ニュース
» 2015年03月30日 16時53分 公開

頭上からいろんなモノが落ちてくる恐怖! 手作り感満載のお化け屋敷居酒屋「赤羽霊園」へ行ってきた

「お化け屋敷居酒屋 赤羽霊園」は、高校の文化祭のお化け屋敷を思わせる手作り感あふれるお店。シンプルで原始的な仕掛けにビックリさせられる。

[姫野ケイ,ねとらぼ]

 漫画家の清野とおる先生が東京・赤羽で出会ったユニークな人物を描いた漫画「ウヒョッ!東京都北区赤羽」(双葉社)が人気だ。同作をモチーフとしたドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」が放送されたこともあり、今、空前の赤羽ブームが来ている。

 赤羽には一風変わった居酒屋が多い。今回は「お化け屋敷居酒屋 赤羽霊園」を訪れてみた。もう、外観からして怪しい臭いがプンプンする。高校の文化祭のお化け屋敷のような手作り感があふれている。看板には「天空より生首落下、君は耐えられるか!」「座敷牢完備・妖怪料理有り!」の文字が。どこから突っ込んでいいのか分からないし、妖怪料理とはどんな料理だろうか……。

昼に撮影した「お化け屋敷居酒屋 赤羽霊園」
不気味と言えば不気味だけど、昼だからまだ大丈夫(?)

 再び夜に訪れ、撮影した写真がこちら。暗闇に浮かび上がるジェイソンのお面や着物を着た幽霊が、昼よりも怪しさを醸し出している。

夜の「お化け屋敷居酒屋 赤羽霊園」

 怖いのが苦手な筆者。1人で行くと夜眠れなくなりそうなので、ライター仲間と行くことにした。小さめの扉を開けていざ入店。マスターの高橋さん(「高」は本来ははしごだか)が出迎えてくれた。

お客が入ると、マスターが持っている宇宙人(?)の人形が動いて鈴の音が鳴る仕組みになっている

 店内は赤く薄暗い照明で不気味だ。壁にはびっしりと、400個以上のしゃれこうべが取り付けられている。なんとこのしゃれこうべ、型に新聞紙を溶かしたものを入れ、マスターが1つ1つ手作業で作ったもの。1つのしゃれこうべが完成するまで1週間かかるという。なんという気の遠くなる作業!

ソファ席20席とカウンター席4席がある
マスター手作りのしゃれこうべ

 壁や天井にはガイコツや髪の毛、クモなどがぶら下がっている。これらが、後にとんでもない恐怖体験を仕掛けてくるとは、このときは知る由もなかった。

 席に着いたらさっそくメニューの注文を。ドリンクは飲み放題メニューのみ。男性2500円、女性2000円で、なんともリーズナブルな価格。おまけにカラオケの値段まで入っているので歌い放題でもある。

 1杯目はレモンサワーを注文。乾き物は仏具に盛られて出てきた。

 フードは、何やら怪しいメニュー名がずらり。メニューは卒塔婆に書かれている。下の段の右から3番目のメニューが非常に気になる。「ポコ○ンが一番人気のメニューだよ」と、マスター。これは頼むしかない。

「ポコ○ン」……気になる……

 出てきた「ポコ○ン」は……まんまだ、もう、そのまんまだ。気になっている女性を連れてきて、うっかりこのメニューを頼むと、早々と恋が散ってしまいそう。

「ポコ○ン」(クリックするとモザイクが外れます)
同行してくれたライター仲間・イケダオソトさんといただきます(クリックするとモザイクが外れます)
「目玉親父」はかわいらしい目玉焼き
「釜茹で地獄」は熱々のおでん。フードは全て500円

 料理に舌鼓を打っていたところ、突然何かが頭上に降ってきて、思わず「キャーッ!」と悲鳴を上げてしまった。そう、頭上にぶら下がっている髪の毛が落ちてきたのだった。実は、厨房には何十本ものひもがぶら下がっており、そのひもが客席の頭上にある仕掛けにつながっている。マスターがひもを引っ張ると仕掛けが落ちてくるという、なんともシンプルで原始的な仕組みになっている。固い素材のものが落ちてくる仕掛けは頭上で止まり、ケガをする心配はないのでご安心を。筆者の悲鳴を聞いたマスターは「いい声出すねぇ〜」とニヤリ。マスター、人が悪いですよ……?

 午後8時頃、団体のお客さんが入店。この日は送別会だというが、なぜ、送別会にこの店を選んだのが若干疑問だ。この団体客も席について一息ついた頃、壁の絵が落ちてきてパニックに。客が仕掛けに驚いて悲鳴を上げるたび、うれしそうにニヤニヤと笑うマスター。仕掛けは忘れた頃や、話に夢中になって油断しているときに落ちてくる。

仕掛けに驚いた後は、みんな決まって笑う

 マスターの高橋さんがこの店を開いて、もう24年になる。その前は、この場所でテレクラを営業していたという高橋さん。条例が変わって営業ができなくなり、店をどうしようか悩んでいたある日、後楽園遊園地のお化け屋敷を訪れて「赤羽にこういうお化け屋敷のような飲み屋があるといいな」とひらめいたそうだ。そこで、テレクラを自らの手で改装し、仕掛けを手作りして、この内装に仕上げた。1つの仕掛けを作るのに、約2時間かかる。

 しかし、この店に通い詰めると、慣れて驚かなくなってしまうのではないだろうか。この問いには「たまに模様替えするのよ。今は冬バージョンだけど、夏は夏らしく模様替えするの」と答えてくれた。

 カラオケ居酒屋でもあるので、カウンターに座っている男性が歌い始めた。筆者もタンバリンで盛り上げてみることにした。気持ち良く歌っている最中でも、容赦なく頭上から落下してくる。

カラオケで歌い出した人を盛り上げる
筆者も歌ってみた。選曲は、中島みゆきさんで「ファイト!」。しかし歌っている最中にも……

 飲んで歌って驚けるお化け屋敷居酒屋と、ちょっぴりSっ気のあるマスターは赤羽にとても似合う。今、赤羽ブームだが、それはおそらく一過性のものに過ぎないだろう。しかし、マスターはブームであろうとなかろうと、これからも客を驚かせ、そして楽しませてくれるはずだ。

店鋪情報

住所:東京都北区赤羽1-35-8

営業時間:午後7時〜午前2時

定休日:日曜日


姫野ケイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」