ニュース
» 2013年03月29日 20時45分 公開

水島精二氏にアイドルについて聞いた! アイドルってなんぞ?アニメ「アイカツ!」スーパーバイザー(2/3 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]

水島氏から見たアイドルシーン

―― 水島さんは「アイドルにいちばん詳しいアニメ監督」という紹介をされることがあるそうですが、今のアイドルシーンをどう見てらっしゃいますか。

水島氏 いちばん詳しいわけじゃないと思いますが(笑)。先ほども言ったとおり、根が音楽好きで、とりあえずなんでも聴くのがモットーなので、アイドルの曲もいろいろ聴いてきました。「アイドル戦国時代」なんていわれている昨今ですが、本当にそうだと思います。

 今はグループアイドルが全盛で、たくさんのグループがあります。それこそ、AKB(AKB48)や、ももクロ(ももいろクロバーZ)のような国民的アイドルグループだけでなく、SUPER☆GiRLS(スーパーガールズ)や℃-ute(キュート)のような歌って踊れてかわいい王道アイドルから、地方色豊かなローカルアイドルまで。

 アイドルって厳密な資格があるわけじゃないから、言ったもん勝ちというところもあるし、本人がアイドルじゃないって思っていても、事務所の都合で「アイドルです!」という売り出し方になったりもする。

 例えば最近でいえば、樹海で撮影した全裸(っぽい)PVが話題になったBiS(ビス)のような存在もいます。年齢もそんなに若いとはいえないですし、そんな崖っぷち感が、彼女たちだけの味になっているんですね。そんな強烈な個性を持っていても「アイドルだ」といい張ればアイドル、みたいなところもあって本当に多様化していると思います。

 でんぱ組.incもかなりアイドルらしからぬグループですが、そのエッジ感ゆえにドラマに本人役でグループ自身として出演したりしていて、今すごくアツイです。

ももクロの全力さ、ハロプロのひたむきさ

水島氏 ももクロは一度ライブを観たとき圧倒されました。彼女たちのライブはすごくて25分ぐらい激しい歌と踊りのパフォーマンスをノンストップでやるんですよ。ハラハラして観ていたら、短いMCの後、またさらに25分をもう1セットという感じで。

 観ている僕らのほうが圧倒されて「口あんぐり」な状態でした。(ステージの)袖に入ったら「酸欠で倒れてるんじゃないの?」と思うぐらいの全力さなんですよ。そんなほかのグループにはマネできないパフォーマンスが、今の成功に繋がっているんだと思うんですが。

 僕は、AKBも、ももクロのステージも観るし、音楽も一通り聴きますが、それでもハロプロ(ハロー!プロジェクト)が好きですね。

 ハロプロは、地方の会場を数多く回るツアーを精力的にこなして作り上げてきたパフォーマンスのレベルが抜きんでているんです。総合力が高いんですね。モーニング娘。のブレイクで一時期はメジャー第一線でしたが、今は武道館がとか、ドームがというのじゃなく、地道に地方巡業し、力を付けています。そんなハロプロ系のひたむきさが、僕の心を打っているんですね。そういった地道な活動って、ファンの心に届くものなんです。

画像 劇中、ジャージでトレーニングというシーンが頻繁に挿入されている。実際のアイドルの地道な努力というスポ根要素も「アイカツ!」では描かれている

水島氏 それから、「卒業」というとAKBを連想するかもしれませんが、あれは何かきっかけがあっての「卒業」でしょう? さくら学院なんかは義務教育終了までという年齢制限があって、本当に中学校卒業とともにグループからも「卒業」するのが明らかになっているんです。最近のアイドルは劇場型というか、そういった成長を見守るような要素が強くなっていますね。

 AKBの握手券入りCDだとか、商魂たくましいとネガティブな方向でとらえられがちだと思うんですが、それ自体はアイドルでは当たり前のことで、買うことによってダイレクトに応援ができる。自分たちで支持したものが育っていくというのが、アイドルの醍醐味だともいえると思います。

 誰も支持しないアイドルは活動休止になったり、グループが解散したりして残らないわけですから、CDを買ったり、ライブに行ってグッズを買ったりする意味は明らかにあるわけで、そういったことを感じ取っているから、これだけのファンが地方にまで追いかけて行ったりするんだと思うんですよ。

 なかなか世の中、自分の支持したものがどうなっていくか、結果を見届けることができることも少ないと思いますし。いろいろな要素がせめぎ合うというのは、音楽業界にとってもよいことだと思うんですね。

現実と劇中に共通する「スポ根」の要素

―― そういった現実のアイドルの存在が、アニメ「アイカツ!」に与えている影響も多々あるということでしょうか?

水島氏 主人公だけでなく、ほかのサブキャラクターも含めて1人1人が魅力的なキャラクターということでは、現実のアイドルに即したものとなっていると思います。

 最初は3人の仲良しグループ、友人でありライバルでもある彼女たちからはじまって、だんだんと登場人物が増えていくのですがどのキャラも独自の魅力があるんです。

画像画像画像 左から、主人公の星宮いちご、主人公の親友で幼なじみの霧矢あおい、主人公たちのクラスメイトで姉ご肌の紫吹 蘭

 「アイカツ!」のメインターゲット層が7歳から9歳の女の子なので、物語のおもしろさやキャラクターのかわいらしさももちろんのこと、分かりやすさというのも重要なんですね。いきなり、5人とか8人とか出てきてしまったら、名前を覚えるのも大変だというのがあって。

 あとは、ももクロにも感じられると思うのですが、スポ根の要素ですよね。さすがに昔のように汗だく泥だらけではなく、明るいスポ根という感じですが、登場人物たちが努力してがんばったことで成長していくという要素があるんです。ランニングのときの「アイカツ! アイカツ!」というかけ声も、自然に制作の現場から生まれたんですよ。

 スポ根なんだけど、明るい物語でギャグ要素もあって、ちゃんとサポートして育ててくれる善良な大人の存在もある、木村監督の本領発揮といった内容になっていると思います。

画像 アイドル養成の名門校、スターライト学園の学園長 光石織姫。主人公たちを時に厳しく、時に優しく見守っている存在だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」