ニュース
» 2012年12月07日 22時26分 公開

ペニーオークション詐欺で初の逮捕者 「格安で落札できるよ!」→できませんでした

「サクラ」botを仕込むことで、利用者が絶対に落札できない仕組みを作っていた疑い。

[ITmedia]

 京都府警は12月7日、いわゆる「ペニーオークション」サイトを運営していた男ら4人を詐欺罪の容疑で逮捕した。「格安で落札できる」などとうたいながら、絶対に落札できないようなシステムを組み込み、利用者から手数料をだまし取っていた疑い。ペニーオークションをめぐっての逮捕は全国初。

 ペニーオークションは通常のオークションサイトと異なり、入札するごとに数十円〜100円ほどの手数料がかかる点が特徴。そのかわり高額な商品が格安で出品されており、運が良ければ破格の値段で落札できる――というのが売りとなっていた。

画像 あるペニーオークションサイトの「終了オークション」の様子。高級腕時計がわずか17円、30万円分の旅行ギフト券が142円で落札されている

 しかし、ネット上では以前から「詐欺ではないか」と危険視する声も相次いでいた。通常のオークションでは、落札できなければお金を払う必要もないが、ペニーオークションの場合、落札できなければそれまでに払った手数料がすべて水の泡になってしまう。「途中でやめたら……」という心情から、引き際を見極められず必要以上にヒートアップしてしまいやすい。オークションが長引けば手数料だけで数万円、数十万円に達するケースもある。

 しかも、画面の向こうでは誰が入札しているのか分からないから、運営側が「サクラ」を仕込んで、手数料と入札額をつり上げているのではないか、という指摘もあった。運営側が落札した場合、払ったお金は自分に戻ってくるのだから、理論上、落札額は無限に釣り上げることが可能だ。

画像 ペニーオークション詐欺に騙されるな!」と危険性を指摘するサイトも

 今回のケースでは、運営側は自動で入札するbotを組み込み、入札者の落札を妨害していた疑い。入札者は「あと少しで落札できるかも」と思って入札するが、あと少しになるとbotが入札し、値段をつり上げる。ずるずると手数料だけが取られ、商品は絶対に落札できない仕組みだ。まさに、これまで指摘されていた「サクラ」疑惑が立証された形となる。

 今回摘発されたサイトはすでに閉鎖しているもよう。もちろんすべてのペニーオークションサイトがこうした詐欺を行っているという確証はないが、その構造上、きわめてリスクの大きいオークションであることは間違いない。「40万円のテレビがたった2000円で落札できた!」といったうたい文句を見ても、うっかり騙されないようご注意を。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  2. /nl/articles/2110/15/news016.jpg 棚の上で転がる猫、次の瞬間→飼い主「ウワァァァ!!!(驚)」 飼い主の顔面に落下した猫ちゃんの映像が衝撃的
  3. /nl/articles/2110/14/news129.jpg 福原愛の元夫・江宏傑、4歳娘のバースデーショット公開「ずっと大好きだよ」 日台からお祝いコメントが殺到
  4. /nl/articles/2110/15/news030.jpg 学ラン男が実は美少女で結婚を約束した幼なじみで妹で余命半年だった! “あるある”を詰め込みすぎたラブコメ漫画が情報量だけで笑う
  5. /nl/articles/2110/14/news111.jpg 国鉄コンテナに「住める」だとぉぉ! JR東日本が鉄道コンテナ型ハウス、マジで発売 1台297万円から
  6. /nl/articles/2110/14/news017.jpg 猫「おう、帰ったか。で、メシは?」 帰宅難民となった飼い主を迎える猫のデカイ態度に思わず笑ってしまう
  7. /nl/articles/2110/15/news142.jpg 市川海老蔵、長女・麗禾のテレビ出演を見届ける 「もう、なんか涙」と愛娘の晴れ姿にうるうる
  8. /nl/articles/2110/15/news087.jpg 「日本で一番歌が上手い愛理ヲタ」 鈴木雅之、グッズフル装備で鈴木愛理のライブに参戦する姿がめっちゃ楽しそう
  9. /nl/articles/2110/14/news012.jpg 殺処分待ちだった子犬と家族に、はじめは不安げな表情だったが…… 少しずつ笑顔を見せる元保護犬の漫画に共感集まる
  10. /nl/articles/2110/14/news068.jpg お父さんとお母さんの帰宅に喜びあふれる柴犬 かわいすぎるお出迎えに「笑顔になる」「しっぽ取れちゃいそう」

先週の総合アクセスTOP10