ニュース
» 2011年12月16日 14時13分 公開

海外サイトが「もっとも手強いゲームのボスTOP50」を発表。1位は倒せる気がしない……日々是遊戯

ボス戦と言えばゲームの華。海外サイト「COMPLEX」が、そんなボスの中でも特に印象的だった50体をランク付けして紹介しています。

[池谷勇人,ITmedia]

意外に日本のゲームが多い

 海外ニュースサイト「COMPLEX」が、「The 50 Hardest Video Game Bosses(もっとも手強いゲームのボスTOP50)」というランキングを発表しています。

 ランキングといっても、いわゆる「独断と偏見に基づく」もので順位の根拠はいまいち不明ですが、とは言え中には「あーアイツか!」というものも多数。そして1位には、日本のあのゲームがなんと堂々のランクインを果たしています。果たしてどんなランキングなのか、さっそく見てみましょう。

画像 元記事ではランキングに加えて、各ボスの簡単な倒し方も紹介されています

  1. ラーサ/虫姫さま ふたり
  2. The Witch King/The Lord of the Rings: The Third Age
  3. セフィロス/キングダムハーツ ファイナルミックス
  4. ゼウス/God of War II
  5. ダークサムス/メトロイドプライム3 コラプション
  6. エメラルドウェポン/ファイナルファンタジーVII インターナショナル
  7. アルマ/NINJA GAIDEN
  8. タブー/大乱闘スマッシュブラザーズX
  9. クリスタラー/スーパーマリオRPG
  10. Lou The Devil/ギターヒーロー3 レジェンド オブ ロック
  11. フォンテイン/Bioshock
  12. C'thun/World of Warcraft
  13. ギーグ/MOTHER2
  14. Malus(16体目)/ワンダと巨像
  15. マイク・タイソン/マイク・タイソン パンチアウト
  16. アビシオン/テイルズ オブ シンフォニア
  17. Major Radec/Killzone2
  18. Sinistar/Sinistar
  19. Baal/Diablo II
  20. リク(アンセム)/キングダムハーツ ファイナル ミックス
  21. The Haybot/Conker's Bad Fur Day
  22. スペードのA/マーセナリーズ
  23. ケスラー/インファマス
  24. The Nihilanth/Half-Life
  25. HAG1ごう/バンジョーとカズーイの大冒険2
  26. ゲラゲモーナ/マリオ&ルイージRPG
  27. キング・クルール/ドンキーコング64
  28. ウェルダー/バンジョーとカズーイの大冒険2
  29. 四天王/ポケットモンスター エメラルド
  30. ポルタ/スーパーマリオギャラクシー
  31. バイオリザード/ソニックアドベンチャー2
  32. オメガ/ファイナルファンタジーV
  33. カゲの女王/ペーパーマリオRPG
  34. ガブリエル/スターオーシャン セカンドストーリー
  35. イセリア・クイーン/スターオーシャン セカンドストーリー
  36. シャオ・カーン/モータルコンバット2
  37. ケフカ/ファイナルファンタジーVI
  38. Dr.ワイリー/ロックマン&フォルテ
  39. クッパ/マリオストーリー
  40. アルテマウェポン/ファイナルファンタジーVI
  41. ブラスカの究極召喚/ファイナルファンタジーX
  42. サイコマンティス/メタルギアソリッド ザ・ツインスネークス
  43. ガノン/ゼルダの伝説 風のタクト
  44. セブンフォース/ガンスターヒーローズ
  45. ラヴォス/クロノ・トリガー
  46. ヒトラー/ウルフェンシュタイン3D
  47. Uranus/Rez
  48. クッパ/スーパーマリオギャラクシー
  49. ヒドラ/God of War
  50. クッパ/スーパーマリオブラザーズ

 こうして見ると、意外に日本のゲームが目立っているのに驚かされます。というか、よく見ると「スターオーシャン セカンドストーリー」から2人もランクインしていたり、単にランキング作成者が日本のゲーム好きなのでは、という気も……。

 ともあれ1位に輝いたのは、ケイブのシューティングゲーム「虫姫さま ふたり」から、最終ボスの「ラーサ」でした。元サイトより、選評を意訳して紹介します。

「このゲームは“弾幕地獄”のまさに典型です。私たちにアドバイスできるのは、座禅を組み、学び、祈り、Zenの心を身に付けろということだけです。知識やセオリーに頼るのをやめ、瞑想と教法にのっとり自己開発に努め、そして、弾幕を避けるのです」

 ――と、もはや選評でもアドバイスでも何でもなく、「気合いで避けろ」レベルの精神論に終始してしまっていますが、それだけこのボスが強いということでしょう。参考までに、ニコニコ動画よりラーサ戦の動画を紹介しておきます。


 そのほか、上位を見ると「キングダムハーツ ファイナルミックス」のセフィロスや、「God of War II」のゼウス、「メトロイドプライム3」のダークサムスなどがランクイン。2位のThe Witch Kingは残念ながら「The Lord of the Rings: The Third Age」が日本未発売。一体どれほど強いのかちょっと気になります。

 多彩な攻撃と、圧倒的なパワーで立ちはだかるボスたちは、まさにゲームの最大の華。歴代の印象的なボスを振り返ることは、そのままゲームの進化を辿ることにもつながります。みなさんがこれまで遊んだ中では、どんなボスが印象的でしたか?

画像 1位に選ばれた「ラーサ」。ちなみに後に発売された「虫姫さま ふたり ブラックレーベル」では、さらなるパワーアップを果たし若返った「スピリチャルラーサ」として再登場

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」