連載
» 2015年04月20日 06時30分 公開

第25回 スマホ依存の生活をリバランスする「VELDT SERENDIPITY」が生まれた理由“ウェアラブル”の今(2/2 ページ)

[松村太郎,ITmedia]
前のページへ 1|2       

個性的なデザインとメイド・イン・ジャパン

 VELDTはファッションアイテムとしての楽しみ方にもこだわっている。時計は通常、円形や四角いケースが採用されているが、VELDTの各モデルは珍しい六角形を採用した。地球の在り方や、人々のつながりにとって意味のあるこの形を選び、直径は48ミリという存在感あるサイズを選んでいる。

VELDT SERENDIPITY MODEL R Ripplet VELDT SERENDIPITY MODEL R Ripplet。輝く文字盤には、女性のユーザーも増えつつある

 VELDTの特徴は、メイド・イン・ジャパンにこだわっている点も挙げられる。時計のムーブメントはもちろん日本製で、六角形から円形へと自然に変化するケースは、群馬県の時計職人によって日本国内で仕上げられている。海外生産では難しい緻密な加工は、その形以上に異彩を放つ存在だ。日本にこだわる点は、自然な選択肢だったかもしれない。

 「デジタルとアナログの融合というテーマを考えた際、日本は非常に恵まれた国だと考えています。高度なテクノロジーの集積や実装技術があり、同時に脈々と受け継がれている職人の技があふれているからです。これらを自然に融合させることで、世界にも競争力がある素晴らしい製品を作ることができるのです」

スマホ依存からの脱却を目指すライフスタイルの提案

 VELDTはオンラインでの販売とともに、東京の伊勢丹やバーニーズニューヨークでの店頭販売も行っている。意表を突く六角形のケースは、テクノロジーへの興味がさほど大きくない、しかしiPhoneを使っている顧客にも充分なアピール力があるという。

 時計だけ、テクノロジーだけではなく、ライフスタイルの中で提案できる環境を中心に、その価値に共感を誘いたいという野々上氏。その例を挙げると、VELDTの時計は、設定した3カ所に、時計のボタン1つでタクシーを呼ぶことができるサービスを、東京都内で実現している。より細かいライフスタイルへの融合を狙っている。

 テーマは「スマホ依存からの脱却」。テクノロジー的な解決だけに頼らない、しかしスマートさを実感する、そんなスマートウォッチとして、より顧客との接点を広げていきたいと、野々上氏は語る。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる