ニュース
» 2013年09月12日 08時49分 公開

艦これ艦娘“見た目的”プロフィール「ヴェールヌイ」編さすがに彼女の“戦歴”はむりっす

艦これ「9・11」改装で“改二”を実装したのは「響」……というか、賠償艦として引き渡された後にソ連が命名した「ヴェールヌイ」だった! なんという濃い話!

[長浜和也,ねとらぼ]

みんなー、とりあえず、腰の業物に注目なのなぁー

 「艦隊これくしょん」が9月11日に行ったシステムアップデートで、公式ツイッターアカウント(@KanColle_STAFF)が実装を予告していた「改二実装駆逐艦」が、多くの提督たちの検証によって「響」であることが判明した。



 提督たちのリポートによると、レベル70に達した「響」(改)に改造を施すと、なぁーんと、終戦後に響を賠償艦として受け取ったソ連によって名づけられた「Верный(ヴェールヌイ)」に艦名が変わって、イラストも白基調の上着という“いかにもソ連海軍”娘に変わってしまう。

 提督たちの間には、スラブ美人になったヴェールヌイを歓迎する一方で、「暁響雷電」とそろえた“第六駆逐隊”の集団美を楽しめなくなってしまうと戸惑う声も聞こえている。

こちらが艦これの「響」(左)と、改造後の「ヴェールヌイ」(右)

 興味深いのが、改二を施すと腰の“業物”が三連装魚雷発射管から四連装の“発射筒”に変化するあたりだ。ちなみに、ヴェールヌイの“艦これ的”ステータスを見ると雷装値は「47」程度と“改一”駆逐艦からやや高い程度なのに対して、対潜値は「61」と、これまでの艦娘でもっとも、というか、べらぼうに高い設定になっている。

 このことから、腰の“業物”は魚雷発射管ではなく(当時のソ連海軍標準の魚雷発射管は533ミリ五連装)、ロケットで飛翔する投射型タイプの対潜水雷発射筒ではないかと推測できる。そういえば、見た目がなんとなく、クリヴァク級フリゲートなどに搭載していた対潜ミサイル四連装発射機に似てなくもない(現代兵器なんだけど)。

ボードウォーゲーム「SUBMARINE」(アバロンヒル/ホビージャパン)に登場する「響」とそのデータシート

 日本海軍所属当時の響は、度重なる損傷から前線に復活し、(そのおかげで、レイテや坊の岬という悲惨な海戦に巻き込まれなかったともいえるが)終戦まで作戦行動を継続するなど運に恵まれ(武運に恵まれたかというと、一概にそうともいえないが)、一部資料によると、搭載する魚雷を“勝手に”改造して九三式酸素魚雷を運用可能にしちゃうなど、興味深いエピソードも多い。

 そんな事情から、改二対象駆逐艦の有力候補と予想した提督も多かったが、まさか、いきなり、ロシア美人になってしまうとは、さすが艦これ開発運営、予想を上回る濃さだった。となると当然、中華民国(台湾)に賠償艦として渡されて、「丹陽」として長らく艦隊旗艦を務めた「雪風」のチャイニーズドレスにも期待がふくらむのであったー!

関連キーワード

艦隊これくしょん | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」