ニュース
» 2013年02月19日 17時39分 公開

初音ミクがファッションモデルに!――仕掛け人に聞く「VANQUISH VENUS」ミクコラボの裏側

昨年11月に話題を集めた「VANQUISH VENUS」第4弾の初音ミクコラボレーションプロジェクト。ヒット企画を生み出した仕掛け人に話を聞く。

[池田園子,ITmedia]

 なぜここに彼女が!? 思わず目を疑った人も少なくはないだろう。2012年11月、ファッションブランド「VANQUISH」の女性アーティスト・タレントコラボレーションプロジェクト「VANQUISH VENUS」の第4弾として、初音ミクがプロモーション映像に登場した。ヒトではないバーチャルアイドルをモデルに起用したことは、業界内外へ新しい風を吹かせた。仕掛け人に話を聞いてきた。

「VANQUISH VENUS」のモデルたち

本物の初音ミクに登場してほしい

 昨年5月に第1弾がスタートした「VANQUISH VENUS」は、店の前を素通りする客や入ってこない客、そもそも服に興味のない客を、店へ立ち寄らせることに大成功したプロジェクトだった。

「VANQUISH VENUS」では店内のディスプレイにモデルを表示

 服のかかったハンガー(チームラボ開発のチームラボハンガー)を手に取ると、目の前のディスプレイに、メンズ服をセクシーにカッコよく着こなした“VENUS”(女性アーティスト・タレント)が登場する。画像と動画で次々と切り替わる画面は、すべての男性にとってうれしい仕掛けとなっている。

ハンガーを手に取るとメンズ服をセクシーにカッコよく着こなした“VENUS”が

 ポージングからスタイル含め、ミクさんは理想的なモデルでした――そう笑顔で語るのはプロジェクトを担当したクリエイティブディレクターの岡田喜則さん。当初、第4弾では女性タレントを起用して、初音ミクの格好をしてもらおうとイメージしていた。

 しかし、少しだけ考え方を変えてみた。代表の石川涼さんが、初音ミク自身にモデルを務めてもらえばいいのではと思いつく。「知名度も人気もあるし、やはりせっかくなら、本物のミクさんを登場させた方が面白いかなと思って。お客さんにお店へ足を運んでほしいんです。だからこそ、楽しい企画を仕掛けたい。面白いか面白くないか、という基準で考えて始めたプロジェクトです」

店頭の写真がSNSで拡散

 11月1日、6人のイラストレーターが描き下ろしたVANQUISHの服を着た初音ミクが、店頭のディスプレイを飾った。意識したことは髪の色と服の色が合うかどうか。タレントやアーティストをモデルに起用するときと同じことに気をつけた。

初音ミクの店頭ディスプレイ(music:VANQUISH feat.Hatsune Miku(charlot remix)/y0c1e)

 プレスリリースを出したくらいで派手な宣伝はしなかったが、世間の反応は想像を超えるものだった。VANQUISHの既存の客層ではなさそうな男性が店へやって来るようになったり、海外の観光客もこぞって店へ立ち寄っては写真を撮っていく。その写真がSNSにアップされると、驚くほどのスピードで拡散し、自然発生的に世間のホットトピックスとなっていった。「VANQUISHを知らない人に知ってもらうことができました。これは大きな価値があることです」

 当時ネットニュースが「VANQUISH×初音ミク祭り」になっていたことも記憶に新しい。「普段取り上げられることのない、ファッションとは親和性のないようなWeb媒体にも取り上げてもらい、トップニュースになっていたことには驚きましたね。これもミクさんとのコラボの大きな成果です」と岡田さん。

 どういう反応が来るのか予想もつかなかったと岡田さんは語る。ただ賛否両方の意見を予期していたという。実際にメンズファッションを着る初音ミクに戸惑う声もあった。着ていた服を少し脱いで見せたりするイラストもあったため、いつもと比べてセクシーな初音ミクに困惑する人もいた。しかし、面白いものとして受け入れる人が大半だった。

プロジェクトが始動してからずっと“ミクまみれ”

 これまでにない新しい試みをプロジェクト化するにあたり、苦労したことはなかったのか。気になる質問をぶつけてみた。すると、意外な答えが返ってきた。

 「それが全然ないんですよ。ただ、プロジェクトがスタートしてからは、絶えずドキドキしていました。『面白い』がエンジンとなって、ずっと釘付けにされていました。まさにミクまみれ、ですね」

 ボーカロイド音楽専門レーベル「KARENT」の協力のもと、初音ミクが歌うオリジナル楽曲「VANQUISH」も作った。曲はYouTubeに公開され、オリジナルCDも1000枚限定で発売された。あらゆる点において、VANQUISH VENUSと初音ミクとのコラボは、既存のファッションの枠を超えて、確実にひとつの未来を作った。

オリジナル楽曲「VANQUISH」(music:VANQUISH feat.Hatsune Miku/y0c1e)

 初音ミクが初めてファッション業界に“モデル”として飛び出したことで、業界でもこれに続く動きが起きている。初音ミクのオペラ用衣装を、海外の有名ブランドがデザインしたことも話題となった。アパレルとデジタルとの融合から広がる可能性を示してくれたVANQUISH。今後、さらにパワーアップした初音ミク第2弾も期待したい。

KARENT http://karent.jp/

(c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」