ニュース
» 2013年04月15日 17時57分 公開

オーケストラ「ワルプルギスの夜」に拍手喝さい ファン100人が奏でた組曲「魔法少女まどか☆マギカ」タイから来日した演奏者も

当日は台風並みの暴風。まさに「ワルプルギスの夜」を思わせる天候のなか、800人のファンで満員となった。

[高橋史彦,ねとらぼ]

 去る4月6日、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ(まどマギ)」の楽曲をフルオーケストラで演奏するコンサート「ワルプルギスの夜の夢」が、東京・八王子市芸術文化会館いちょうホールで開催された。当日の天候は、気象庁が「台風並みの暴風」と警告したほどで、まさしく「『ワルプルギスの夜』(作中に登場する最強の魔女)の襲来か?」と思わせたが、会場は演奏者・来場者を併せて約800人のファンで満員となった。

画像 オーケストラの演奏シーン photograph by Yutaka Nakamura

 コンサートは、まどマギのファンによる二次創作イベント。営利目的ではなく入場は無料だった。主催の交響楽団「ワルプルギスの夜」は、今回のために結成されたオーケストラで、“契約”を済ませた演奏者(約80人)とスタッフ(約20人)の約100人から成る。元々はTwitterをきっかけにスタートした企画とのことで、運営チーム(5人)を中心に約1年半にわたって準備を進めてきた。オーケストラ用に楽譜を起こすところから始まり、各種権利関係の許諾など、演奏面以外の努力も多かったようだ。

画像 パンフレット

 メンバーの多くは都内在住者で、中には地方からの参加者やさらには外国から駆けつけた強者もいた。パンフレットに「Special Thanks:在タイ王国日本大使館」との記載があるように、マイクさん(ヴァイオリン)には同イベントのために長期滞在ビザが発給されたとのこと。指揮は国内外で活躍する志村健一さんが務め、コンサートミストレスはニコニコ超会議2に出演予定のMIZさんが担当した。

 当日は午前10時から整理券配布を行うと告知され、早朝から多くのファンが列を作った。整理券の情報はTwitterの広報アカウントで逐一実況されていたが、配布開始後もなく定員に到達したことから、入手できず涙をのむ人も現れた。午後5時の開場を含め、待機・整列で大きな混乱は発生しなかった。


画像 整理券はすぐに配布終了
画像 キュゥべえと花束

 演奏楽曲は、まどマギの楽曲を再編成・構成した全15曲の交響組曲。第1部「はじまりのメロディー」と第2部「永遠のハーモニー」の2部構成で、一番最初に披露されたのはプログラムに記載のない「Magia(エンディングテーマ)」だった。このほかシークレット曲には、主人公の1人・美樹さやかのエピソードにまつわる「ヴォカリーズ(ラフマニノフ)」「亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)」「アヴェ・マリア(グノー)」があり、それぞれヴァイオリンとピアノで奏でられた。

 オーケストラ用の編曲に際して、原曲のコーラスや電子楽器によるグルーヴ感が失われないよう様々なアレンジが加えられており、効果音も楽器の特殊奏法で再現を試みた。それもあってか、打楽器陣の動きは目立ち、特にティンパニーは荒ぶりつつも大変な熱演だった。プログラムは、1つの演奏が終わるごとに大きな拍手を巻き起こしながら進行していった。

 アンコールはオープニングテーマの「コネクト」。ED曲にはじまりOP曲に至るという流れである。率直に記すとコネクトの演奏冒頭には危うさも漂っていたが、すぐに大人気主題歌の本領発揮となり、会場は一体感に包まれた。演奏後はスタンディングオベーションとなり、拍手が鳴り止まなかった。そこで、「曲はもう出し切ったけれども」と、急遽「Magia」の再演奏が行われ、イベントのボルテージは最高潮に達した。

画像 スタンディングオベーション photograph by Yutaka Nakamura

 来場者アンケートでは約480人から回答を得て、95%以上が5段階評価のうち4以上を選択し、用紙裏面の余白までメッセージを残す人も多くいた。Twitterのハッシュタグ「#ワル響」では多くの反応を確認することができ、Togetterまとめも作成されている。運営チームは「演奏ではもちろんミスもありましたが、舞台と客席側の一体感のある公演になったと思います。スタンディングオベーションとなったのは驚くほどうれしかったです」とコメント。まどマギの人気の高さと音楽の素晴らしさについても再認識できたともいう。

画像 さて……コンサート終了後

 心配された爆弾低気圧はコンサート終了後に本格化したが、帰宅困難者は現れなかった。興味深いことに今回の「ワルプルギスの夜」と悪天候が重なったのは本番だけではないとのこと。1月中旬の練習では大雪で打楽器を運搬するトラックが立ち往生し、3月上旬には「東京の空が黄色い」と話題になった煙霧と遭遇したそうだ。名前が持つ不思議な力があるのだろうか。

 同団体の今後の予定は全くの未定。現在、運営チーム内で議論を重ねている。コンサートミストレスのMIZさん、司会のやよいさんらは「またやりたい!」と笑顔で語っていた。新しい発表はTwitterの広報アカウントで告知していく。

プログラム 交響組曲「まどか☆マギカ」

原曲作曲:梶浦由記 編曲:The SAME 演奏:交響楽団「ワルプルギスの夜」 

■第1部 はじまりのメロディー

シークレット1「Magia」

第1曲「夢」

第2曲「魔法」

第3曲「巴マミ」

第4曲「日常」

第5曲「魔女」

第6曲「佐倉杏子」

第7曲「美樹さやか」

シークレット2 「ヴォカリーズ」(バイオリン&ピアノ)

■第2部 永遠のハーモニー

シークレット3 「亜麻色の髪の乙女」(バイオリン&ピアノ)

第8曲「心」

第9曲「饗宴」

第10曲「対話―なぜ?」

第11曲「対決」

第12曲「暁美ほむら」

第13曲「ワルプルギスの夜」

第14曲「鹿目まどか」

第15曲「思い出」

シークレット4 「アヴェ・マリア」(バイオリン&ピアノ)

アンコール1「コネクト」

アンコール2「Magia」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」