ニュース
» 2011年12月13日 11時17分 公開

「万感の思い」でニコ動5周年 新バージョンは原点回帰の「(ZERO)」

ニコニコ動画の5周年イベントが開催され、クリエイター奨励プログラムなど次期バージョンの一部が紹介された。小林社長、川上会長ら経営陣も集結。なぜか川上会長をキャラにしたジブリ制作のアニメ上映もあった。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 ニワンゴは12月12日、「ニコニコ動画」の5周年記念イベントを開催し、次期バージョン「ニコニコ動画(ZERO)」を来年4月29日から提供すると発表した。「ニコニ・コモンズ」は12月13日にリニューアルし、売上金の一部を投稿者に還元する「クリエイター奨励プログラム」を始めた。発表会にはドワンゴの小林宏社長、川上量生会長ら経営陣が集結。なぜか川上会長をキャラにしたスタジオジブリ制作のアニメ上映もあった。

投稿作品の人気度などに応じて奨励金を

画像 ニコニ・コモンズ

 βに始まり10回目のバージョンアップとなるニコニコ動画(ZERO)は、原点回帰の意味を込めて名付けた。半年かけて新しい機能やサービスを投入していき、ZEROの最終形は来年4月の「ニコニコ超会議」で公開する。来年1月と3月にも発表会を予定しており、5周年イベントに間に合わなかった機能などを発表する。

 12月13日には第1弾としてニコニ・コモンズをリニューアルした。ニコニ・コモンズの素材がほかの作品でどのように使われているか分かる「コモンズツリー」機能を「コンテンツツリー」という名前に変更。ニコ動やニコニコ静画のイラストを新たにツリーに表示するようにした。オリジナル曲が投稿され、その曲をイメージしたイラストを別の人が描き、それらを組み合わせたPVが作られたり、歌ってみる人が登場したり……と作品の数珠つなぎがニコ動ではよく起こるが、コンテンツツリーを使えばそれぞれの作品の親子関係が以前より分かりやすくなるというわけだ。自分の作品が親に設定されると通知が来る仕組みも備えている。

 投稿作品の人気度などに応じて奨励金を支払うクリエイター奨励プログラムも始めた。プレミアム会員の売り上げの一部(数億円とのこと)を原資とし、プログラムに登録された全作品で分け合う。人気度が高いほど額も多くなり、登録している作品が多いとそれぞれが受け取る額は少なくなる。受け取りはニコニコポイントか現金で。動画を3カ月間公開している、プレミアム会員である、コンテンツツリーに登録している、作品の2次利用を歓迎するといった条件を満たす必要がある。

ニコニコ御三家(ボカロ、アイマス、東方)を解体

画像 新カテゴリ追加によりランキングページはこんな感じに

 12月13日からニコ動では、5つの新カテゴリ「ニコニコインディーズ」「車載動画」「旅行」「ニコニコ手芸部」「作ってみた」を追加した。VOCALOID(ボカロ)、アイドルマスター、東方Projectというニコ動の3大ジャンルをまとめたカテゴリグループ「殿堂入り」は解体。それぞれ独立したカテゴリとして、グループ再編している。

 カテゴリごとのトップページもリニューアル。各カテゴリで人気タグが表示されるようになり、タグでの絞り込みが簡単になった。お気に入りタグの検索ショートカットを保存したり、タグに基づいておすすめ動画を表示したりする機能も加わっている。

ニコ生では与謝野馨さんとユーザーが「自作PC」などで対決!

画像 与謝野トライアスロンは必見か

 ニコニコ生放送では、12月13日からプレミアム会員向けに16対9に対応した動画プレイヤーが公開された。一般会員は12月22日から利用できる。ニコ生の検索機能は改善され、放送日時やタグで絞り込むことができるようになった。

 年末年始の番組ラインアップも発表した。地上波のテレビ放送がない格闘技イベント「元気ですか!!大晦日!!2011」はニコ生で見られる。衆議院議員の与謝野馨さんが「自作PC制作」「囲碁」「カメラ撮影」「クイズ」「1人百首」の5種目でユーザーと対決する「与謝野トライアスロン」は来年1月22日にニコファーレで実施。挑戦者を募集しているので、我こそはという人は参加してみては。

「万感の思い」と小林社長 ジブリ制作のアニメ「キュッキュの大冒険」上映も

画像 ひろゆき氏は5周年のこの日も遅れてきた

 5周年記念イベントには、ドワンゴの小林社長、川上会長、夏野剛取締役ら経営陣がそろった。小林社長は「万感の思いですがまだ5周年です。YouTubeに“タダ乗り”でスタートして4カ月しないうちに断ち切られ、(自前でやるため)いくらかかるか開発担当のヘッドに聞いたら18億かかりますと言われ、震えたのが昨日のことのようです」と感慨深げに話した。

 ニコ動の会員数は12月12日時点で2505万人、プレミアム会員数は147万人に上る。小林社長が「思い起こせば5年前ひそかにニコ動は始まりました。4期連続の赤字もありました。今はニコ動も会社も黒字になりました。ひとえに皆さんのおかげです」と呼びかけると、会場とネット越しに見守るユーザーから拍手が起こっていた。

 イベントが始まって1時間ほどたったころには、寝坊で遅れていたニワンゴの西村博之取締役が、足元はスリッパというラフな格好で登場。「モンハン出たじゃないですか。気づいたら別世界にいたんで。まあ原点ってこういう感じだよねってことで」と遅刻を言い訳すると、夏野取締役から「お前どういう立場か分かってんのか!」と厳しめ(?)に突っ込まれていた。

 スタジオジブリで給料ゼロにも関わらず週6で修行中の川上会長は、給料の代わりに作ってもらったというジブリ制作の短編アニメを上映した。「もののけ姫」の戦闘シーンなどを手掛けたアニメーター大塚伸治さんによるもので、その名も「キュッキュの大冒険」。川上会長っぽいキャラが鍵盤っぽい場所を行ったり来たりする30秒ほどの映像に、観客からは笑いが。川上会長は「キュッキュ会長」といじられ、少し焦っている様子だった。


画像 キュッキュの大冒険のオープニングがニコニコテレビちゃん
画像 “キュッキュ会長”が行ったり来たりする内容

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」