水島精二氏にアイドルについて聞いた! アイドルってなんぞ?アニメ「アイカツ!」スーパーバイザー(3/3 ページ)

» 2013年03月29日 20時45分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

制作現場には厳しい存在も必要

水島氏 実は当初、シリーズ後半に、葛藤というかドロドロとした人間関係の要素も入れる予定だったんです。でも、数話放送された後、「そういうのは一切いらないじゃん!」と思いました。もし、自分が監督をしていたら、そこまで割り切れなかったと思うので、スーパーバイザーという立場で関わって、作品全体を俯瞰(ふかん)できたのがプラスに働いていると思います。

 あとは、主人公たちを見守る先生たちのごとく、要所で木村監督に「本当にそれでいいのか?」とプレッシャーをかけたりですね(笑)。やはり、よい作品を作るためには、厳しいことをいう存在は必要です。なぜそうすべきなのか、アドバイスする際は理由は伝えているつもりなので、木村監督には「理不尽ではない」と思ってもらえているとは思うのですが……。たぶん(笑)。

画像 主人公たちの担任教師であるジョニー別府。「ハニーたち」という独特なセリフまわしをするノリだけのキャラと見せかけて、振り付けもできるダンスの達人である

―― 確かに、誰かにやらせるのではなく、自分ががんばってみる、自分で努力してみるという登場人物たちの行動には、分かりやすい、すがすがしさがあります。子供と一緒に安心して観られますし。

水島氏 元々、ゲーム「アイカツ!」に、そういう要素が色濃くあるんですよ。レベルを上げてさえしまえばボタン1個で倒せるというのではなく、プレイヤーが練習することで、ゲームがうまくなってステージパフォーマンスできるようになる。衣装をカードでコーディネートするんですが、同じブランドの組み合わせだけでなくても、「グッドコーデ」になって高得点に結びついたり、プレイヤーがセンスを磨いて工夫できる余地、自分で考える余地もあるんです。

子供向けだからという妥協はない

水島氏 アニメ「アイカツ!」のステージシーンはゲーム「アイカツ!」のステージパートとシンクロしているのですが、毎回、アニメ用に別のCGスタッフが制作しているんです。

 スケジュールが厳しい中で制作がスタートしたので、時間的にできないことは受け入れるしかないのですが、心がけているのは、限られた条件の中でも「よりカッコイイもの」を提供するということです。

 最初から、時間もないし、子供向けだから「これでいいよ」という妥協でできたものって、結局「しょぼい」ものになってしまうんです。

 そんなものは子供たちの心に残らないだろうし、最初は珍しがってくれてもすぐに飽きられちゃう。だから無茶であっても表現のハードルを高めに設けて、そこを目指していく。そのうち、ノウハウが蓄積されて、最初はできなかったことがいつの間にかできていたりするもんなんですね。

 つまり、アニメの登場人物、演じている役者たちだけじゃなくて、我々「アイカツ!」制作チームも一丸となって「一緒にがんばって、成長しようじゃないか!」ということでやっているんです。

 それは音楽制作も同じことが言えて、コンセプトはアイドルの持つ多様性、その中でも、「エッジがきいた、心に残るもの」をというものなんです。子供って先入観がないから吸収力がすごくて、童謡めいたものじゃなくてもちゃんと聴けるんですね。誰でも子供の頃、お父さんやお母さん、お兄さんやお姉さんの聴いていた曲に影響を受けたこと、あると思うんです。

 大人になるとどうしてもジャンルにとらわれがちなので、当初、バンダイの担当者にも方向性がうまく伝わらなかったんです。そこでまずは、担当さんの考えるアイドルソングをいろいろ聴きながら探っていき、その後で、ジャズならジャズ、クラシックならクラシック、パンクならパンクのイメージする曲を聴いてもらって、さらに、その要素が含まれるアイドルの曲を聴いてもらい、方向性を確認する。それを繰り返して信頼を得ました。

 実作業は、まずゲームの演出とシチュエーションを教えてもらい、先方の参考曲を聴き、曲のイメージを固め、こちらの参考曲にメモを添えてゲーム側の担当者に確認。OKが出たら、そのメモと参考曲を元に作曲家さんに依頼するというフローでした。

 ファイルを送ってというやり取りももちろんしましたが、ダイレクトにお話しするためにレコーディングに立ち会い、直接コミュニケーションできるようにも心がけました。

幅広い音楽ファンに楽しんでもらいたい

 僕自身が、「今までのアニメにはないスゴイ曲が聴きたい!」と思ってやっていますし、作曲家さんのことが分かってくると、この人はクラシックのしっかりとした知識がベースにあるから「ここまで要求してみよう!」とお願いして、仕上がりが想像以上だったりすると「ここまでやってくれたのか!」と感激したりしています。

 いちばん「アイカツ!」を楽しんでいるのは「僕なんじゃないか?」と思う瞬間もありますね。とある作曲家さんには「水島さんがいうのはこういうのでしょ? でも、すごい大変だったんですよ!」といわれたりして(笑)。

 ただし、楽しんでいるのはもちろんですが、それだけじゃなく実務的なこと、作曲家さんであったり、ほかのスタッフの皆さんとの共同作業ですので、ちゃんと自分が目指すものを精度高く伝えて、相手の気持ちもくみつつ自分のイメージするものを構築するということが大事だと思っています。

 「アイカツ!」のステージに使用される楽曲には、アイドル的な音楽だけではなく、いろいろなジャンルの音楽の要素が幅広く含まれています。お子さんだけでなく、ご両親であるとか、普段はアニメを観ないような音楽好きの方にも、そういった要素に注目して楽しんでいただきたいですね。

―― 最後に水島さんが現在、注目している「推(お)し」のアイドルを教えてください。

水島氏 でんぱ組.incとBABYMETAL(ベビーメタル)ですね。でんぱ組.incは「アイカツ!」で歌を担当してもらっているSTAR☆ANISと同じ事務所なので、ある意味、彼女たちの先輩で目標のような存在かなあと(笑)。BABYMETALは、さくら学院の部活動ユニットという位置づけなんですが、こちらは名前の通りかわいらしさの中にもきちんとHEAVYMETALの要素があって、それが魅力なんですよ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」