ニュース
» 2014年02月20日 21時19分 公開

キングソフト「悪質バナー広告」問題について説明 「不当に広告収入を得ようとする悪質業者がいる」

問題となっている広告はキングソフト側が提出したものではなく、委託先の広告業者が勝手に差し替えたもの、と説明。

[ねとらぼ]

 キングソフトは2月20日、現在ネットで問題視されている「悪質バナー広告」について、公式サイト上で説明した。問題の広告は配信を委託している業者側が勝手に差し替えたもので、キングソフト側が提出したものではないという。

 Engadget Japaneseの取材がきっかけで問題が明らかになった。記事によると、Webサイト閲覧中に突如「警告!!! 容量が不足しています。今すぐクリーンアップしましょう!」といった警告メッセージがポップアップし、タップしたところキングソフトの「CleanMaster」というアプリのダウンロードサイトにジャンプしたという。しかし、スマートフォンの空き容量は十分であり、またバナー広告がわざわざユーザーのスマートフォンの容量まで参照して表示されているとは考えにくい。「嘘の容量不足を訴えてダウンロードを促しているのではないか」と告発する内容だった。


画像 Engadget Japaneseの記事

 キングソフトによると、当初キングソフト側では「人気No.1のクリーナーアプリ」「スマホの動作をサクサク快適に!」といった文言の広告を提出しており、問題視されている広告は「弊社の登録とは異なる」とのこと。しかし、広告配信を請け負う「アドネットワーク」側に「登録とは異なる内容で不当に広告収入を得ようとする悪質業者」がおり、より多くバナーがクリックされるように、勝手に広告の文言を過激なものに差し替えてしまったのだという。

 確かに「人気No.1のクリーナーアプリ」よりも「警告!!! 容量が不足しています」の方がクリックはされやすいだろう。しかし、後者は明らかに嘘の文言でユーザーを釣っており極めて悪質だ。


画像 キングソフトが当初提出していたバナー内容。問題視されている広告は、悪質な業者が勝手に差し替えたものだという

画像 バナー広告出稿の仕組み。通常は「アドネットワーク」と呼ばれるサービスに登録して配信を委託するが、中には勝手に広告内容を書き換えてクリック率を伸ばそうとする業者がいるとのこと

 キングソフト側に電話で取材したところ、現在はアドネットワーク側に修正の要望を出しており、一部の悪質な広告のうち、確認された範囲ですでに停止しているとのこと。しかし、アドネットワークの構造上、末端のサイトまで広告内容をチェックすることは不可能であるため、もしも不適切な広告を発見した場合はサイトの問い合わせフォームより連絡してほしいと呼びかけている。

 キングソフトでは今後もアドネットワーク側と連携をとりつつ、悪質な業者の摘発に努めていくとのこと。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた