ニュース
» 2013年04月11日 17時25分 公開

新「スター・ツアーズ」も! 東京ディズニーリゾート30周年 ひとあしお先にハピネスを体験してきた夢の国の建国からもう30年(2/2 ページ)

[宮田健(ONETOPIディズニー),ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

すまない、ここから先はディズニーマニア以外は帰ってくれないか――

 さて、ここまでは一般的な記事。ここから先はちょっと濃くなりますので、ディズニーマニア以外は不必要な情報になります。マニアを自認する方はお手柔らかに、そうでない方はこんな見方もあるのか! と後ろ指をさすためのコーナーです。

新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」、お前誰だ?!

 今回スタートした新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」。ミッキーやミニー、プーさんにプリンセスたちなどは映画を見ていなくても分かる人たちですが、途中、ディズニーマニアですら「誰?」と思わずこぼしてしまうようなキャラクターたちがいっぱい登場します。

 これらのキャラクターは主に短編作品出身のかたが多いので、分かる限り紹介していきましょう。


左がクララベル・カウ、右がホーレス・ホースカラー。どちらも短編出身のキャラクター
先頭にいるハチはメロディ・タイムの「クマンバチ・ブギ」に登場するキャラクター


短編「プカドン交響曲」に登場する鳥の生徒。汽車を運転するのは先生です
映画「おしゃれキャット」からロックフォール


本パレード最大の驚き、映画「おしゃれキャット」からおなじみマリーと、ベルリオーズ
同じフロートにいるもう1人はトゥルーズ。3人は兄弟です


ドナルドではありません。短編「みにくいアヒルの子」のアヒル
シリーシンフォニー短編「森の音楽会」や短編「ミッキーの害虫退治」などに登場するいも虫さん

5月7日には「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」搭乗開始!

 そして東京ディズニーランド、30周年2つ目の目玉は、あの「スター・ツアーズ」新バージョンの登場です。

 今までの「スター・ツアーズ」は、映画「スター・ウォーズ」でいうとエピソード6以降、平和な時代のお話でした。まもなくオープンする「ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では時代をさかのぼり、エピソード3.5相当になります。そのため、その世界では帝国軍が隆盛を迎えており、反乱軍は動き始めたばかり……。そのため、今回のツアーでは、あのダース・ベイダーやレイア姫、ヨーダと出会うことができるかもしれません。

 3D映像になり、高画質、高音質にアップグレード。さらには50通り以上あるストーリー。説明は不要、ぜひ、体験してください。

 と、それで終わってはマニア向けではありませんね。今回、一足先に体験させてもらった「ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」、東京版も本編以上にキューライン(待ち行列エリア)の作り込みがすばらしいものでした。その一例をちょこっとだけお伝えしましょう。

 個人的に大好きなのは、荷物チェックのドロイドがいるワンシーン。ずーっと見ているとホーンテッド・マンションのマダム・レオタや、トイ・ストーリーのバズ、さらにはスティッチまで出てくるかも…?


バッグの中身をスキャンすると…ミッキーのソーサラーハット?
こっちにはウォーリーが


チップとデールがいた!
私ならこうやって出るがな!

 プレス内覧をいいことに数十分この場所で見ていましたが、ずーーーーーーっとしゃべりっぱなしで本当に楽しいです。ほかにもアッと驚くドロイドや、どこかで見たようなアクションをする3体のドロイドも。これなら行列も楽しいこと間違いなし。

ディズニードローイングクラスの元絵を描いたアーティストを独占→84万円は安い!?

 記事本編でも紹介したディズニードローイングクラス。インストラクターが懇切丁寧に教えてくれるので、絵心がなくてもミッキーたちが描けるのが楽しいです。ところで、その教えてくれるインストラクターには誰が教えているのでしょうか?

 実はこのドローイングクラスの元絵と、インストラクターへの指導をしているのは、東京ディズニーリゾートに務める日本人アーティストの佐藤征作(せいさく)氏。ミッキーが大好きなディズニーマニアの間では「神」と称されるほどの方で、さまざまなパーク内アートを手掛けています。例えば東京ディズニーランドでは5、10、15、20、25周年にてアニバーサリーイヤーのミッキーを描いています。今回用意されている30周年で描くキャラクターも、佐藤氏によるものだそうです。アドバンスコースのミッキー、ミニーは本当にかわいいでしょう!

ドローイングクラス、アドバンスコースではこのミッキーとミニーが50分で描けます

 そしてこの佐藤氏、シンデレラ城裏にあるショップ「キングダム・トレジャー」の内装とストーリーも担当しています。

佐藤氏がバックグラウンドストーリーまで手掛けた「キングダム・トレジャー」内部に飾られたアート。ミッキーに倒されるドラゴンが、心なしかうれしそうな理由は……それはぜひ現地で確かめてください

 先日行われたディズニーファン向けのイベント「ディズニアナ・ファン・フェスティバル2013」で行われたチャリティオークションにて、佐藤氏と回る「アーティストと巡る東京ディズニーランド・アートツアー」が出品されましたが、落札額はなんと84万円。マニアならばそれも納得がいく……?

30年間ありがとう――ひっそりと閉店したあのお店

 実は1つ、30周年でディズニーマニアが大変悲しんだことがあります。開園時から東京ディズニーランドに存在した、ちょっと異端なショップが消えてしまいました。そのショップとは「千葉物産館・美術工芸」。

千葉物産館・美術工芸の在りし日の姿

 アドベンチャーランドにひっそりと存在したそのお店は、漢字名称でもちろん世界にここしかない唯一のショップで、日本の、主に千葉名産の物産を販売するというとても不思議なお店でした(アドベンチャーランドの同エリアは世界中から珍品が集まる、という設定なのです)。このお店が30周年を迎える直前、あらたに「パシフィック・エクスポート」として生まれ変わりました。現在は日本をイメージしたグッズを販売しています。

 古くからのトリビア本では「東京ディズニーランドで売っている高価なお土産のひとつはおみこし。千葉物産館で売っている」という記述が多く見受けられましたが、残念ながらこれももう無くなっちゃいました。30年間、ありがとうございました。おみこしって1つでも売れたのかしら。


 いかがでしたでしょうか。30周年を迎えた東京ディズニーリゾートは、何度言っても楽しめるような仕掛けがいっぱいです。さあ、このハピネスを体験しに行きましょう!

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる