水島精二氏にアイドルについて聞いた! アイドルってなんぞ?アニメ「アイカツ!」スーパーバイザー(2/3 ページ)

» 2013年03月29日 20時45分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

水島氏から見たアイドルシーン

―― 水島さんは「アイドルにいちばん詳しいアニメ監督」という紹介をされることがあるそうですが、今のアイドルシーンをどう見てらっしゃいますか。

水島氏 いちばん詳しいわけじゃないと思いますが(笑)。先ほども言ったとおり、根が音楽好きで、とりあえずなんでも聴くのがモットーなので、アイドルの曲もいろいろ聴いてきました。「アイドル戦国時代」なんていわれている昨今ですが、本当にそうだと思います。

 今はグループアイドルが全盛で、たくさんのグループがあります。それこそ、AKB(AKB48)や、ももクロ(ももいろクロバーZ)のような国民的アイドルグループだけでなく、SUPER☆GiRLS(スーパーガールズ)や℃-ute(キュート)のような歌って踊れてかわいい王道アイドルから、地方色豊かなローカルアイドルまで。

 アイドルって厳密な資格があるわけじゃないから、言ったもん勝ちというところもあるし、本人がアイドルじゃないって思っていても、事務所の都合で「アイドルです!」という売り出し方になったりもする。

 例えば最近でいえば、樹海で撮影した全裸(っぽい)PVが話題になったBiS(ビス)のような存在もいます。年齢もそんなに若いとはいえないですし、そんな崖っぷち感が、彼女たちだけの味になっているんですね。そんな強烈な個性を持っていても「アイドルだ」といい張ればアイドル、みたいなところもあって本当に多様化していると思います。

 でんぱ組.incもかなりアイドルらしからぬグループですが、そのエッジ感ゆえにドラマに本人役でグループ自身として出演したりしていて、今すごくアツイです。

ももクロの全力さ、ハロプロのひたむきさ

水島氏 ももクロは一度ライブを観たとき圧倒されました。彼女たちのライブはすごくて25分ぐらい激しい歌と踊りのパフォーマンスをノンストップでやるんですよ。ハラハラして観ていたら、短いMCの後、またさらに25分をもう1セットという感じで。

 観ている僕らのほうが圧倒されて「口あんぐり」な状態でした。(ステージの)袖に入ったら「酸欠で倒れてるんじゃないの?」と思うぐらいの全力さなんですよ。そんなほかのグループにはマネできないパフォーマンスが、今の成功に繋がっているんだと思うんですが。

 僕は、AKBも、ももクロのステージも観るし、音楽も一通り聴きますが、それでもハロプロ(ハロー!プロジェクト)が好きですね。

 ハロプロは、地方の会場を数多く回るツアーを精力的にこなして作り上げてきたパフォーマンスのレベルが抜きんでているんです。総合力が高いんですね。モーニング娘。のブレイクで一時期はメジャー第一線でしたが、今は武道館がとか、ドームがというのじゃなく、地道に地方巡業し、力を付けています。そんなハロプロ系のひたむきさが、僕の心を打っているんですね。そういった地道な活動って、ファンの心に届くものなんです。

画像 劇中、ジャージでトレーニングというシーンが頻繁に挿入されている。実際のアイドルの地道な努力というスポ根要素も「アイカツ!」では描かれている

水島氏 それから、「卒業」というとAKBを連想するかもしれませんが、あれは何かきっかけがあっての「卒業」でしょう? さくら学院なんかは義務教育終了までという年齢制限があって、本当に中学校卒業とともにグループからも「卒業」するのが明らかになっているんです。最近のアイドルは劇場型というか、そういった成長を見守るような要素が強くなっていますね。

 AKBの握手券入りCDだとか、商魂たくましいとネガティブな方向でとらえられがちだと思うんですが、それ自体はアイドルでは当たり前のことで、買うことによってダイレクトに応援ができる。自分たちで支持したものが育っていくというのが、アイドルの醍醐味だともいえると思います。

 誰も支持しないアイドルは活動休止になったり、グループが解散したりして残らないわけですから、CDを買ったり、ライブに行ってグッズを買ったりする意味は明らかにあるわけで、そういったことを感じ取っているから、これだけのファンが地方にまで追いかけて行ったりするんだと思うんですよ。

 なかなか世の中、自分の支持したものがどうなっていくか、結果を見届けることができることも少ないと思いますし。いろいろな要素がせめぎ合うというのは、音楽業界にとってもよいことだと思うんですね。

現実と劇中に共通する「スポ根」の要素

―― そういった現実のアイドルの存在が、アニメ「アイカツ!」に与えている影響も多々あるということでしょうか?

水島氏 主人公だけでなく、ほかのサブキャラクターも含めて1人1人が魅力的なキャラクターということでは、現実のアイドルに即したものとなっていると思います。

 最初は3人の仲良しグループ、友人でありライバルでもある彼女たちからはじまって、だんだんと登場人物が増えていくのですがどのキャラも独自の魅力があるんです。

画像画像画像 左から、主人公の星宮いちご、主人公の親友で幼なじみの霧矢あおい、主人公たちのクラスメイトで姉ご肌の紫吹 蘭

 「アイカツ!」のメインターゲット層が7歳から9歳の女の子なので、物語のおもしろさやキャラクターのかわいらしさももちろんのこと、分かりやすさというのも重要なんですね。いきなり、5人とか8人とか出てきてしまったら、名前を覚えるのも大変だというのがあって。

 あとは、ももクロにも感じられると思うのですが、スポ根の要素ですよね。さすがに昔のように汗だく泥だらけではなく、明るいスポ根という感じですが、登場人物たちが努力してがんばったことで成長していくという要素があるんです。ランニングのときの「アイカツ! アイカツ!」というかけ声も、自然に制作の現場から生まれたんですよ。

 スポ根なんだけど、明るい物語でギャグ要素もあって、ちゃんとサポートして育ててくれる善良な大人の存在もある、木村監督の本領発揮といった内容になっていると思います。

画像 アイドル養成の名門校、スターライト学園の学園長 光石織姫。主人公たちを時に厳しく、時に優しく見守っている存在だ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」