ニュース
» 2013年09月30日 11時55分 公開

艦これサーバ群“戦歴的”プロフィール「タウイタウイ泊地」編「雷」も眠る悲運の泊地

艦隊これくしょんの新規着任待ち提督たちには期待の「タウイタウイ泊地」だが、史実ではあまりいい話をきかない“訳あり物件”だったりする……。

[長浜和也,ねとらぼ]

「練習しないとこうなります」という典型的なお話

 「艦隊これくしょん」開発運営アカウント(@KanColle_STAFF)は、第11サーバ群「タウイタウイ泊地」を9月28日から投入した。大規模新規着任を想定したサーバ群で、28日の開放では約5万人に及ぶ新人提督を受け入れた。


 史実のタウイタウイ泊地は、なんといってもサイパン島を争う「マリアナ沖海戦」を前にして、日本海軍の決戦艦隊である第一機動艦隊(所属するのは空母基幹の第三艦隊と戦艦重巡基幹の第二艦隊)が約1カ月にわたって待機した泊地として有名だ。この待機期間において、空母配属となった各航空隊はほとんど訓練を行うことができなかったために技量が低下してしまい、それがマリアナ沖海戦の敗因の1つになったと考える関係者や戦史研究者は多い。

 もともと、小規模な陸上兵力(第三十三警備隊)と4機の水上機しか配備していなかったフィリピン南端とボルネオ島を結ぶ海域にあるこの泊地は、シンガポールに隣接していたリンガ泊地と異なり、陸上に大規模な飛行場がなかったものの、ボルネオの産油地であるタラカンに近かったため燃料の心配もなく、空母に配備した航空隊の訓練に適した拠点と考えられていた。

ボードウォーゲーム「日本機動部隊2」(国際通信社 コマンドマガジン日本版別冊)に登場するタウイタウイ泊地。フィリピンの南西にあるタウイタウイ泊地は、マリアナ方面に来襲する敵艦隊を迎え撃つには遠すぎる。しかし、タンカー不足で燃料調達が十分できず遠方への進撃がままならない日本海軍は、より近いパラオ近海に敵を誘導して迎え撃つという、ある意味“自己中心”的戦況を想定していた

 しかし、タウイタウイ泊地は敵潜水艦が出撃するオーストラリアと日本の資源輸送航路がある南シナ海を結ぶ経路に接していたため、日本海軍が集結した直後の5月18日には早くも敵潜水艦に所在が露見してしまう。それ以降、多くの米豪潜水艦が付近を航行する日本海軍艦艇を攻撃するようになり、日本の空母部隊と搭載する航空隊は泊地から出港して訓練を行うことができなくなってしまった。

 それどころか、対潜作戦のために出撃した駆逐艦も敵潜水艦に撃沈されてしまう。艦これにはまだ登場していないが、「早波」「風雲」「谷風」がタウイタウイ泊地周辺で沈んでいる。特に谷風は命中後の火災が泊地に停泊する空母の飛行甲板からも見えたという。また「水無月」、そして艦これの人気者「雷」も船団護衛中にタウイタウイ近海で潜水艦に撃沈された。

画像 ゲーム中の「雷」。読み方はかみなりじゃなくて「いかづち」

 こうして、訓練もままならないまま、無為に過ごした航空隊の技量は下がる一方だった。これを示す値として、タウイタウイ泊地に集結してからあ号作戦が発動して出撃するまでの1カ月弱の間に“事故”で失った艦上機は9隻の空母全体で56機にも達している。これは、「千代田」と「瑞鳳」が搭載する機数に相当する。

 タウイタウイ泊地に待機した1カ月で、技量が低下し事故で軽空母2隻分の艦上機を失った日本艦隊は、結局、避けたかったマリアナ沖海域に出現した敵機動部隊を迎え撃ち、そして、敗れ去ることになる。

関連キーワード

艦隊これくしょん | サーバ | ゲーム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる