ニュース
» 2012年06月18日 11時25分 公開

「超合金マジンガーZ 新製品発表会」に永井豪氏&水木一郎氏が登場!!東京おもちゃショー2012

6月14日に東京ビッグサイトで行われた「東京おもちゃショー2012」会場内、バンダイブースメインステージで「超合金マジンガーZ 新製品発表会」があった。ステージにはマンガ「マジンガーZ」原作者の永井豪氏、アニメ版主題歌を歌う水木一郎氏が登場し、トーク&熱唱で会場を盛り上げた。

[種子島健吉,ITmedia]

生誕40年周年にして世界で大人気の「マジンガーZ」

 以前紹介している「DX 超合金魂 マジンガーZ」の新商品発表会には、「マジンガーZ」の原作者であるマンガ家の永井豪氏と、アニメ版主題歌を歌う歌手の水木一郎氏がゲスト出演した。

 トークセッションでは、永井氏から「『マジンガーZ』を創ってから40年あまりもの月日が経ったというのにこんなに長く、多くの皆さんに愛されているのはうれしい。作者冥利に尽きる」という趣旨のコメントから裏付けられるように、いまだに日本のみならず世界中で愛され続けている。

 アニメコミックコンベンションにゲストに呼ばれてスペインに行ったとき、作者にも知らないうちに等身大マジンガーZがバルセロナに立っていることを知り、ぜひ実際に見てみたかったのだが、「無許可なんだから行っちゃダメです!」と関係者に止められてしまったという裏話も披露した。

画像 原作者の永井豪氏がステージに登場して、貴重なエピソードを披露。渋滞している車を見ていたとき、「ロボットも車のように運転すればいいんだ!」とひらめいたのが「マジンガーZ」誕生の瞬間だったという

水木一郎氏がステージで「マジンガーZ」を熱唱!

 真っ赤な革ジャン姿で登場した歌手の水木一郎氏は、いま自分にヨーロッパから中東まで、世界中から歌ってほしいとのオファーが来ているそうだ。「『マジンガーZ』は、いつまでも歌詞が古くさくなったりしない。不思議な、なかなか出会えない曲なんです。もし宇宙人がいたら、きっと宇宙人でも好きになりますよ」と、自分にとって「マジンガーZ」という楽曲が特別なものであることを強調していた。

 それに対して永井氏からは、水木氏が「マジンガーZ」の曲を歌ったことも「マジンガーZ」という作品が長く愛され、世界中に受け入れられた要因だという趣旨の言葉があった。

画像 アニメソングといったらこの人、水木一郎氏が登場し「マジンガーZ」の楽曲を披露した。永井氏から「年々、声が出るようになるのがスゴイですね!」と声がかかると、「不思議なことに、年を取るごとに声量が増すんです!」と応じていた

画像 「マジンガーZ」生誕40周年記念ということで、バンダイの代表取締役社長である上野和典氏(左)もかけつけた

画像 ブースの「マジンガーZ」コーナーでライトアップ展示された「DX 超合金魂 マジンガーZ」。格納庫は展示用ではなく、収納ケースにもなる付属品だ。12月発売予定、価格3万6750円、全高約30センチメートル。初回生産分には、永井氏による書き下ろしマンガも同梱される

画像 1974年発売の初代「超合金 マジンガーZ」をはじめとした、「マジンガーZ」歴代商品の展示もあった。過去の商品開発の際に、永井氏が「音声が出て目も光ったらいいのに」という趣旨のリクエトをしたら「子供たちが買えなくなるほど高くなります」と却下されてしまったという。「DX」ではとうとうその永井氏の夢が実現。名セリフが主人公役、石丸博也氏の声で出力され、目や胸部はLEDで発光する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる