ニュース
» 2013年12月25日 10時00分 公開

カッパのミイラにジャッカロープ! オカルト・UMA好きにはたまらない珍スポット「山口敏太郎の妖怪博物館」に行ってきた(2/2 ページ)

[姫野ケイ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

怖〜い展示も……

 妖怪やUMAはうさんくささも含めて楽しめる展示だったが、思わず背筋がゾクッとしてしまうような展示もあった。それが、黒い布で隠された「呪い面」。テレビ番組「奇跡体験! アンビリバボー」(フジテレビ)で紹介されて一時話題になった面で、このお面をかぶった人は次々に身内が亡くなったり、仕事を失ったりと、不幸になってしまったそうだ。現在は京都のお寺で供養されており、写真での展示となっている。

 黒い布をめくると、映画「13日の金曜日」のジェイソンのお面にも似たお面の写真があった。なんとも不気味で、筆者はその晩、シャンプー中にこのお面の顔を思い出してしまい、怖くて目が開けられなかった……。「見るのは自己責任で」という内容の注意書きがあるので、勇気のある方だけ布をめくって見てほしい。ちなみに、最近現物を見に行った野中さんによると「だいぶ優しい顔に変わっていました」とのこと。

 このように、なかなかお目にかかれない怪しい品々が見られる妖怪博物館。妖怪マニアはもちろん、親子で来て妖怪について学んでもらいたいとスタッフは語る。妖怪を通じて親子のふれあいの場になれば、と。「最近の子どもは妖怪について知らない子が多いので、妖怪を知っている世代の親御さんと一緒だとますます楽しめるはずです」。年内には妖怪グッズのガチャポンも追加される予定。親子で夢中になってしまいそうだ。

 そして、運良く山口敏太郎さんがいるときに来た人は、山口さんのより詳しい解説付きで展示を見られるという。もちろん、通常の日もスタッフがついて展示の説明をしてくれる。スタッフの説明付きで展示を見て、質問にも答えてもらえる博物館は珍しい。狭い展示室ながら多数の展示品があり、得られる知識が多い点も魅力だ。

 最後に、妖怪博物館の今後の目標を聞いてみた。

 「今度は都心で新宿あたりに妖怪博物館の2号店を出したいですね。そして3号店は事務所がある千葉が良いですね。展示はまだ始まったばかりなので、とにかくいろいろチャレンジしてみたいです」と笑顔で語るスタッフさん。妖怪博物館の野望は大きいようだ。

 お台場の新たな珍スポット「山口敏太郎の妖怪博物館」。お台場を訪れる際は、ほかの博物館では見られない怪しい品々を間近で見て楽しんでみてはいかがだろうか。

姫野ケイ:フリーライター・コラムニスト・作家。1987年9月7日生まれ。宮崎県宮崎市出身。日本女子大学文学部日本文学科卒。大学時代は出版社のアルバイトにて編集業務を学びつつ、ヴィジュアル系バンドの追っかけに明け暮れるバンギャル。2010年度南日本文学大賞最終ファイナリスト。現在はWebやスポーツ新聞にてコラム・小説を執筆中。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」