ニュース
» 2015年08月19日 22時00分 公開

【閲覧注意】サクサクポリポリ カンボジアで「虫料理」をおいしく食べてみた

スナック感覚の食感でした。

[中川康雄,ねとらぼ]

 近年、日本でもちょっとしたブームのようになっている「虫食」ですが、他のアジア地域などでは、昔からそして今でも、日常的に虫が食べられています。この古くて新しい食材「虫」を、カンボジアのシェムリアップという街で食べてみました。そのレポートをお送りします。

 けれども、カンボジアの道端の露店などで売られている虫は、日本人にとってはちょっと抵抗があるもの。特に露店では、虫に限らず食中毒になる旅行者もいます。そのため、今回は衛生的な虫食レストランに行くことに。

 そのレストランとは、フランス人オーナーが経営している虫食専門店「バグズ・カフェ」。

虫料理に挑戦

バグズカフェ

 こちらのお店で使われているのは、オーナー自ら厳選したお墨付きの虫たち。レシピもオーナーが考案したもので、有名ホテル出身のシェフによって調理されます。安全においしく虫をいただくことができるというわけなのです。まさに虫食初心者にうってつけのお店。

 選んだのは、一度に多くの種類の虫が楽しめる「Mixed insects」。味付けは「HOT」(辛い)で注文しました。値段は6.5ドル(約800円)。現地の物価からすると少し高めです。

 運ばれてきた料理は、野菜と一緒にたくさんの虫たちが炒められています。

 まず目に飛び込んでくるのは、真っ白なライスの上に添えられているコオロギの揚げ物。そして、右側にはタガメにタランチュラという大物が。その背後には、サソリと無数のカイコのサナギとコオロギたちがわんさかと盛りつけられています。

 味の方は、なんと説明すればいいのでしょうか。例えば牛肉を食べたことのない人に牛肉の味を説明するのは難しいと思うのですが、これまでに食べたことのない、「虫の味」とかしか言いようがないもの。中にはほとんど無味のものもあります。けれども、チリソースであえてあるので、私たちの知っている既存の料理の延長線上で食べることができます。でもライスとはちょっと合いませんでした。

 食感はどれも基本的にスナック感覚に近く、コオロギなどはサクサクいけます。これはビールに合いそう。あと、意外とおいしかったのがサソリ。クセがなくポリポリいけて、何だか元気が出るような気もしました。あまりイケてなかったのはタガメ。まずくはないですが、皮が厚くてなかなかかみ切れず、食べにくかったです。

虫が未来の食料難を救う!?

 虫食はこれからの食料資源として有力株と言われています。30〜40年後には主食となる可能性があるほど。実は栄養価がとても高く、タンパク質や良質の脂肪を多く含み、カルシウム、鉄分、亜鉛の量が豊富だと国際連合食糧農業機関(FAO)の報告書にもあります。

 同機関は2013年5月に、「近い未来の食糧危機を虫食が救う」と発表しています(関連記事)。その理由は、「虫はどこにでも生息し、すぐに増殖するため環境への負荷も少ない」ため。

 もともとアジア地域で多くみられた食虫文化。昆虫は貴重なタンパク源として重宝されてきた長い歴史を持ちます。日本でもイナゴの佃煮やハチノコの甘露煮など、伝統的に親しまれてきた料理もありますね。

 意外と身近にもあるこの未来の主食「虫」。現代日本に住む私たちにとっては、「食」の次のパラダイムにあるのは確かなのでしょうが、キャズム越えを果たして一般化するためにはもう少し時間がかかりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」