ニュース
» 2014年06月19日 18時00分 公開

ふくろうカフェでもっふもふしてきたよ! ん? これは天使かな?

オーナーさんが深い愛情をもって育てたふくろうたちの魅力にメロメロ。はぁーたまらん。

[高城歩,ねとらぼ]

 「ハリー・ポッターのテーマパークがオープンすることだし、私もそろそろヘドウィグみたいなふくろう飼わなきゃ」――そんな使命感にかられているマグル(普通の人間)の方もいらっしゃるのではないでしょうか。何を隠そう筆者もその1人です。でもいきなり猛禽(もうきん)類をペットにするなんてハードルが高い……。まずは触れ合うことから始めてみようじゃないかというわけで「ふくろうカフェ」におじゃましてきました。

 「ふくろうカフェ ふくろうの森」はJR東海道線平塚駅から徒歩3分ほどの場所にあります。昼12時に開店すると聞いて来たのですが、午前11時45分の時点ですでにお店の前には人の姿が。行列のできるふくろうカフェ……期待が高まります。

画像

 6月1日にオープンしたばかりの同店は清潔感のある白い壁、ぬくもりのある木のテーブルが並ぶ、明るい雰囲気のカフェ。コンセプトは女性の癒しの場ということで、やはり女性客が多いとのことですが、男性1人でふらりと来店するリピーターもいるそうですよ。お店に入ると、壁沿いにさまざまな種類のふくろうたちがずらりと待機していました。台の上にちょこんと乗って穏やかに私たちを出迎えてくれます。かわっ、かわええええ!

画像 目と目が合う〜

 はやる気持ちを抑えつつ、まずはテーブルでカフェの利用説明を受けましょう。ここでは1人1時間の入れ替え制となっており、1080円(税込)でワンドリンク、そして好きなふくろう1羽と5分間触れ合うことができます。この「触れ合う」とは腕や肩に乗せることを指しており、なでるだけならば何羽でもオーケー。しかし力強くなでたり、かわいいからといって同じ子をずっと触り続けたり、寝てるところを起こしたりしてはいけません。特にがっしりとホールドされるのを嫌がるそうなので注意しましょう。フラッシュをたかなければ写真撮影も可能です。

 手を消毒し、早速ふくろうと人生初の触れ合いをしてみたいと思います。店内には常時20羽ほどおり、どの子を選んで良いのか非常に迷います。そんな私に若い店長さんが「うちの人気ナンバーワンです!」と「つくしちゃん」(ウラルとモリフクロウの雑種)を紹介してくれました。つくしちゃんの大きくてつぶらなおめめ、丸っこいフォルム。天使かな。「失礼します……」と恐る恐る手を伸ばして触ってみると、頭の部分がたんぽぽの綿毛のようでふわっふわ。世の中にこんなに優しくて暖かくて柔らかいものがあるのかと幸福な気分になりました。これがナンバーワンアイドルの実力です。

画像 右から、つくしちゃん、のんちゃん、ももちゃん

 ほかにも、ナンベイヒナフクロウのマルルちゃんは茶色い羽根でまだあどけない表情。スピックスコノハズクのマーブルちゃんは手のひらにすっぽりおさまるサイズ感がたまりません。アフリカワシミミズクのサニーちゃんはキリッとした表情とピンと立った耳のような飾羽がクールです。ベンガルワシミミズクのトトちゃんも大らかな安心感があって……触ってみると極上のシルクのような肌触りです。お客さんに話をうかがうとリピーターにはそれぞれ「推しメン」がいるそうです。同じ種類のふくろうでも個体差がかなりはっきりしており、みんな違って、みんないい。筆者はどの子が1番か選べないので箱推し決定です。

画像 マーブルちゃん
画像 トトちゃん
画像 サニーちゃん

 みんな魅力的だなぁーと一通りもふもふを堪能していると、今日で2回目の来店になるという女性が肩にタオルをかけ、ヨーロッパコノハズクのきっぽちゃんを乗せていました。ちんまりと大人しく座っています。幸せそうな表情を浮かべる女性客の姿と相まって、ここが天国だ! という光景です。

画像 ちんまり

 ニヤケ顔で見守っていた筆者を気の毒に思ったのか、店長さんが「マッキーを腕に乗せてみます?」と提案。マッキーは男装の麗人のような凛々しさがあります。店長さんいわく「天海祐希タイプです(笑)」。なるほど、つくしちゃんのようなかわいい系からタカラジェンヌ系まで幅広い人材(ふくろう材?)がそろっているんですね。たまらん。

 さて、左手に革製のグローブを装着しました。マッキンダーワシミミズクのマッキーは爪が鋭いので、痛いんじゃないかなーと内心ドキドキしながら腕を差し出します。さぁ、来いマッキー……の、乗ったー! 脳内で「グリフィンドール!」という声が響き渡ります。最高の気分です。

 しかし、ずっしりとした重みに耐え切れず、まだ30秒ぐらいしか経っていないのに腕がピリッとしびれ出しました。5分間の触れ合いタイムは女性にはちょっときついかもしれません。鍛えて出直してきます。ちなみに1羽につき5分間なので、違う子を乗せてみたいという方は追加料金(3分コースと5分コース)で触れ合いができますよ。

画像 マッキー様降臨
画像 ふくろうの種類は違うけどハリー視点はこんな感じなのかな

 触れ合いを楽しんだ後、ゆっくりホットティーをいただきながらよくよく考えてみると、このカフェにいるふくろうたちはみな大人しく、とても人懐っこいことに気づかされます。筆者がふくろうなどの「猛禽(もうきん)類」に対して抱いていた、神経質で獰(どう)猛というイメージとは真逆です。それもそのはず、このカフェにいるふくろうたちはブリーダーであるオーナーが卵の状態から愛情をもって育て上げており、赤ちゃんのころからとても人に慣れているのです。どこからか仕入れてきたふくろうを店内に陳列しているコンセプトカフェが多い中、ブリーダー自らが開設しているカフェというのは全国的に見てもかなり珍しいケースなのだそうです。

 「この店にいる子たちは自分を人間だと思っている節がありますね。でも、犬猫みたいに自分からじゃれてくるタイプではなく、来るものは拒まず、人間がかまいたいときにかまえばいいので犬猫とは違った魅力がありますよ!」とうれしそうに話す店長さんの姿がふくろうたちへの深い愛情を物語ります。

画像 ユーラシアワシミミズクの雛とメンフクロウの雛。赤ちゃんですがとても人間に慣れています
画像 みなさん、触れ合いを楽しんでいました

 しかし、こうして触れ合っていると段々愛着がわいてきて「やっぱりウチでもふくろうを飼ってみたいなぁ」と心が動いてもおかしくはありません。私も今そんなテンションになっています。実はこのカフェ、猛禽類の繁殖・販売も行っています。オーナーさんが親身になって相談に乗ってくれますし、アフターフォロー万全です。これまでに3羽まとめて購入して帰った方もいらっしゃるとか。その気持ち、よく分かります。

画像 この寝顔、癒されないわけがない
画像 帰りたくなくなってきた

 そろそろ1時間。後ろ髪をひかれる思いでカフェを後にしようとしたところ、メンフクロウのココちゃんが出勤してきました。おなかがふっくら真っ白で本当にかわいらしい。うわー帰りたくねぇ……! また来ます!

画像 美人なココちゃん。また会いにくるからねっ

 ふくろうたちを思う存分なでなで、もふもふしつつ優雅にティータイムを楽しむことができる癒しの空間「ふくろうカフェ ふくろうの森」。店長さん、そしてオーナーのふくろうに対する愛情にあふれた温かいな雰囲気もまた魅力でした。たまには都会の喧騒(けんそう)を忘れ、まろやかな時間を過ごしてみては。会いに行けるアイドルふくろうたちがあなたを待っています。

  • 「ふくろうカフェ ふくろうの森」
  • 神奈川県平塚市宮の前8-3
  • 営業時間 昼12時〜午後7時

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」