ニュース
» 2013年03月18日 19時28分 公開

わずか0.75ミリ角 ルーペで読む世界一小さい本

四季の草花のイラストを掲載した一番小さい本「四季の草花」を凸版印刷が製作。購入することもできる。

[ITmedia]

 凸版印刷は、世界で一番小さい本「四季の草花」を製作したと発表した。サイズは0.75ミリ角で、これまでの世界記録0.9ミリ角よりもかなり小さい。

マイクロブック『四季の草花』と縫針の比較写真 Copyright 2013 Printing Museum,Tokyo, TOPPAN PRINTING CO., LTD.

 マイクロブック「四季の草花」は、日本の四季の草花12点のイラストと名前を印刷し、ルーペを使って見ることができる。全22ページで、うち4ページには絵柄の中に線幅0.01ミリの極小文字を隠し文字として印刷してある。有価証券の印刷や、エレクトロニクス分野で培った超繊細印刷技術を応用して作り上げた。

 同社は、1964年にマイクロブックの製作を始めて以来、どこまで小さな本を作れるのか追求を続けており、2000年に0.95ミリ角のマイクロブック「十二支」でギネスブックに掲載された。現在はロシア製の0.9ミリ角「カメレオン」が世界記録となっているが、「四季の花草」はこれを大きく超えた。同マイクロブックは、印刷博物館(東京都文京区)で展示するほか、ミュージアムグッズとして販売する。価格は2万9400円。

関連キーワード

ギネスブック | 印刷


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」