メディア
ニュース
» 2014年12月09日 06時00分 公開

気分はレーサー!? レーシングカーみたいなチェアがカッコいい

なぜかシートベルトつき。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 車好きやレーシングゲームファンにはうれしいデザインのオフィスチェア「Bauhutte Vシリーズ」がインテリアブランド バウヒュッテからこのほど発売されました。

 3モデルが登場していますが、中でも「RS-350R HOCKENHEIM RINGER [ホッケンハイム・リンカー]」には、本来ならオフィスチェアに必要ないはずのハーネス(シートベルト)がついているのが特徴的です。仕事のやる気が出ない日だって、ハーネスをしめれば、まるでレース直前のレーサーの気分になって気合いが入りそう! 価格は2万8000円(税別)。

RS-350R HOCKENHEIM RINGER [ホッケンハイム・リンカー]

 ほかにも、レーシングストライプをデザインに取り入れた「Bauhutte GT-1000 MID-OHIO SHADOW [ミッドオハイオ・シャドウ]」「Bauhutte GT-1100 TALLADEGA SUN [タラテガ・サン]」を展開しており、それぞれ価格は2万4000円となっています。

レースで車体を識別するために用いられたストライプを取り入れた「Bauhutte GT-1000 MID-OHIO SHADOW [ミッドオハイオ・シャドウ]」

 お気づきの方もいるかもしれませんが、各製品のペットネームは、世界の有名なサーキット名となっています。このチェアに座って仕事をすれば、どんな案件も猛スピードでこなせちゃうかも!?

姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.