ニュース
» 2012年12月11日 10時53分 公開

現実と虚構の区別をつかなくする代替現実システム

ヘッドマントディスプレイを使って、過去の映像が目の前で起きている現実だと錯覚させる。

[DIGINFO TV]
DIGINFO TV

 理化学研究所脳科学総合研究センターでは現実と虚構の区別をつかなくしてしまう装置である代替現実(SR)システムを開発しています。

 体験者はヘッドマントディスプレイ(HMD)を装着し、HMD内に映し出された映像を見ています。HMD内の映像はリアルタイムの現実です。更に被験者がいる場所であらかじめ撮影された過去の映像を映し出し切り替えることで、過去の映像が目の前で起きている現実だと錯覚させるシステムです。

ポイントは、あらかじめ撮影した映像である世界なのですが、その映像を見てる時も、上を向いたら上が見えるし、下を向けば下がみえるように、ライブと同じように好きな方向を見ることができます。ライブのカメラがついているところを通しての体験と、過去の世界、あるいは記憶している世界での体験が出画して一緒に揃えることで自由に行き来させることができるというコンセプトです。

 今までは映像を使用したプレゼンなど、どこかで撮影した映像を他の場所で体験するという技術や発想はありました。この代替現実システムは同じ場所の時間軸で体験させるという発想のもとに開発されています。

ヘッドマントディスプレイが普及すれば、これを使ってこそのコマーシャルなどがでてくるかもしれません。ただ、アプリケーションという意味では、すでに夏にパフォーマンスグループと一緒にSR(代替現実)を使ったパフォーマンスを行ったり、先月は東京ゲームショウでこれをソニーが使ってイベント展示をしていました。今後どれだけの人が実際に興味を持って絡んでくれるかが普及のポイントです。

 今後、センターではこのシステムをドライブシミュレーターなどに活用し、ユーザーに本当に運転しているように錯覚させることで、今までのモニターを見て行うシミュレーションとはひと味違う体験をしてもらうことが可能になります。

Copyright(c) Digitized Information, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」