ニュース
» 2012年07月14日 11時54分 公開

「ドラゴンボールZ」映画新作、2013年公開決定 18年ぶりスクリーン復活

ベジータは今度こそヘタレ王子の面目を躍如できるのか。

[ITmedia]

 我らがヘタレ王子、ベジータが久々にスクリーンに帰ってくる。謎に包まれていた週刊少年ジャンプのカウントダウンサイトだが、意味深な「D」の正体は「ドラゴンボールZ」のDだった。もちろん悟空や悟飯たちも帰ってくるぞ。

画像

 映画は2013年3月30日公開予定。劇場版「ドラゴンボールZ」は1995年公開の「龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる」が最後の作品となっており、実に18年ぶりのスクリーン復活となる。

 併せて映画版の公式サイトもオープンした。監督は「ドラゴンボール改」などにも参加していた細田雅弘氏、作画監督は劇場版「ドラゴンボールZ」シリーズを歴任してきた山室直儀氏が務める。脚本は実写映画「20世紀少年」シリーズや、テレビドラマ「未来日記-ANOTHER:WORLD-」などの渡辺雄介氏となっている。

 公式サイトには悟空、悟飯、クリリン、ピッコロ、ベジータ、悟天、トランクスら主要キャラクターのイラストも。悟飯やクリリンの髪型などを見るかぎり、時系列としては原作の魔人ブウ編の前後となるようだ。さらに詳しくは7月14発売の週刊少年ジャンプ33号にて発表とのこと。

画像

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013ドラゴンボールZ」製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」