ニュース
» 2012年04月02日 11時59分 公開

嵐の中でも大盛況! アニメコンテンツエクスポ会場リポート(1/2 ページ)

昨年震災で中止となったアニメコンテンツエキスポの第1回が3月31日〜4月1日に開催された。初日の悪天候にもかかわらず、展示ブースやステージは大きな賑わいを見せた。

[松岡洋,ITmedia]
ごった返す会場

 昨年、東京国際アニメフェアと同日開催される予定だったアニメコンテンツエキスポ。東日本大震災のためどちらも開催中止となり、今年が第1回の開催となりました。

 初日の3月31日は幕張メッセへ向かう京葉線が強風のため午前9時20分に運行停止となり、都内からの参加者は総武線の幕張本郷からバスで移動という波乱の幕開けに。

 初日の入場者数が2万780人。幕張メッセ3ホールのうち1ホールがステージに割り当てられ、実質2ホールに数万人がひしめき合っているため大混雑。会場は黒山の人だかりができ、出展ブースの写真を撮影するのも一苦労。かなり広いフードコートも設けられていましたが、絶えず満席状態でした。

プレスの控え室から。思わずムスカのセリフをつぶやきたくなる光景

 ステージからは、登場する声優陣への熱い声援が終始聞こえていました。ステージで特に人気だったのが2日目の「魔法少女まどか☆マギカ」で、1000人の観覧に申し込みが殺到したため抽選になったとのこと。

 フードコートと出展ブースを仕切るように、埼玉県鷲宮の「らき☆すた」神輿や「エウレカセブンAO」のニルバーシュ、「アクエリオンEVOL」、日産がデザインしたことで話題となった「輪廻のラグランジェ」などの模型が展示されています。

「らき☆すた」神輿
「エウレカセブンAO」のニルバーシュ
「アクエリオンEVOL」(左)と「輪廻のラグランジェ」
「アクエリオンEVOL」
「ペルソナ4」に登場する「クマ」
「STAR DRIVER輝きのタクト」のタウバーン(左)と「マケン姫っ!」の巨大OPPAIマット

 鷲宮神社に代表されるように、アニメの舞台となった場所にファンが訪れる「聖地巡礼」に地方自治体も力を入れるようになり、鳥取からは「まんが王国とっとり」がブースを構え、来場者の映像にAR(拡張現実)で鬼太郎のちゃんちゃんこや目玉おやじを重ねて表示していました。埼玉県の「秩父アニメツーリズム実行委員会」も「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の超平和バスターズの秘密基地を展示したり、かるたなどの関連商品を販売していました。

まんが王国とっとりのブース
秩父アニメツーリズム実行委員会のブース

 アニメの新作の展示も多く見られました。2日目の午前7時放映開始の「宇宙兄弟」のほか、6月公開の劇場版「BLOOD-C The Last Dark」、同じく6月公開予定の「図書館戦争 革命のつばさ」、秋公開の劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」など期待作が目白押しです。

「宇宙兄弟」
「BLOOD-C The Last Dark」(左)と「図書館戦争 革命のつばさ」
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」(左)、4月1日開局のスマートフォン向け放送局のNOTTVも出展し、目玉コンテンツの「偽物語」をプッシュ
角川グループでは缶コーヒーWONDAとのコラボ商品「涼宮ハルヒの立体」が人気
同じく角川グループ。ケロロ軍曹の痛単車を展示
富士見書房も痛車展示
「TIGER&BUNNY」のポップパネル前では、スタッフさんが記念写真を
メディアファクトリーブース
「ダ・カーポ」キャラと記念撮影
ブースのお姉さんたち
ブースのお姉さんたち
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」