ニュース
» 2012年12月28日 09時44分 公開

独断と偏見で選ぶ! 2012年、ゲーム業界今年の10大ニュース年末特別コラム(2/5 ページ)

[鴫原盛之,ITmedia]

3:日本マイクロソフトが「東京ゲームショウ」のブース出展を見合わせ

 9月20日(木)〜23(日)にかけて、毎年恒例の「東京ゲームショウ」が幕張メッセに行われました。不景気と言われて久しいこのご時世にありながら、4日間の合計入場者数は22万3753人と過去最高を更新したのは驚きですが、それ以上に筆者がびっくりしたのは毎年広い出展スペースを確保している常連中の常連、日本マイクロソフトが出展を見合わせたことでした。

 マイクロソフトといえば、言わずと知れたXbox 360の発売元。自社のハードおよびソフトのプロモーションのためにも、20万人以上の人が集まる場を利用しない手はないようにも思えるのですが、8月にドイツで行われた「gamescom 2012」でも出展を見送っていることから考えると、けっして日本でのビジネスにサジを投げたというわけではないでしょう。とはいえ、昨年のショウでは目玉商品であった「Kinect(キネクト)」を出展して来場者の人気を集め、新聞やテレビでも度々報道されていたのがまるでウソのようなお話です。

 ちなみに、「東京ゲームショウ」の来場者調査を見てみますと、Xbox 360を保有していると答えたのは全体の14.4パーセントで、トップのPSPの68.9パーセントとはかなり大きな差が開いています。また、最も多く使用するハードウェアがXbox 360と答えたのはわずか1.1パーセントで、購入希望のハードウェアだと答えたのは9.6パーセント(※2年前は23.4、昨年は10.3パーセント)という厳しいデータが出ています。この状況を払しょくするためにも、来年こそは堂々と(?)出展して来場者たちを楽しませるゲームの展示やイベントを実施し、ぜひとも日本市場で巻き返すぞという姿を見たいものです。筆者としては、特に海外製のゲームの面白さを来場者に伝える役割をこれからも担っていただきたいと願ってやみません。

画像 昨年の「東京ゲームショウ」より。Kinect効果で盛況だったブースがまさかなくなるとは……

4:アーケードゲーム市場大ピンチ!

 JAIA(日本アミューズメント産業協会)の「アミューズメント産業界の実態調査:報告書」によると、2011年度のアーケードゲーム市場の規模は6723億円。ピークだった2007年の8972億円以降は毎年右肩下がりで、当時から実に2000億円以上も縮小していることが明らかになりました。

 もっとも、2010年の市場規模は6690億円でしたから、前年比で見るとほぼ横ばいです。昨年はあの未曾有の大震災があったことを考えれば、2011年はまずまず健闘したようにも思えます。アミューズメント(アーケード)業界誌「アミューズメント・ジャーナル」の編集部にお尋ねしたところ、「今年は各オペレーター(※)とも不採算店舗の整理が落ち着いたこともあり、店舗売上の減少に関しては底を打った感がありますね」とのことでした。

 しかし、主なオペレーターが公表している今期の数字を見てみますと、既存店の売上高が前年割れを起こしているところがかなり目立ちます。つまり、大震災のあった年の前年比すら上回ることができない業界の現状は、まさに危機的な状況であると言っても過言ではないでしょう。

※筆者注 オぺーレーター:ゲームセンターを経営する業者のこと。

 市場規模が右肩下がりを続ける原因は、前述のオンラインおよびソーシャルゲーム市場に客を取られていることがまず考えられます。事実、筆者の友人で現役の某ゲームセンター店長も「携帯やソーシャルゲームに取られている実感はある。非常に厳しい」と証言してくれました。また、市場規模とともに店舗数も年々減り続けていることもあり、必然的に町でアーケードゲームに出会う機会も少なくなっています。基本プレイが無料のソーシャルゲームが当たり前に存在する昨今、お店に足を運んで100円玉を入れなければその面白さが分からないアーケードゲームは、昔とは比べものにならないほどハードルが高い娯楽になっているとも言えるのかもしれません。

 そして2014年4月からは消費税率が8パーセントに、2015年10月には10パーセントにアップすることが(残念ながら)決まりました。このまま旧来の内税方式で100円玉を徴収するコインオペレーション方式を続けていては、売上がどんどん目減りして経営をさらに圧迫するのが目に見えています。よって、1円単位でも価格設定が容易にできる電子マネーシステムの導入などの対策がそろそろ必要な気もします。しかし、「業界団体では、以前から電子マネーによる決済システムの導入の検討こそされていますが、本格的に実施されるのはまだまだ当分先でしょう」(アミューズメント・ジャーナル編集部)とのこと。近年ではシルバー世代の来店が増えたことを伝える新聞やテレビの報道を散見しますが、それでも業績回復の起爆剤とはまだまだなり得ていないのが現実なのです。

 とはいえ、「厳しいとは言いながらも、毎年約5000億円も売上のある娯楽産業はそうそうありません。そこは前向きにとらえてもいい部分です。」(同編集部)という力強いお言葉も聞かれました。時代に即したビジネスモデルを早急に確立して、今後も我々をワクワクさせてくれるアーケードゲームがたくさん遊べる環境を提供し続けていただきたいですね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」