ニュース
» 2012年12月17日 08時00分 公開

【画像アリ】「世界水草レイアウトコンテスト2012」の受賞作品がどれも美しすぎてつらい

( ゜Д゜)←見るとこんな顔になります。

[ITmedia]

 水槽の中に水草や石などを自由に配置し、その美しさ、芸術性の高さを競う「世界水草レイアウトコンテスト」。観賞魚用器具などを販売するアクアデザインアマノが2001年から主催している大会で、ネット上でもしばしば「美しすぎる!」「どうやって作ってるんだ……」など、応募作品のハイレベルさで話題になっています。

 そんな「世界水草レイアウトコンテスト」の2012年コンテストが先日行われ、アクアデザインアマノより受賞作品の画像が公開されました。細かい説明は抜きにして、とにかくそのすさまじいまでに作りまれた世界観をたっぷりとお楽しみください。

※画像の著作権はすべてアクアデザインアマノが所有しています。他サイトへの転載はご遠慮ください。



グランプリ(1位)

1位:Zhang Jianfengさん(中国)

タイトル:Amazon(アマゾン)

画像



金賞(2位)

2位:Siak Wee Yeoさん(マレーシア)

タイトル:Gratefulness(感謝)

画像



銀賞(3〜4位)

3位:Long Tran Hoangさん(ベトナム)

タイトル:Green convergence(緑の収束)

画像



4位:Song Pin Chenさん(台湾)

タイトル:Forest impression(森之印象)

画像



銅賞(5〜7位)

5位/銅賞:菅野 裕さん(日本)

タイトル:Ray of sunlight in the cave(巌窟の光陰)

画像

6位/銅賞:Duc Viet Buiさん(ベトナム)

タイトル:where life begins(生命の生まれる場所)

画像

7位/銅賞:Truong Thinh Ngoさん(ベトナム)

タイトル:Somewhere in the World(世界のどこかで)

画像



次点(8〜27位)

8位:Chee Keong Teohさん(マレーシア)

タイトル:The Root(ルート)

画像

9位:Diego Marinelliさん(イタリア)

タイトル:One too many mornings(いつもの朝に)

画像

10位:Xuan Thuy Nguyen Thiさん(ベトナム)

タイトル:Autumn Dream(秋の夢)

画像

11位:渡邉 俊文さん(日本)

タイトル:Gliding over the green valley(緑ノ谷を越えて)

画像

12位:Wang Chaoさん(中国)

タイトル:Tree of the soul(靈魂樹)

画像

13位:Su En Zongさん(中国)

タイトル:Scenic Stone Forest(石林風光)

画像

14位:Robertus Hartonoさん(シンガポール)

タイトル:Reaching(リーチング)

画像

15位:Timucin Sagelさん(トルコ)

タイトル:Stairway to Heaven(天国への階段)

画像

16位:Bernice Simさん(マレーシア)

タイトル:Elusive Plateau(隠れた高原)

画像

17位:築地 秀和さん(日本)

タイトル:A hill with sweet-scented wind(風かおる丘)

画像

18位:Luis Carlos Galarragaさん(ブラジル)

タイトル:Apnea(無呼吸)※編集部訳

画像

19位:Leandro Artioliさん(ブラジル)

タイトル:Unknown Way(未知の道のり)

画像

20位:Piotr Dymowskiさん(ポーランド)

タイトル:The Virgin Stream(原始の流れ)

画像

21位:Wei Cheong Chungさん(マレーシア)

タイトル:Titiwangsa(ティティワングサ山脈)

画像

22位:タナカ カツキさん(日本)

タイトル:After the rain in mountain(山雨一過)

画像

23位:Xue Haiさん(台湾)

タイトル:Untitled(無題)

画像

24位:Piotr Beczynskiさん(ポーランド)

タイトル:The Late October(10月の終わり)

画像

25位:Cheng Jingqiuさん(中国)

タイトル:Glade(林間)

画像

26位:武江 春治さん(日本)

タイトル:Ryuoh Valley(龍王峡谷)

画像

27位:Quan Nguyen Minhさん(ベトナム)

タイトル:Green Paradise(緑のパラダイス)

画像

 総評によると、今年は世界63カ国から、コンテスト史上最多となる2021作品もの応募があったそう。

 事前の評判では、まるでSF映画のワンシーンのような光景を作り上げた「緑の収束」がすごすぎると話題になっていましたがフタを開けてみれば惜しくも3位に。選評によると、こうした「非現実的な表現は水草レイアウトとしては評価の分かれるところ」だそうで、最終的には総合的な技術力や完成度で勝った、Zhang Jianfengさんの「アマゾン」がグランプリに輝きました。しかし「緑の収束」についても「今回のコンテストで最も注目を集めた作品」と格別のコメントが寄せられており、審査員の間でもやはりひときわ目をひいた作品だったことは間違いなさそうです。

 ここでは上位の作品のみ紹介しましたが、アクアデザインアマノが発行する「世界水草レイアウトコンテスト2012作品集」では、2021作品すべてをカラーで収録。アクアデザインアマノの販売特約店にて、1600円で発売中です。

(c)アクアデザインアマノ
※当初、2位のSiak Wee Yeoさんと、3位のLong Tran Hoangさんの名前が入れ替わって掲載されていました。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙