ニュース
» 2013年01月17日 08時43分 公開

75歳を過ぎたらダイエットしても効果なし? 米大学が研究

歳を取ったら好きなものを好きなように食べてよいのかも?

[ITmedia]

 75歳を過ぎたら、糖分や脂肪が多いものを食べても健康にあまり影響はないかもしれない――ペンシルベニア州立大学らがこのような調査結果を発表した。

 研究チームが449人の高齢者を5年にわたって追跡調査し(調査開始時の平均年齢は76.5歳)、健康状態と食習慣を調べた。2万人の高齢者を対象に10年にわたって実施している調査の一環という。調査結果は「Journal of Nutrition Health and Aging」に掲載されている。

 調査対象者の食事パターンは、ケーキやクッキーなどの焼き菓子、乳製品を使ったデザートなどを多く食べ、鶏肉の摂取が少ない「スイーツと乳製品」、米や麺、フルーツ、鶏肉、魚、野菜を多く摂取し、加工肉やソフトドリンクを控える「健康志向」、パン、卵、脂肪、炒めた野菜、アルコールなどの摂取が多く牛乳やフルーツをあまり食べない「西洋型」の3つに分けられた。

 調査の結果、これらの食事パターンと、心臓疾患、糖尿病、メタボリックシンドロームの有病率や死亡率の間に関連が見られなかった。ただし、「スイーツと乳製品」パターンの人は、高血圧のリスクが上昇したという。

 この結果を受けて、研究者らは、75歳以上の高齢者に厳しい食事制限を課しても肥満などを治療する効果はほとんどないかもしれないとしている。「調査対象者が成人になってからずっとこのような食事のパターンだったのかは分からないが、食習慣はあまり変わらなかったのではないかと思う」

 ここまで高齢になると、厳しい食事制限ではもはや十分ではないかもしれないと調査結果は示唆していると研究者らは述べている。「とはいえ、生涯にわたって良識的な食生活をしている人の方が健康状態はずっといいだろう」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声