ニュース
» 2012年06月14日 18時42分 公開

「桃鉄」がボードゲームで復活 キングボンビーももちろん再現!ナニコレ

あの「桃鉄」がボードゲームに。サイコロやカードなどアナログな要素にこだわった。

[ITmedia]

 あの「桃太郎電鉄」が久々に復活する。しかも今度の新作は、「桃鉄」の原点に戻ったアナログボードゲームだ。

 タイトルは「桃太郎電鉄ボードゲーム『大どんでん返しの巻』」。「桃鉄」シリーズの生みの親であるさくまあきら氏が制作総指揮を務め、タカラトミーアーツが商品化した。開発現場では「マイファースト桃鉄」と呼ばれていたそう。

画像 桃太郎電鉄ボードゲーム「大どんでん返しの巻」

 鉄道会社の社長となり、サイコロを振って目的地を目指しながら日本全国を旅するという「桃鉄」のコンセプトはそのままに、サイコロやカードなどアナログな要素に徹底的にこだわり、ゲームソフトではない「新しい桃鉄」を完成させた。もちろん「キングボンビー」や「スリの銀次」などおなじみのキャラクターも登場。複数のサイコロを回すギミックや、金額の決定などのランダムイベントは新開発の「トレイン・ルーレット」で再現した。

 ボードの表面は「日本編」、裏面は「世界編」になっており、1枚のボードで2度おいしい仕様。プレイ人数は2〜6人となっており、家族や友達で集まって遊べば盛り上がりそうだ。

画像 カードの種類は100種類以上

画像 機関車型のコマ

画像 トレイン・ルーレット

 惜しまれつつもシリーズ終了となってしまった「桃鉄」が、まさかこんな形で、しかも原点とも言えるアナログボードゲームとして復活してくれるとは嬉しいかぎり。価格は3990円で、7月26日より全国の玩具売り場などで販売される予定だ。

(C)Konami Digital Entertainment (C)さくまあきら (C)土居孝幸

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる