ニュース
» 2013年09月30日 11時55分 公開

艦これサーバ群“戦歴的”プロフィール「タウイタウイ泊地」編「雷」も眠る悲運の泊地

艦隊これくしょんの新規着任待ち提督たちには期待の「タウイタウイ泊地」だが、史実ではあまりいい話をきかない“訳あり物件”だったりする……。

[長浜和也,ねとらぼ]

「練習しないとこうなります」という典型的なお話

 「艦隊これくしょん」開発運営アカウント(@KanColle_STAFF)は、第11サーバ群「タウイタウイ泊地」を9月28日から投入した。大規模新規着任を想定したサーバ群で、28日の開放では約5万人に及ぶ新人提督を受け入れた。


 史実のタウイタウイ泊地は、なんといってもサイパン島を争う「マリアナ沖海戦」を前にして、日本海軍の決戦艦隊である第一機動艦隊(所属するのは空母基幹の第三艦隊と戦艦重巡基幹の第二艦隊)が約1カ月にわたって待機した泊地として有名だ。この待機期間において、空母配属となった各航空隊はほとんど訓練を行うことができなかったために技量が低下してしまい、それがマリアナ沖海戦の敗因の1つになったと考える関係者や戦史研究者は多い。

 もともと、小規模な陸上兵力(第三十三警備隊)と4機の水上機しか配備していなかったフィリピン南端とボルネオ島を結ぶ海域にあるこの泊地は、シンガポールに隣接していたリンガ泊地と異なり、陸上に大規模な飛行場がなかったものの、ボルネオの産油地であるタラカンに近かったため燃料の心配もなく、空母に配備した航空隊の訓練に適した拠点と考えられていた。

ボードウォーゲーム「日本機動部隊2」(国際通信社 コマンドマガジン日本版別冊)に登場するタウイタウイ泊地。フィリピンの南西にあるタウイタウイ泊地は、マリアナ方面に来襲する敵艦隊を迎え撃つには遠すぎる。しかし、タンカー不足で燃料調達が十分できず遠方への進撃がままならない日本海軍は、より近いパラオ近海に敵を誘導して迎え撃つという、ある意味“自己中心”的戦況を想定していた

 しかし、タウイタウイ泊地は敵潜水艦が出撃するオーストラリアと日本の資源輸送航路がある南シナ海を結ぶ経路に接していたため、日本海軍が集結した直後の5月18日には早くも敵潜水艦に所在が露見してしまう。それ以降、多くの米豪潜水艦が付近を航行する日本海軍艦艇を攻撃するようになり、日本の空母部隊と搭載する航空隊は泊地から出港して訓練を行うことができなくなってしまった。

 それどころか、対潜作戦のために出撃した駆逐艦も敵潜水艦に撃沈されてしまう。艦これにはまだ登場していないが、「早波」「風雲」「谷風」がタウイタウイ泊地周辺で沈んでいる。特に谷風は命中後の火災が泊地に停泊する空母の飛行甲板からも見えたという。また「水無月」、そして艦これの人気者「雷」も船団護衛中にタウイタウイ近海で潜水艦に撃沈された。

画像 ゲーム中の「雷」。読み方はかみなりじゃなくて「いかづち」

 こうして、訓練もままならないまま、無為に過ごした航空隊の技量は下がる一方だった。これを示す値として、タウイタウイ泊地に集結してからあ号作戦が発動して出撃するまでの1カ月弱の間に“事故”で失った艦上機は9隻の空母全体で56機にも達している。これは、「千代田」と「瑞鳳」が搭載する機数に相当する。

 タウイタウイ泊地に待機した1カ月で、技量が低下し事故で軽空母2隻分の艦上機を失った日本艦隊は、結局、避けたかったマリアナ沖海域に出現した敵機動部隊を迎え撃ち、そして、敗れ去ることになる。

関連キーワード

艦隊これくしょん | サーバ | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい