ニュース
» 2015年04月19日 21時40分 公開

多摩動物公園の飼育係が人生相談 動物と向き合ったからこその軽妙な回答が人気

4月19日、飼育の日にあわせてTwitterで展開されました。

[ねとらぼ]

 「大好きだった元彼と別れて2年経つのですが、まだ忘れられません。どうしたらいいですか?」「女子にモテたい!!!」――多摩動物公園(東京都日野市)の公式Twitterが、利用者から寄せられた質問(相談)に対する“飼育係の回答”を披露し、評判になっていました。

画像 動物園Twitter

 同園では4月19日、「飼育(419)の日」にちなんだ複数のイベントを実施。その1つに一般募集した質問に飼育係が回答&展示する「飼育係とつながる掲示板」があり、Twitterにも一部を掲載していました。

 質問内容は、冒頭のように動物の生態から恋愛相談までさまざま。それらに飼育係が真摯に時にはユーモアを交えて回答していくのですが、やはり独自の視点があって興味深いです。例えば、先の「元彼を忘れられない件」(17歳・女)については、実際にあったニホンイヌワシ飼育例から「連絡もとれないくらい離れてみること」を提案。「女子にモテたい!!!」(15歳・男)には、チンパンジーのオスがモテる法則「(ただ力が強いだけではなく)周囲に気を配り、メスへの毛づくろいを忘れず、突然現れたおそろしいものにも勇敢に立ち向かう」を参考に振る舞ってはどうかとアドバイスしていました。


画像 昨年の展示の様子

 もちろん、「動物園のライオンは野生のライオンと違って大人しいのか」「虫が苦手でも飼育係になれる?」「家で飼っているネコが食べちゃいたいくらいかかわいくて困っている」など飼育関連の質問にも回答しています。現地(ウォッチングセンター内エントランス)では、こうしたやりとりの全てに加え、自分たちが日常考えていることや動物への想い、仕事風景などを4月29日まで展示しているので “飼育係の生態”を知りたい方は訪れてみてはいかがでしょうか。

主な回答

一部文字起こし

――大好きだった元彼と別れて2年経つのですが、まだ忘れられません。どうしたらいいですか? (17歳・女)

 別れとはいつ何度くりかえしても辛いものですよね。動物園の動物たちも種によってペアの絆が強いものがいますが、様々な事情によってペアを解消させることがあります。ここでニホンイヌワシのペアの例を。

 ニホンイヌワシもペアの絆が強いとされる動物の1つですが、10年以上連れそったペアのオスが高齢化してしまったため、やむをえずペアを解消したことがありました。その後、まだ元気なメスにペア相手を新しく与えても、長年うまくいきませんでした。そこで、元ペアのオスはメスとわけたとはいえ、まだ近くにいたため、そのオスを声もきこえない姿も見えない場所にうつしたところ、なんとその当日からメスは新しいペア相手とうまくいくようになりました。もしあなたが元彼さんを忘れたいのならば、イヌワシのように連絡もとれないくらい離れてみるのも手かもしれません。 (縁起のいい動物)担当より

――女子にモテたい!!! (15歳・男)

 異性にモテたいというのは、生物としてとても大切な欲求ですよね。では、人に最も近い動物、チンパンジーを参考にしてみましょう。チンパンジーのオスは、ただ体が大きいだけ、ただ力が強いだけでは、メスにはモテません。群れの秩序を守るために周囲に気を配り、メスへの毛づくろいも忘れず、突然あらわれたおそろしいもの(ヘビとか)にも勇敢に立ち向かう……そんなオスが信頼されるのです。あなたも、このチンパンジーのオスのように振る舞えば、女子にモテる日もそう遠くない……かもしれません。 (人に近い動物)担当より

――動物園にいるライオンは野生のライオンとちがっておとなしいですか? 回答よろしくお願いします。ガオー (11歳・女)

 野生のライオンとちがい、あるていど人間に慣れているため、おとなしいかもしれませんが、野生のライオンも無意味に人をおそうような凶暴な動物ではありません。でも、同じ空間に入れと言われたら……全力で拒否させていただきまーす。ガオー (ライオン)担当より

――コアラさんはどうやってウンチするのですか? (3歳・女)

 さっそく、コアラを担当されたことのある2人の飼育係に聞いてみました!! Aさん「ふん!! ってふんばってするんだよ」 Bさん「ふんばっているようには見えなかったよ」 → 結局、よくわかりませんでした。ごめんね…… (人に近い動物)担当より

――家でかっているネコがかわいくて仕方ありません。どうしたらいいですか 食べちゃいたいくらいかわいくて困ってます (26歳・女)

 食べちゃってください!!(笑) 私はわが家のネコをスキあらばはむはむしています。シャー!! と言われ、ネコパンチをくらいますけどね……(TOT) 完全な片想いですが、気にしていません!! (モウコノウマ)担当より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/16/news008.jpg 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  2. /nl/articles/2110/15/news148.jpg 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  3. /nl/articles/2110/16/news042.jpg 木村カエラ&永山瑛太、仲睦まじい美術館デートに反響 「素敵!」「ご夫婦で行かれたのですね」とファンほっこり
  4. /nl/articles/2110/16/news014.jpg “いけにえ”に出された娘が望むのは…… かわいそうな話からの強火すぎる漫画に「このヒロイン大好き」「いいぞもっとやれ」
  5. /nl/articles/2110/15/news028.jpg 【漫画】好きでもないケーキを毎週買いに来るおじさん客、いら立ったバイトが“イジワル”をしかけると…… すれ違いから始まる交流に涙
  6. /nl/articles/2110/16/news040.jpg 浜田雅功&小川菜摘、32回目の結婚記念日に仲よし夫婦ショット 息子からの祝福&プレゼントに笑顔で「嬉しい〜!」
  7. /nl/articles/2106/06/news011.jpg 号泣する2歳児に黒猫が寄り添うと…… 子どもをあやしてくれる兄のような猫ちゃんにほっこり
  8. /nl/articles/2110/15/news145.jpg 仲里依紗、運転免許証も鮮やかなブルーの髪色で 派手さマシマシの写真公開し「2026年までこれか〜」
  9. /nl/articles/2006/13/news011.jpg 王子が一目ぼれしたガラスの靴の少女、その正体は……? 童話みたいにいかないラブコメ漫画に「続きが気になる」の声
  10. /nl/articles/2110/16/news017.jpg よくある「パワータイプの弟と頭脳タイプの兄」……と思ったら? 全部盛りな兄とかわいいだけの弟の漫画がギャップ萌えのような何か

先週の総合アクセスTOP10