ニュース
» 2015年04月16日 15時48分 公開

一年中花見ができる……だと? 重イオンビームで作られた四季咲きの桜「仁科乙女」

四季咲きの桜が開発された背景には、素直に喜べない現実が……。

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 今年も早いもので4月も半ばになりました。いつの間にか桜の花が散り、葉桜になりつつあります。花見を楽しんだ人も、この機会を逃した人も、名残惜しいことでしょう。

 ところで皆さん、知っていましたか? 1年中花開く桜があることを! その名も「仁科乙女(にしなおとめ)」。


画像 「仁科乙女」

 理化学研究所によると、「仁科乙女」とは「『山形13系敬翁(けいおう)桜』に重イオンビームを照射して突然変異を誘発させて作り出したもの」……えっ? 重イオンビーム? 作り出した? 実は、「仁科乙女」は、理化学研究所とJFC石井農場による共同開発によって品種改良された桜なのだそうです。

 一般的な桜は、夏につくられた花芽が秋に一度休眠します。そこから再び花を咲かせるためには、冬の寒さによって休眠を打破する必要があります。ところがこの「仁科乙女」は休眠打破に冬の低温を必要としません。つまり低温にさらされなくても花を咲かせることができるのです。野外栽培では4月〜7月、9月〜11月の二季咲きですが、温室栽培にすると個体ごとにさまざまな時期に開花し、連続して花を咲かせることができるようなのです。これぞ「四季咲き」。

 桜というと4月に上旬に咲くソメイヨシノが一般的なために、“桜=ソメイヨシノ”と思いがちですが、実は桜の種類は300以上もあるんだそうです! 花の色もピンクだけではありません。「白妙(しろたえ)」は純白の花びら。黄緑色のラインの入った小ぶりな花を咲かせる「御衣黄(ギョイコウ)」、沖縄で寒い時期から花を咲かせる「寒緋桜(カンヒザクラ)」は濃紅色とさまざまです。


画像 「御衣黄」を品種改良し、黄緑色の花を咲かせる「仁科蔵王(にしなざおう)」。黄緑色でも桜です

 理化学研究所の素晴らしい研究成果によって、年中桜を見られて、いつでも花見ができて、お酒が飲める! しかしなぜ、四季咲きの桜を開発する必要があったのでしょうか? その理由を知ると、単純に喜んでいられない事実が潜んでいました。

 九州地方や山形県では、1990年代から桜の花の数が減少しているとのこと。これには近年の地球温暖化が関係しており、昔に比べると徐々に日本の四季の変化が小さくなっていることが原因のようです。つまり、このままでは冬の寒さが弱まって、桜が咲かなくなる時代がやってくる可能性があるのです。そこで作り出された「仁科乙女」は、四季の変化が乏しくなっても花の数が変わらないように改良されているのです。

 四季それぞれの気候によって日本の文化や自然は育まれてきました。研究者の努力によって、季節にかかわらず桜が咲くのはすごいことですが、一方で、地球温暖化などによって季節の変化がなくなってしまうことは問題です。「仁科乙女」によって年中花見ができるのはうれしいですが、四季の移り変わりがなくならないような努力も必要ですね。


(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10