Special
» 2015年03月31日 13時45分 公開

ARROWSを生後4カ月の乳幼児に与えてみたら驚きの結果が【PR】

よだれで撮影できる機能も判明。

[ねとらぼ]
PR



 子どもを抱きながらついスマートフォンを見てしまう。心当たりのある親も多いのではないだろうか? 子育てや料理の参考にサイトを検索したり、パートナーや両親、友人との連絡、子どもの成長を写真や動画で記録したり、時には息抜きにTwitterやFacebookなどSNSを眺めたりと、スマホを利用するシーンはなにかと多い。しかし、うっかり夢中になりすぎて子どもが泣いていても放置してしまう親が問題になることもある。



ARROWS 親子に限らず、一緒にいるのにスマホに夢中なんてシーンよくありますね


 今の子どもたちは産まれたそのときにはすでにネットが当たり前に利用でき、スマホが日常として存在している。物心つく時には親が利用している姿を見ており、それがどういうものなのかをなんとなく理解していたりもする。

 すでに生活になくてはならない存在としてあるのであれば、正しく活用したい。そんな時、ARROWSがあるではないか。



ARROWS ARROWSがあった。子どもの成長とともに歩む、それがARROWS!


 協力してもらったのは昨年11月に産まれたばかりの、生後4カ月を迎えた編集長の愛娘。ようやく首も座ってそろそろ寝返りの練習を始めたぷにょぷにょしたかわいい乳幼児だ。爆誕記事が勝手に掲載されたため、乗り気じゃなかったが説き伏せた。

 さっそくARROWSをあてがってみる。今回使用したのはdocomoの「ARROWS NX」。

 いつも両親が持っているスマホに似ているので興味を持ったもよう。スマホをぎゅっとつかむ指がプリティだ! ただ、5秒後には投げ捨てた。子どもの興味は移ろいやすい……。



ARROWS なにこれ? なにこれ?


ARROWS いらん(ぶん!)


ARROWS 生後4カ月が投げても大丈夫


 「ARROWS NX」は約166グラムと4カ月の乳幼児にはちょっと重いので、うつぶせ状態で床に置いてみて反応を見てみることにした。突然の頭突きに注意しつつ、そっと眼前にスライドしてみる。



ARROWS そっ


 すると画面をタップ(偶然手を置いた)! さすがデジタルネイティブである。すでに使い方をマスターしたようだ。ホーム画面では羊のコンシェルジュが動いているのを目で追っているような気もするが、何打目かで偶然カメラアイコンを触ったらしくカメラが起動していた。ぜひこのまま自撮りしてほしい。



ARROWS


 しかしさすが思い通りにはいかないレリゴーな生後4カ月。ただただディスプレイにはよだれが滴り落ちていく。だが、安心! 「ARROWS NX」は防水防塵なので大量のよだれにも対応している。よだれの海に沈んでも平気なのだ。



ARROWS


 ここで奇跡が。なんとよだれにシャッターが反応。撮影できたシャッター音が部屋に鳴り響く。「ARROWS NX」はよだれでも利用できることが分かった。

 口からつながるよだれが5.2インチWQHDディスプレイに触れた瞬間、撮影できたのだから仕方がない。そんなミラクルを起こした生後4カ月の初めての自撮りがこちら。



ARROWS だらー(パシャ)


ARROWS 自由気ままに生えた髪の毛がキュート


 2070万画素のカメラをいかんなく発揮した自撮り写真には、わがままヘアーと天井の白さとライトの映り込みがバランスよく配置されている芸術作品へと昇華していた。



ARROWS びちゃー


ARROWS ARROWSはおいしいことも分かった(はむー)


 当然、疑問を持つ読者もいるだろう。ARROWSじゃなくてもいいのではないかと。せっかくなので子どもに好まれるスマホはどれなのか試してみた。再び生後4カ月に協力してもらい、ARROWSとiPhoneのどっちを選ぶのかを検証してみた。

 手にとった(興味をもった)方が勝ちという単純かつ誰しもが納得できる合理的な決着方法である。左右の手が届きそうな場所に置いてみて興味を持った方に軍配が上がる。



ARROWS 厳正なる検証


 しばらく様子見をしていると、なにやらARROWSがある向かって左側へ腰を浮かし左足を移動させはじめた。



ARROWS ん?


 そのまま勢いよくごろん!



ARROWS あれ?


 寝返り打ったぁぁぁぁ!!! 初めて寝返ったぁぁぁぁ! 編集長大喜びである。



ARROWS できたぁ!


ARROWS 寝返りできたぁ!!


 その後、頭の位置にある物体が邪魔だった気に入ったのか、ぐずったので元に戻ってもらった。えらい子。



ARROWS マーキングは忘れない



結論:ARROWSで寝返りできた




 異論もあると思うのでARROWSとiPhoneの位置を変更してみた。



ARROWS 位置を変えてみた


ARROWS あれ?


ARROWS き、貴様、寝返ったなぁぁぁ!


 なるほど、寝返りが得意な向きがあることが分かった。

 ありがとうARROWS!





提供:富士通株式会社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ編集部/掲載内容有効期限:2015年3月31日