ニュース
» 2015年05月11日 13時09分 UPDATE

空飛ぶ車「AeroMobil」試作機、テスト飛行中に予想外の事態で不時着

パイロットはパラシュートシステムを起動させて無事着陸。

[ねとらぼ]

 スロバキアの企業AeroMobilが開発している空飛ぶ車「AeroMobil 3.0」の試作機が、5月8日のテスト飛行中に不時着する事態が発生しました。

ah_aero01.jpg AeroMobil 3.0
ah_aero03.jpg 地元メディアの記事

 テスト飛行中に高度300メートルで予想外の事態が発生したため、発明者でテストパイロットのStefan Klein氏がパラシュートシステムを起動させたと同社は説明しています。パイロットは無事に着陸。地元メディアの記事では損傷を受けた機体の写真が見られます。

 AeroMobilはテスト結果を分析して開発や改善に生かしていくとしています。試作機は損傷したパーツを交換して開発よテストを継続するとのこと。同社は「新たな車両の開発、特に試作機の段階において、テストでは予想外の事態が当然起こり得るもの」として、今回得たデータを活用して改善を施し、次のテスト飛行に臨むとしています。

 AeroMobilは1990年代から空飛ぶ車の開発を進め、AeroMobil 3.0は昨年秋に「Pioneers Festival 2014」で披露(関連記事)。各種の航空電子機器や自動操縦システム、パラシュートシステムなどを搭載しています。

ah_aero02.jpg

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.