ニュース
» 2014年09月03日 22時59分 公開

太宰治や夏目漱石からメッセージやスタンプが 青空文庫の作品をLINE風にするビューワー登場

読み込ませた青空文庫の作品が、作品の著者とLINEトークしているように表示されるサービス「文豪メッセンジャー」。

[ねとらぼ]

 電子書籍の無料配信サイト「青空文庫」の作品をLINEのトーク画面のように表示する無料ビューワー「文豪メッセンジャー」がWebで公開された。作品を読み込ませると、例えば「走れメロス」なら太宰治といったように、著者と自分がトークしているように本文がアレンジされる。

画像 太宰治「走れメロス」の場合。著者とLINEトークしているみたいに作品が表示される

 作ったのはみやおか(@miyaoka)さん。ビューワーは作品の著者名・タイトル名・本文を取得し、本文の「」内の文をLINEの会話風に、地の文をお知らせメッセージ風に表示する。「トーク」ボタンを押せばメッセージが1つずつ出てくるので、著者とトークを進めているような感覚で本文を読んでいこう。

画像 夏目漱石「こころ」だとこんな感じ。漱石の先生ぶりは胸にきます・・・

 トーク相手のプロフィールアイコンは、著者名で画像検索した上位10件からランダムに1枚があてられる。太宰治のアイコンから「私を殴れ。ちから一ぱいに頬を殴れ」とメッセージが出てくるなど、著者から知ったセリフが飛び出るのがおもしろい。ときどき作品のタイトルに関連する画像がスタンプのように出てくるのもユニークだ(5%の確率で、タイトル名で画像検索した最大100件からランダムで画像が表示されるようになっている)。

画像 スタンプは画像検索を元にしている。時折こうして見当違いのものが出てくるのも、返って醍醐味

 作品を読み込ませるには、サイト左上の本のマークをクリックし、青空文庫の作品ページのURLを入力すればOKだ。今後は仕様として、メッセージにふきだしのしっぽがついたり、あえて作品に関係ないゆるふわ系のスタンプが出てきたりするかもしれないそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる