ニュース
» 2014年03月06日 13時29分 公開

震災ドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」 やらせ報道受け制作者が謝罪やらせ発覚

災害ラジオ局の電波が届いておらず、実際にはラジオを聴いていなかった。

[ねとらぼ]

 東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町のラジオ局を舞台にしたドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」にやらせ演出があったとする朝日新聞の報道に対し、制作側が公式サイトFacebookページで謝罪している。

 震災直後に開局した臨時災害ラジオ局のスタッフと、そのラジオ放送で元気づけられる被災者たちを描いた内容になっているが、朝日新聞によると作中に登場する仮設住宅周辺は災害ラジオ局の電波が届いていなかったため、ラジカセを撮影班が用意し、ラジオではなく地元中学生の合唱のCDを聴かせ、実際の撮影中にラジオを聴く機会はなかったという。加えて、ラジオ局が町でイベントをする場面ではボランティアについて「(ラジオ局の)リーダーが東京から呼び寄せた」とのナレーションが入っているが、実際には制作側が集めたことを認めた。

 同町で被災した70代女性は制作側から「(ラジオを)いつも聴いている」「音がないと寂しい」などのセリフを強いられ、ラジオを聴くふりをしていたが、映画が評判になるにつれて罪悪感を覚えたと同紙の取材に答えている。

 映画を企画制作したのは大手広告会社・博報堂。神戸が出身で自らも阪神大震災で被災した経験があるという監督・梅村太郎氏は自身のFacebookで、「ドキュメンタリーとして許される範囲の『演出』として考えておりました。しかし、それがドキュメンタリーを逸脱したものだというご指摘は真摯に受け止めたいと思います」とコメント。「私たちはできることであれば、今後も、『映画で東北を知る支援』の活動を継続していきたいと願っています」と本映画の趣旨に理解を求めた。

画像

画像 「ガレキとラジオ」の公式Facebookページ

 また、映画のエグゼクティブプロデューサーである山国秀幸氏も「被災地支援を目的に製作した映画が、逆に被災者の方を傷つけてしまっているという事が事実であれば、それは一番あってはならないと考えています。まずは、映画に出演頂いた女性に心よりお詫び申し上げます。申し訳ございません」と謝罪した上で「報道や監督コメントにありました一部の演出の考え方につきまして、本映画のプロデューサーとしましても、それはドキュメンタリーを逸脱したものだと考えます」と述べている。

 本作でナレーションを担当した俳優の役所広司氏は公式ブログにおいて、復興支援という企画内容に賛同しボランティアで参加したという経緯とともに「真実の部分は多々あると思いますが、この『ヤラセ』の部分の演出を知っていて作品を完成させた制作側に、大きな責任があると思っています」と発言。さらに「そしてご遺族のご遺体が見つからない苦しみに加え、ドキュメンタリーでやってはならない演出で出演された女性の方に、新たな苦しみを与えてしまったこの映画は、今後二度と上映されるべきものではありません」と今後の厳しい対応を望んでいるようだ。

画像 役所広司氏の公式ブログ

 映画は2013年春から公開され、現在も市民らによる自主上映会が続いていたが、今回の騒動を受け制作側は、予定していたすべての上映の中止を要請している。また、新規の上映会の受付も中止し、公式サイト上での募集案内は削除した。しかし、さまざまな考えや事情により上映会を開催する場合には、上映前に観客へ今回の報道に対する監督や博報堂からのコメントを紹介するなど、映画に出演した女性に最大限配慮した対応を取るとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」