新「スター・ツアーズ」も! 東京ディズニーリゾート30周年 ひとあしお先にハピネスを体験してきた夢の国の建国からもう30年(2/2 ページ)

» 2013年04月11日 17時25分 公開
[宮田健(ONETOPIディズニー),ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

すまない、ここから先はディズニーマニア以外は帰ってくれないか――

 さて、ここまでは一般的な記事。ここから先はちょっと濃くなりますので、ディズニーマニア以外は不必要な情報になります。マニアを自認する方はお手柔らかに、そうでない方はこんな見方もあるのか! と後ろ指をさすためのコーナーです。

新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」、お前誰だ?!

 今回スタートした新パレード「ハピネス・イズ・ヒア」。ミッキーやミニー、プーさんにプリンセスたちなどは映画を見ていなくても分かる人たちですが、途中、ディズニーマニアですら「誰?」と思わずこぼしてしまうようなキャラクターたちがいっぱい登場します。

 これらのキャラクターは主に短編作品出身のかたが多いので、分かる限り紹介していきましょう。


左がクララベル・カウ、右がホーレス・ホースカラー。どちらも短編出身のキャラクター
先頭にいるハチはメロディ・タイムの「クマンバチ・ブギ」に登場するキャラクター


短編「プカドン交響曲」に登場する鳥の生徒。汽車を運転するのは先生です
映画「おしゃれキャット」からロックフォール


本パレード最大の驚き、映画「おしゃれキャット」からおなじみマリーと、ベルリオーズ
同じフロートにいるもう1人はトゥルーズ。3人は兄弟です


ドナルドではありません。短編「みにくいアヒルの子」のアヒル
シリーシンフォニー短編「森の音楽会」や短編「ミッキーの害虫退治」などに登場するいも虫さん

5月7日には「スター・ツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」搭乗開始!

 そして東京ディズニーランド、30周年2つ目の目玉は、あの「スター・ツアーズ」新バージョンの登場です。

 今までの「スター・ツアーズ」は、映画「スター・ウォーズ」でいうとエピソード6以降、平和な時代のお話でした。まもなくオープンする「ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では時代をさかのぼり、エピソード3.5相当になります。そのため、その世界では帝国軍が隆盛を迎えており、反乱軍は動き始めたばかり……。そのため、今回のツアーでは、あのダース・ベイダーやレイア姫、ヨーダと出会うことができるかもしれません。

 3D映像になり、高画質、高音質にアップグレード。さらには50通り以上あるストーリー。説明は不要、ぜひ、体験してください。

 と、それで終わってはマニア向けではありませんね。今回、一足先に体験させてもらった「ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」、東京版も本編以上にキューライン(待ち行列エリア)の作り込みがすばらしいものでした。その一例をちょこっとだけお伝えしましょう。

 個人的に大好きなのは、荷物チェックのドロイドがいるワンシーン。ずーっと見ているとホーンテッド・マンションのマダム・レオタや、トイ・ストーリーのバズ、さらにはスティッチまで出てくるかも…?


バッグの中身をスキャンすると…ミッキーのソーサラーハット?
こっちにはウォーリーが


チップとデールがいた!
私ならこうやって出るがな!

 プレス内覧をいいことに数十分この場所で見ていましたが、ずーーーーーーっとしゃべりっぱなしで本当に楽しいです。ほかにもアッと驚くドロイドや、どこかで見たようなアクションをする3体のドロイドも。これなら行列も楽しいこと間違いなし。

ディズニードローイングクラスの元絵を描いたアーティストを独占→84万円は安い!?

 記事本編でも紹介したディズニードローイングクラス。インストラクターが懇切丁寧に教えてくれるので、絵心がなくてもミッキーたちが描けるのが楽しいです。ところで、その教えてくれるインストラクターには誰が教えているのでしょうか?

 実はこのドローイングクラスの元絵と、インストラクターへの指導をしているのは、東京ディズニーリゾートに務める日本人アーティストの佐藤征作(せいさく)氏。ミッキーが大好きなディズニーマニアの間では「神」と称されるほどの方で、さまざまなパーク内アートを手掛けています。例えば東京ディズニーランドでは5、10、15、20、25周年にてアニバーサリーイヤーのミッキーを描いています。今回用意されている30周年で描くキャラクターも、佐藤氏によるものだそうです。アドバンスコースのミッキー、ミニーは本当にかわいいでしょう!

ドローイングクラス、アドバンスコースではこのミッキーとミニーが50分で描けます

 そしてこの佐藤氏、シンデレラ城裏にあるショップ「キングダム・トレジャー」の内装とストーリーも担当しています。

佐藤氏がバックグラウンドストーリーまで手掛けた「キングダム・トレジャー」内部に飾られたアート。ミッキーに倒されるドラゴンが、心なしかうれしそうな理由は……それはぜひ現地で確かめてください

 先日行われたディズニーファン向けのイベント「ディズニアナ・ファン・フェスティバル2013」で行われたチャリティオークションにて、佐藤氏と回る「アーティストと巡る東京ディズニーランド・アートツアー」が出品されましたが、落札額はなんと84万円。マニアならばそれも納得がいく……?

30年間ありがとう――ひっそりと閉店したあのお店

 実は1つ、30周年でディズニーマニアが大変悲しんだことがあります。開園時から東京ディズニーランドに存在した、ちょっと異端なショップが消えてしまいました。そのショップとは「千葉物産館・美術工芸」。

千葉物産館・美術工芸の在りし日の姿

 アドベンチャーランドにひっそりと存在したそのお店は、漢字名称でもちろん世界にここしかない唯一のショップで、日本の、主に千葉名産の物産を販売するというとても不思議なお店でした(アドベンチャーランドの同エリアは世界中から珍品が集まる、という設定なのです)。このお店が30周年を迎える直前、あらたに「パシフィック・エクスポート」として生まれ変わりました。現在は日本をイメージしたグッズを販売しています。

 古くからのトリビア本では「東京ディズニーランドで売っている高価なお土産のひとつはおみこし。千葉物産館で売っている」という記述が多く見受けられましたが、残念ながらこれももう無くなっちゃいました。30年間、ありがとうございました。おみこしって1つでも売れたのかしら。


 いかがでしたでしょうか。30周年を迎えた東京ディズニーリゾートは、何度言っても楽しめるような仕掛けがいっぱいです。さあ、このハピネスを体験しに行きましょう!

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」