ニュース
» 2012年12月11日 10時53分 公開

現実と虚構の区別をつかなくする代替現実システム

ヘッドマントディスプレイを使って、過去の映像が目の前で起きている現実だと錯覚させる。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 理化学研究所脳科学総合研究センターでは現実と虚構の区別をつかなくしてしまう装置である代替現実(SR)システムを開発しています。

 体験者はヘッドマントディスプレイ(HMD)を装着し、HMD内に映し出された映像を見ています。HMD内の映像はリアルタイムの現実です。更に被験者がいる場所であらかじめ撮影された過去の映像を映し出し切り替えることで、過去の映像が目の前で起きている現実だと錯覚させるシステムです。

ポイントは、あらかじめ撮影した映像である世界なのですが、その映像を見てる時も、上を向いたら上が見えるし、下を向けば下がみえるように、ライブと同じように好きな方向を見ることができます。ライブのカメラがついているところを通しての体験と、過去の世界、あるいは記憶している世界での体験が出画して一緒に揃えることで自由に行き来させることができるというコンセプトです。

 今までは映像を使用したプレゼンなど、どこかで撮影した映像を他の場所で体験するという技術や発想はありました。この代替現実システムは同じ場所の時間軸で体験させるという発想のもとに開発されています。

ヘッドマントディスプレイが普及すれば、これを使ってこそのコマーシャルなどがでてくるかもしれません。ただ、アプリケーションという意味では、すでに夏にパフォーマンスグループと一緒にSR(代替現実)を使ったパフォーマンスを行ったり、先月は東京ゲームショウでこれをソニーが使ってイベント展示をしていました。今後どれだけの人が実際に興味を持って絡んでくれるかが普及のポイントです。

 今後、センターではこのシステムをドライブシミュレーターなどに活用し、ユーザーに本当に運転しているように錯覚させることで、今までのモニターを見て行うシミュレーションとはひと味違う体験をしてもらうことが可能になります。

Copyright(c) Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン