ニュース
» 2013年04月15日 17時57分 公開

オーケストラ「ワルプルギスの夜」に拍手喝さい ファン100人が奏でた組曲「魔法少女まどか☆マギカ」タイから来日した演奏者も

当日は台風並みの暴風。まさに「ワルプルギスの夜」を思わせる天候のなか、800人のファンで満員となった。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 去る4月6日、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)」の楽曲をフルオーケストラで演奏するコンサート「ワルプルギスの夜の夢」が、東京・八王子市芸術文化会館いちょうホールで開催された。当日の天候は、気象庁が「台風並みの暴風」と警告したほどで、まさしく「『ワルプルギスの夜』(作中に登場する最強の魔女)の襲来か?」と思わせたが、会場は演奏者・来場者を併せて約800人のファンで満員となった。

画像 オーケストラの演奏シーン photograph by Yutaka Nakamura

 コンサートは、まどマギのファンによる二次創作イベント。営利目的ではなく入場は無料だった。主催の交響楽団「ワルプルギスの夜」は、今回のために結成されたオーケストラで、“契約”を済ませた演奏者(約80人)とスタッフ(約20人)の約100人から成る。元々はTwitterをきっかけにスタートした企画とのことで、運営チーム(5人)を中心に約1年半にわたって準備を進めてきた。オーケストラ用に楽譜を起こすところから始まり、各種権利関係の許諾など、演奏面以外の努力も多かったようだ。

画像 パンフレット

 メンバーの多くは都内在住者で、中には地方からの参加者やさらには外国から駆けつけた強者もいた。パンフレットに「Special Thanks:在タイ王国日本大使館」との記載があるように、マイクさん(ヴァイオリン)には同イベントのために長期滞在ビザが発給されたとのこと。指揮は国内外で活躍する志村健一さんが務め、コンサートミストレスはニコニコ超会議2に出演予定のMIZさんが担当した。

 当日は午前10時から整理券配布を行うと告知され、早朝から多くのファンが列を作った。整理券の情報はTwitterの広報アカウントで逐一実況されていたが、配布開始後もなく定員に到達したことから、入手できず涙をのむ人も現れた。午後5時の開場を含め、待機・整列で大きな混乱は発生しなかった。


画像 整理券はすぐに配布終了
画像 キュゥべえと花束

 演奏楽曲は、まどマギの楽曲を再編成・構成した全15曲の交響組曲。第1部「はじまりのメロディー」と第2部「永遠のハーモニー」の2部構成で、一番最初に披露されたのはプログラムに記載のない「Magia(エンディングテーマ)」だった。このほかシークレット曲には、主人公の1人・美樹さやかのエピソードにまつわる「ヴォカリーズ(ラフマニノフ)」「亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)」「アヴェ・マリア(グノー)」があり、それぞれヴァイオリンとピアノで奏でられた。

 オーケストラ用の編曲に際して、原曲のコーラスや電子楽器によるグルーヴ感が失われないよう様々なアレンジが加えられており、効果音も楽器の特殊奏法で再現を試みた。それもあってか、打楽器陣の動きは目立ち、特にティンパニーは荒ぶりつつも大変な熱演だった。プログラムは、1つの演奏が終わるごとに大きな拍手を巻き起こしながら進行していった。

 アンコールはオープニングテーマの「コネクト」。ED曲にはじまりOP曲に至るという流れである。率直に記すとコネクトの演奏冒頭には危うさも漂っていたが、すぐに大人気主題歌の本領発揮となり、会場は一体感に包まれた。演奏後はスタンディングオベーションとなり、拍手が鳴り止まなかった。そこで、「曲はもう出し切ったけれども」と、急遽「Magia」の再演奏が行われ、イベントのボルテージは最高潮に達した。

画像 スタンディングオベーション photograph by Yutaka Nakamura

 来場者アンケートでは約480人から回答を得て、95%以上が5段階評価のうち4以上を選択し、用紙裏面の余白までメッセージを残す人も多くいた。Twitterのハッシュタグ「#ワル響」では多くの反応を確認することができ、Togetterまとめも作成されている。運営チームは「演奏ではもちろんミスもありましたが、舞台と客席側の一体感のある公演になったと思います。スタンディングオベーションとなったのは驚くほどうれしかったです」とコメント。まどマギの人気の高さと音楽の素晴らしさについても再認識できたともいう。

画像 さて……コンサート終了後

 心配された爆弾低気圧はコンサート終了後に本格化したが、帰宅困難者は現れなかった。興味深いことに今回の「ワルプルギスの夜」と悪天候が重なったのは本番だけではないとのこと。1月中旬の練習では大雪で打楽器を運搬するトラックが立ち往生し、3月上旬には「東京の空が黄色い」と話題になった煙霧と遭遇したそうだ。名前が持つ不思議な力があるのだろうか。

 同団体の今後の予定は全くの未定。現在、運営チーム内で議論を重ねている。コンサートミストレスのMIZさん、司会のやよいさんらは「またやりたい!」と笑顔で語っていた。新しい発表はTwitterの広報アカウントで告知していく。

プログラム 交響組曲「まどか☆マギカ」

原曲作曲:梶浦由記 編曲:The SAME 演奏:交響楽団「ワルプルギスの夜」 

■第1部 はじまりのメロディー

シークレット1「Magia」

第1曲「夢」

第2曲「魔法」

第3曲「巴マミ」

第4曲「日常」

第5曲「魔女」

第6曲「佐倉杏子」

第7曲「美樹さやか」

シークレット2 「ヴォカリーズ」(バイオリン&ピアノ)

■第2部 永遠のハーモニー

シークレット3 「亜麻色の髪の乙女」(バイオリン&ピアノ)

第8曲「心」

第9曲「饗宴」

第10曲「対話―なぜ?」

第11曲「対決」

第12曲「暁美ほむら」

第13曲「ワルプルギスの夜」

第14曲「鹿目まどか」

第15曲「思い出」

シークレット4 「アヴェ・マリア」(バイオリン&ピアノ)

アンコール1「コネクト」

アンコール2「Magia」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」