ニュース
» 2012年12月07日 19時32分 公開

なぜいま「緊縛」がキてるのか? 「縛られたい私」の気持ちを体験してきた

「自縄自縛の私」「ナナとカオル」……緊縛文化の魅力って?

[黒木 貴啓,ITmedia]

 みなさん、縄で縛られたことはありますか?

 筆者は先日、生まれて初めて縄で縛られる体験をしました。内容はM字開脚のまま全身をイスに縛り付けられるという、なかなかハードなもの! デザインフェスタの「きまぐれ緊縛体験」ブース取材中、経験豊富な縛り子さんの手を借りてのできごとです。

画像 これが……お縛りなのか!!

なぜいま緊縛なのか

 縄で体をきつく縛る“緊縛文化”を題材にした作品が、ここ最近さまざまな形で登場しています。

 例えば映画「自縄自縛の私」が来年2月公開されます。「女による女のためのR-18文学賞」の大賞を受賞した、同タイトルの小説を映画化。人に隠れて自縛に興じるヒロインの心境を描いた作品です。ほかにもSMマンガ「ナナとカオル」の劇場版2作目が今年に公開。かわいいマスコットを亀甲縛りにした「緊縛ストラップ」なんてものも、デザインフェスタにはありました。

画像画像 竹中直人監督「自縄自縛の私」(左)と、映画公式サイトより)甘詰留太「ナナとカオル」(右)

画像 デザインフェスタにあった「緊縛ストラップ」

 でも分からないのが、「どうして体を縛るの?」ということです。「自分を縛ることで自分を解き放つ」――「自縄自縛の私」の公式サイトにはあります。体を縄で縛って“自己解放”とは一体どういうことなのでしょうか。

はじめての緊縛体験

 イスへの縛りつけが完了したとき、M字開脚の筆者は焦りを感じていました。両腕を後ろに組んで、股を大きく開いたまま、本当に身動きが取れない。動かせるのは、首から上、手首から先、膝から下くらい。ここまで自由が利かなくなるなんて……。

画像 「東京棲んでるガールズ」リーダー・ハララビハビコさん(@kone_kone_okome)の素晴らしい手つき

画像 「体固いね、痛かったら言ってね」とハビコさんは優しい声をかけてくれます……SMにハマってしまう人の気持ちが分かったような

画像 バーン! 完成! 体が固すぎてM字に見えないM字開脚

 驚いたのは一瞬で、すぐさま恥ずかしさに襲われます。

 縛られている場所は、「きまぐれ緊縛体験」のちょっとしたお立ち台。デザインフェスタの来場者が30人ほど立ち寄って筆者の姿を見ていきます。中には制服を着た女子高生も……これは恥ずかしい。数少ない可動部である首を使って、必死にうつむきます。

「みなさん、普段お仕事をがんばっておられるでしょうこのお方の、情けない姿をみてください!」

 ぎゃー!! できる限り恥ずかしさから逃れたい筆者に、観客の視線を浴びさせる厄介なMCが。ブースの主催である、「東京棲んでるガールズ」メンバー、しんろくさん(@scene6)です。

「そこの女子高生、この大人のだらしない姿をみていかがですか!?」

 ちょ、ホント勘弁してくれ、その子に一番見られたくないんだ。

「あなたも顔をあげて、女子高生の目をみるんです!(と言ってグイッと筆者のアゴをあげる)」

 ひいいいいいい。黒髪の文化系っぽい女子高生が、メガネ越しに自分を見ているー!

画像 筆者のアゴをあげるMC・しんろくさんと、笑うギャラリー。見世物小屋のような雰囲気

 一方、悲惨に思いながらも、会場に笑いを生みだすMCに救われているところも。巧みな話術のおかげで、ハードな状況もピエロになった気分で乗り切ることができました。

 そんな中、欠かすことができないしんろくさんのMCに、気になる一言が。

 「育ててきた息子がこのような姿になっているなんて知ったら、ご家族の方はどう思われるでしょうか!?」

画像 筆者の心象風景

 父さん、母さん――。実家の鹿児島から食べ物やお金の仕送りをして、都会に暮らす自分を支えてくれました。今、息子は東京ビッグサイトにて、赤い縄で縛られています。M字開脚です。

画像 M字開脚なう

 も、申し訳ねえ……。

 縛られる=恥ずかしい、という一般的な認識を、かろうじて筆者も持ち合わせていたようです。ブースにはいない家族や友人といった、心の内に描く、がっかりさせたくない人への背徳感。人に隠れて緊縛行為に興じる人たちの心境に、相通ずるものなのではないでしょうか。

緊縛は一種の破壊セラピー?

 しかし反面、やってやったぜ! というすっきり感もあったのです。

 してはいけないと思い込んでいることを、大胆に行うと気持ちいいもの。お皿を割ってストレスを発散させるお店「皿割りカフェバー」なんてものが話題になったくらいです。物を壊してストレスを解消する「破壊セラピー」は、海外ではれっきとした心理療法だそうです。

 「自分のダメなところも認めてほしいという欲求は、失敗の許されない人間ほど持っていても不自然ではないです」としんろくさん。

画像 綾小路きみまろばりのMCでブースを沸かせたしんろくさん

 「『きまぐれ緊縛体験』は、ギャラリーは多いけれど確率的に再会する人はほぼいない。社会的ダメージはほぼゼロという、見た目のわりにクリーンな行為です。たぶんこれでギャラリーが家族や親族だったら、ごめんなさいや背徳感では済まなかったはず。安全に危険な思いを体験する、そういうツールとして緊縛は存在しているようです」(しんろくさん)

 筆者へのまなざしが珍獣を見るかのようだった女子高生と、また出会う可能性は極めて低い。人にはないしょで緊縛したときと、ほとんど同様の後ろめたさと解放感を味わっていたのです。

 「自縄自縛の私」の“自分を縛ることで自分を解き放つ”とは。見られたくない相手に隠れた安全なところで、後ろめたくなる行為をしてストレスを解消させることでした。

 一見共感しにくい緊縛文化も、抑圧的な社会でストレスをかかえて暮らす人にとっては、大きくうなずける要素を持っていたのです。あらゆる作品に登場するのも、緊縛が人々の心に響くテーマであるからといえるでしょう。

 縛られた筆者の写真をみて電話をかけてくるであろう両親も、きっと許してくれるに違いない……はず。

画像 最後は「きまぐれ緊縛体験」で縛られていた女の子のサービスカット!

関連キーワード

デザイン | 東京ビッグサイト


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」