連載
» 2015年04月20日 06時30分 公開

第25回 スマホ依存の生活をリバランスする「VELDT SERENDIPITY」が生まれた理由“ウェアラブル”の今(1/2 ページ)

Appleとは異なる選択肢として、またメイド・イン・ジャパンのスマートウォッチとして注目の「VELDT SERENDIPITY」はなぜ生まれたのか。VELDTのCEO、野々上仁氏に聞いた。

[松村太郎,ITmedia]
VELDT SERENDIPITY MODEL R Moon Ray VELDT SERENDIPITY MODEL R Moon Ray。特徴的な文字盤デザインは、VELDTの製品の魅力と言える

 VELDT(ヴェルト)は、メイド・イン・ジャパンにこだわった、スタイリッシュなスマートウォッチだ。

 2012年に事業を立ち上げた代表取締役CEOの野々上仁氏にインタビューしたのは雨の日。野々上氏が身につける、シンプルなアナログ時計と1行のLEDディスプレイを備えるスマートウォッチ「SERENDIPITY」は、青いLEDが文字盤を取り囲むように円を描いていた。

 野々上氏はそれを見て「今日は1日中、雨ですね」と言う。もし午後4時頃に雨が上がるなら、その青い弧は4時のところで途切れるという。スマートフォンの操作を何もせず、1日の天気を手首だけで知る。そんなさりげない、スマートウォッチは、VELDTの思想を反映しているようだった。

野々上仁氏 VELDTの野々上仁CEO。スマホ脱却というコンセプトと、日本のものづくりへのこだわりから生まれたブランド「VELDT」のスマートウォッチを身に付ける

Appleのオルタナティブを目指す

 野々上氏は、サン・マイクロシステムズでテクノロジー業界を経験した。シリコンバレーの素晴らしさ、コンピューターやインターネットの発展のスピードの早さを存分に経験してきた。

 その一方で、だからこその日本の競争力とは何か? あるいはテクノロジーが広く普及していく中で、どのようにして人間らしく生きるのか? というテーマについて考えるようになったという。

 そこで、テクノロジーやソフトウェアとものづくりの融合を志してVELDTを2012年に設立した。スマートフォンというプラットフォームの発展と、要素技術の成熟、そして人々の関心の高まりを予測した、絶好のタイミングで製品発売にこぎ着けることができた。

 野々上氏は、シリコンバレーに触れれば誰もが抱く憧れである「Appleのオルタナティブ」について触れた。

 「Apple Watchは、世界中の人々をスマートウォッチに気づかせるきっかけになるでしょう。しかしApple Watchはコンピューターのアプローチであり、それらしいプラットフォームです。自ら計算し、高い自由度を確保しています。そのかわりバッテリーの持続時間が厳しくなる。

 一方、時計的なアプローチでは、Bluetooth Low Energyとモーションセンサーを内蔵するだけで“スマートウォッチ”と呼べることになっていました。これだけでは、スポーツトラッキングができる活動量計と変わりません」

 野々上氏は、「デジタル製品の雰囲気が一切ない中で、デジタルの新しい機能性を作り上げる」という課題へのチャレンジに取り組むこととなった。

情報デザインからのスタート

 VELDT製品の文字盤には、アナログ時計とそれを取り囲むLEDランプ、そして1行のデジタルディスプレイが備わっている。その組み合わせを決めた事が、野々上氏のチャレンジに対する答えだった。

 すなわち、非常に時計らしいデザインの中で、「一目で何を伝えるか」を、円形に並ぶLEDと1行ディスプレイで表現する。そんな「ルール」を決めることだった。

 前述の通り、天気は1日の流れが一目で分かる。時計の文字盤の周りに配置されたLEDの色が天気を表し、いつ頃雨が降り出すのかを伝えてくれる。同じように、スケジュールが登録されている時間帯にランプが点灯し、どこが空き時間なのかも一目で分かる。また1行ディスプレイは、文字盤のLEDの情報表示をアシストし、またiPhoneに届く通知を手首だけで知ることができる。

VELDT SERENDIPITY 例えばスケジュールや天気は、LEDの表現で一目で分かる。円形のLEDで表現できることを今後も増やしていくという

 もちろん、活動量を測ることもでき、1日の目標への到達を円で表現したり、アプリ内でスケジュールと連動して、1日の予定の中で、どのように活動量が変化したのか、というデータを蓄積することもできる。

 非常にシンプルな表現方法ながら、しかし多彩な情報を「一目で」伝えることができる仕組みを実現しているのだ。このシンプルさは時計としての性能も向上させている。

VELDT SERENDIPITY 時計の設定はスマートフォンのアプリから行う。通知時のLEDの色の名前には、日本らしい名前が付けられている

 1度充電すれば1週間はバッテリーが持つのも特徴だ。500サイクルの充電に対応した品質の良いバッテリーを採用することで、単純な計算で5年、10年という単位で使い続けることができる。

 そぎ落とした情報デザインは、時計としての機能性を支え、またスマートフォンの画面から意識を離す、VELDTにとって非常に重要な役割を実現することになった。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」