ニュース
» 2012年01月26日 18時02分 公開

「ねとらぼ」だから「虎坊」に行きたい――編集長の無茶ぶりから始まった、謎と神秘の「虎坊」探訪記謎の感動(1/4 ページ)

それは例によって、編集長の無茶な一言から始まった。「九州に行くならさ、虎坊ってところに行ってきてよ」。ええと、行くのはいいけど、そもそも虎坊ってどこ?

[池谷勇人,ITmedia]

時代は今「虎坊」なのだ

 2011年の末、僕は佐賀にいた。どこかで見たような書き出しだが、深夜バス「ライオンズエクスプレス」で東京へ帰る、まさにその10時間ほど前、とにかく僕は佐賀にいたのである。

画像 具体的には、このへんにいました

 いったい佐賀に何の用があったのか? 取材と言えば取材なのだが、ええと、どこから説明したらいいものか……。単刀直入に言ってしまうと、佐賀県にある「虎坊(とらぼう)」という土地に用があったのである。

 そもそもの発端は、例によって加藤編集長の一言であった。

「そういえばさ、“虎坊”って知ってる?」

―― いや、お店か何かですか?

「佐賀県にね、あるんだよ、虎坊」

―― はあ。(なんかイヤな予感……)

「でさ、ほら、うちって『ねとらぼ』じゃない。一度行ってみたいと思ってたんだよね、虎坊」

―― あの、それってもしかして……。

「はい、じゃあコレ持って、行ってきてね!」

そして渡されたのがコレである。

画像 ね!

 出てきたのは、ねとらぼの「ね」の文字。

―― えーと、ひょっとして「ね」+「虎坊」で「ねとらぼう」とかやらせようと思ってますか?

「正解!」

 ……かくして僕は、「ね」の文字を持って、佐賀県にあるという「虎坊」を目指すことになったのであった。大丈夫かこのニュースサイト。

虎坊、意外にちっちゃかった

 さて、まずは下調べということで、地図で虎坊の場所を確認してみる。なにしろ僕も編集長から聞くまで「虎坊」なんて地名があることすら知らなかったのだ。Google先生に「佐賀 虎坊」で聞いてみると……出てきた出てきた。

画像 大きい地図で見ると、だいたい九州のここらへん

画像 「虎坊」、発見!

 どうやら目指す虎坊は、長崎本線の「牛津」駅から南へ2キロほど下ったところにあるらしい。福岡から牛津まではだいたい1時間ちょっとくらい。あくまで福岡取材のついでということなら、行くのはそんなに大変ではなさそうだ。

 ただ、場所は分かったものの、それ以上の情報はいくらネットを漁っても出てこなかった。というか、地図を見た時点で薄々気付いてはいたのだが――虎坊、ちっちゃくね!?

 住所を見ると、「佐賀県小城市芦刈町浜枝川虎坊」とある。えーと、僕はてっきり市町村レベルだと思ってたんですが、なんか虎坊、すっげえ後ろの方にあります。これ、ひょっとしてものすごく狭い地名なんじゃないだろうか。

画像 たぶん、このへん?

休日の牛津は静かだった

 結局、場所以外は何一つ分からないまま取材当日を迎えてしまった。まあ、最悪でもお巡りさんや地元の人に聞けばなんとかなるだろう――。そんな風に考えていた時期が私にもありました。

 結論から言うと、まあ、なんとかなったというか、そうでもなかったというか……。

画像 特急かもめ19号で一路、福岡から佐賀へ

画像 1時間後、無事に牛津駅に到着

 福岡を11時過ぎに出発し、牛津駅についたのはお昼を少し過ぎたころ。休日の昼間ということもあってか、駅前は閑散としており、周りに人の姿は見えない。いきなりタクシーで虎坊へ直行、という手もあったが、まずは地図の案内に従って、町役場方面へと歩いてみることにした。

画像 駅前にあった観光案内板。イラストを見るに、ナス、イチゴ、ブドウあたりが名産だろうか

画像 途中で見つけた交通安全人形。こ、怖い!

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む