ニュース
» 2014年10月27日 15時46分 公開

きっかけは「メルトの舞」――ボカロ×文楽「ボーカロイドオペラ葵上」制作陣が語る舞台裏DCEXPO

伝統芸能と最新技術が融合した「ボーカロイドオペラ葵上 with 文楽人形」の制作陣によるトークショーが行われた。

[松岡洋,ねとらぼ]

 日本科学未来館(東京都江東区)で開催されたDIGITAL CONTENT EXPO(10月23〜26日)において、「ボーカロイドオペラ葵上 with 文楽人形」の上映と制作陣によるトークショーが開催された。

 ボーカロイドオペラ葵上はボーカロイドの楽曲にあわせて文楽人形が演じて舞う、伝統芸能と最新技術が融合した映像作品。7月にイギリス・ロンドンの日本文化紹介イベント「ハイパージャパン」でプレミア上映された。トークショーでは、プレミア上映前に解説を行った三原龍太郎氏(オックスフォード大学大学院)が、文楽とボーカロイドの関わりや葵上の簡単な解説を行った。


世界ボーカロイド大会で上演された「メルトの舞」
ボカロと文楽の文化的な共通点「人間を真似るだけでなく、人間を超えた美や芸術表現を目指す」「命なきものに命を吹き込もうとする狂おしいまでの技術的研鑽(さん)」

 ボーカロイドオペラは、源氏物語の「葵」を元にした能の「葵上」(2次創作)をさらに現代劇に翻案した3次創作となっている。光源氏がボカロP、葵がボカロPによって見出された歌手アオイ、六条御息所がかつてボカロPが使用していたボーカロイドのミドリ、という設定だ。

 新作アルバムレコーディングの日にアオイが失踪し、発見された病院にアオイのマネージャーが駆けつける。失踪の鍵となっていたのは、かつてボカロPが作曲したミドリの歌だった――というストーリー。

 上映後のトークショーでは、作詞作曲の田廻弘志氏、プロデューサーの田廻明子氏、映像ディレクターの加納真氏、映像撮影の田巻源太氏が登壇し、ボーカロイドオペラ制作の舞台裏を紹介した。

田廻弘志氏(左) 田廻明子氏(右)
加納真氏(左) 田巻源太氏(右)

 当初、田廻弘志氏は能「葵上」を翻案して曲を作ったものの、映像制作の予定はなかった。しかし昨年開催された世界ボーカロイド大会で、人形浄瑠璃の人形遣い・吉田幸助氏らが文楽人形でボカロ曲を舞った「メルトの舞」を体験したことから、文楽人形での映像制作を思い立ち、ボーカロイドオペラ制作チームを結成した。

 文楽人形の動きは独特に誇張されており、たとえば歌舞伎の見得や六方などはもともと文楽人形の動きが取り入れられたもの。その上でボーカロイドオペラを文楽人形で表現するのは人形遣いの吉田氏にとっても前代未聞の挑戦。このため、舞台上での人形の動きを模式化した動画を田廻弘志氏が作成し、さらに撮影現場でもそのつど曲の解釈を行ったという。

 文楽人形の衣装や髪型はプロデューサーの田廻明子氏によると、現代劇でありながら元となった源氏物語の時代を表現したとのことだ。

AHSの尾形友秀社長

 歌声ライブラリー「猫村いろは」「結月ゆかり」で協力したAHSの尾形友秀社長も会場に駆けつけた。2020年の東京オリンピックに、日本の伝統文化の文楽と現代文化のボーカロイドの2つで開会式などを飾ることができたら、と抱負を語った。


「ボーカロイドオペラ葵上 with 文楽人形」の今後の上映予定

  • 11月29日 静岡県掛川市 大日本報徳社大講堂
  • 11月22日〜12月5日 愛知県名古屋市 シネマスコーレ

※ボーカロイドはYAMAHAの登録商標です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」