ニュース
» 2012年04月25日 21時57分 公開

キミは幻の「船橋ソースラーメン」を知っているか?第4の調味料

船橋市に伝わる「幻のご当地ラーメン」があるらしい。ラーメンにソースって……本気ですか?

[池谷勇人,ITmedia]

 船橋市のラーメン店を中心に「幻のご当地ラーメン」を復活させよう、という動きが起こっている。

 その名も「船橋ソースラーメンプロジェクト」。船橋市民でさえも知る人が少ないという「船橋ソースラーメン」を期間限定で提供し、地域独特のラーメン文化として盛り上げていこうという試みだ。

画像

 「船橋ソースラーメン」というのは、文字通り醤油や味噌の代わりに「ソース」を調味料に使ったラーメン。戦後、船橋駅近くに創業した「花蝶」(現在は閉店)という店が発祥で、現在も数件のラーメン店がこのメニューを受け継いで提供しているそうだ。

 今回のプロジェクトは、フードジャーナリストの山路力也さんの呼びかけではじまったもの。スタート段階では6店が企画に参加し、まずは4月20日から5月31日までの期間限定で、それぞれの持ち味を生かした「船橋ソースラーメン(つけ麺)」を提供する。ソース味のスープで、ラーメンもしくはつけ麺の形になっていればあとは自由。各店それぞれに工夫をこらした「船橋ソースラーメン」が楽しめる。

「ご当地グルメで町おこしにつなげようとか、そういう狙いはまったくないんです。そもそもそういう食べ物が“ある”っていうことがまず面白いし、それをもっと多くの人に知ってもらいたかった。ソースラーメンって言うといかにもキワモノっぽいですけど、お好み焼きやたこ焼きを見れば分かるように、小麦粉とソースって基本的に合うんですよ」(山路さん)

画像 今回のプロジェクトを企画した、フードジャーナリストの山路力也さん

 気になったので筆者も食べに行ってみた。訪れたのは、京成船橋駅の近くにある「三代目らーめん処まるは極」。

 ここの特徴は、スープにとろみがついていること。麺の上には炒めたもやしやキャベツがもりっと盛られていて、上には青のりがたっぷりと振りかけてある。

 おそるおそるスープを口へ運ぶ。とろみのあるスープはふんわりと甘く、ソースらしいツンとした酸味はほとんど感じられない。甘くて、しょっぱくて、ちょっとだけ酸っぱい。醤油でも、味噌でも、塩でもない、今までに味わったことのない「第4の調味料」の味だ。だけど、あれ なんだこれ……うまいぞ!?

画像

画像 湯気とともにほんのり甘酸っぱい香りがただよう。口に入れるまではドキドキだったが……

 麺はもちっとした中太麺で、とろみのあるスープがほどよく絡む。もっと焼きそばっぽい味を想像していたが、食べてみるとぜんぜん違う。じゃあどんな味かと聞かれると困ってしまうのだが、強いて言うならば「ソースラーメンの味」だ。醤油ラーメンの味を他の調味料にたとえられないように、ソースラーメンの味はソースラーメンとしか言いようがない。ただひとつ言えるのは、「これ、イケる」!

「みんなゲテモノだと思ってるから、最初のハードルが低いんですよ(笑)。みんな一口食べると『おいしい!』ってビックリしてくれます」(山路さん)

 ――なるほど、そんなものかもしれない。でも、想像していたような「変わり種」ではまったくなく、これは「定番」になり得る味だ。店主の橋本友則さんによると、お客さんの反応も上々で、2日連続で注文する人もいたという。

画像 「三代目らーめん処まるは極」の店主、橋本友則さん

 まずは期間を限定しての提供となるが、今後はプロジェクト参加店をさらに募り、各店でレギュラーメニューとして出せるようにしていきたいとのこと。参加店や詳細などについてはFacebookページの「船橋ソースラーメンプロジェクト」にて随時公開中。船橋を訪れた際には、ぜひ一度この味を体験してみてほしい。

 なお、せっかくなので「三代目らーめん処まるは極」の後、もう1店「麺屋あらき竈の番人」にも足を運んでみた。こちらは「まるは極」とはまた違った味で、これまたうまい……! ソースラーメン、ちょっとクセになりそうだ……。

三代目らーめん処まるは極

 「船橋ソースラーメン(800円)」を注文。本文でも触れたが、とろみのある甘口のスープが特徴。独自の白湯スープとソースのコクが合わさって、ほんのりポタージュスープのような後味。スタートは青のりと炒め野菜のおかげでちょっと焼きそば風。さらに小皿で出された魚粉とエビ粉を入れると急激にお好み焼きっぽくなる。「ソース味だけだと途中で飽きてしまうと思ったので。焼きそば→お好み焼きと変化する味を楽しんでください」と橋本さん。でも、入れなくても全然おいしかった!

画像画像

麺屋あらき竈の番人

 こちらは魚介風味の醤油豚骨がウリのお店。提供されている「船橋ソースラーメン(780円)」は、醤油ラーメンの“かえし”を半分ソースに変えただけのシンプルなものだが、魚介のスープにソースの風味が意外なほど合う。「ソースにはもともと野菜のうまみが濃縮されているから、ラーメンのスープとは相性がいいんです」と山路さん。醤油ラーメンにはない山盛り野菜のトッピングも嬉しい。「まるは極」もそうだったが、ソースラーメンは野菜との相性もいいようだ。

画像画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響