ニュース
» 2012年03月12日 20時45分 公開

「飲みに行かなければ食費くらいは」――人はNAVERまとめの報奨金だけで生きられるのか!?

3月から新しく「まとめ報奨金制度」がスタートし、常連ユーザーへのインセンティブが大きくアップした「NAVERまとめ」。一体どれくらいの額がもらえるのか、実験している人がいた。

[池谷勇人,ITmedia]

 人はNAVERまとめの報奨金(インセンティブ)だけで生きていけるのか――。

 そんな疑問に答えを出すべく、自称・NAEVERまとまー(NAVERまとめを作成する人)のnarumiさんが実験中だ。毎晩、その日稼いだインセンティブ額をTwitter(@narumi)とNAVERまとめで報告しており、今のところ「飲みに行かなければ食費をまかなえるかも?」だそうだ。

画像 narumiさんのまとめ「“人はNAVERまとめの報奨金だけで生きていけるか”挑戦してみた」

1日あたりの平均インセンティブは2000円強

 実験は3月1日からはじまっており、初日は886円とまあまあの報酬。これならお昼代くらいにはなりそうだ。翌2日はちょっとアップして1167円、3日目はなんと大幅アップの4480円! 以下、初日から10日目までのインセンティブ額推移を簡単にまとめてみた。

1日目:886円

2日目:1167円

3日目:4480円

4日目:1680円

1日目:2830円

6日目:1050円

7日目:851円

8日目:1148円

9日目:1897円

10日目:4599円

 こうして見ると、851円から4599円まで、日によってけっこうムラがあることが分かる。前日にどんなまとめを作成したか、そのまとめが伸びたかどうかによってインセンティブ額は大きく変動するようだ。

画像 3月1日〜10日の支払い見込額推移。最高はなんと1日あたり4599円!

 10日経過時点での「収支報告」によると、10日間でのインセンティブ合計は2万588円、1日の平均インセンティブ額は2058円となった。ちなみにこの10日間で新しく作成したまとめは5本で、合計View数は約11万回だという。

 実験をはじめようと思ったきっかけは、3月からスタートした「まとめ報奨金制度」の「レギュラー枠」に選ばれたこと。「レギュラー枠」というのは、継続的にヒットまとめを作り続けているユーザーに、通常よりも高いレートでインセンティブを支払う仕組みのことで、通常1ポイント0.2円の単価が、レギュラー枠に選ばれると0.7円にアップする。narumiさんの場合、昨年8月からまとめを作成し続けていた実績があり、今から始める場合は通常の0.2円からスタートする点に注意が必要だ。

画像 3月から導入された「まとめ奨励金制度」。常連ほどポイント交換レートが高くなる仕組みだ

まとめだけでの生活も不可能ではない

 narumiさんの場合、まとめはあくまで趣味であり、インセンティブについては「外食代くらいでいいかな」というスタンス。このため週に2〜3本程度のまとめしか作成していないが、「がっつり」取り組めば、家賃・光熱費なども含めた生活費のすべてを、NAVERまとめだけでまかなうことも「不可能じゃないはずです」だそうだ。

 ちなみに1本あたりのまとめ作成にかかる時間はだいたい30分〜1時間ほどだそうで、時給に換算しても悪くない。もちろん「レギュラー枠」だからというのもあるが、短期間で高い実績を残すことで選ばれる「ルーキー枠(1ポイント0.4円)」というのもあり、まだまだ参入の余地はあるという。

「センス一発の勝負なので、大御所もアルファブロガーもない。多くの人に見てもらえる可能性を最初から備えているので、ブログに比べて参入障壁はすごく低いと思います」(narumiさん)

 今のペースで行けば、narumiさんの月刊インセンティブは約6万円強(予想)といったところだろうか。さすがにこれだけで生活するのはちょっと苦しそうだが、あくまで「実益も兼ねた趣味」だと考えれば充分すぎるほどだ。

 もしかすると将来、本当に「NAVERまとめ」だけで生活していける、真の「まとまー」が現れるかもしれない。余談だが現在、ゆるキャラの「大崎一番太郎」もなぜか「『NAVERまとめ』の報奨金で彦根に行けるか?」という企画に挑戦中だが、こちらはまだまだ目標額到達にはほど遠いようだ。

画像 大崎のマスコットキャラクター、大崎一番太郎。目標の20万円はまだまだ遠い……

関連キーワード

まとめ | NAVERまとめ | 挑戦 | 趣味 | ブロガー | Twitter


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響