生じる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」