ニュース
» 2015年08月19日 22時00分 公開

【閲覧注意】サクサクポリポリ カンボジアで「虫料理」をおいしく食べてみた

スナック感覚の食感でした。

[中川康雄,ねとらぼ]

 近年、日本でもちょっとしたブームのようになっている「虫食」ですが、他のアジア地域などでは、昔からそして今でも、日常的に虫が食べられています。この古くて新しい食材「虫」を、カンボジアのシェムリアップという街で食べてみました。そのレポートをお送りします。

 けれども、カンボジアの道端の露店などで売られている虫は、日本人にとってはちょっと抵抗があるもの。特に露店では、虫に限らず食中毒になる旅行者もいます。そのため、今回は衛生的な虫食レストランに行くことに。

 そのレストランとは、フランス人オーナーが経営している虫食専門店「バグズ・カフェ」。

虫料理に挑戦

バグズカフェ

 こちらのお店で使われているのは、オーナー自ら厳選したお墨付きの虫たち。レシピもオーナーが考案したもので、有名ホテル出身のシェフによって調理されます。安全においしく虫をいただくことができるというわけなのです。まさに虫食初心者にうってつけのお店。

 選んだのは、一度に多くの種類の虫が楽しめる「Mixed insects」。味付けは「HOT」(辛い)で注文しました。値段は6.5ドル(約800円)。現地の物価からすると少し高めです。

 運ばれてきた料理は、野菜と一緒にたくさんの虫たちが炒められています。

 まず目に飛び込んでくるのは、真っ白なライスの上に添えられているコオロギの揚げ物。そして、右側にはタガメにタランチュラという大物が。その背後には、サソリと無数のカイコのサナギとコオロギたちがわんさかと盛りつけられています。

 味の方は、なんと説明すればいいのでしょうか。例えば牛肉を食べたことのない人に牛肉の味を説明するのは難しいと思うのですが、これまでに食べたことのない、「虫の味」とかしか言いようがないもの。中にはほとんど無味のものもあります。けれども、チリソースであえてあるので、私たちの知っている既存の料理の延長線上で食べることができます。でもライスとはちょっと合いませんでした。

 食感はどれも基本的にスナック感覚に近く、コオロギなどはサクサクいけます。これはビールに合いそう。あと、意外とおいしかったのがサソリ。クセがなくポリポリいけて、何だか元気が出るような気もしました。あまりイケてなかったのはタガメ。まずくはないですが、皮が厚くてなかなかかみ切れず、食べにくかったです。

虫が未来の食料難を救う!?

 虫食はこれからの食料資源として有力株と言われています。30〜40年後には主食となる可能性があるほど。実は栄養価がとても高く、タンパク質や良質の脂肪を多く含み、カルシウム、鉄分、亜鉛の量が豊富だと国際連合食糧農業機関(FAO)の報告書にもあります。

 同機関は2013年5月に、「近い未来の食糧危機を虫食が救う」と発表しています(関連記事)。その理由は、「虫はどこにでも生息し、すぐに増殖するため環境への負荷も少ない」ため。

 もともとアジア地域で多くみられた食虫文化。昆虫は貴重なタンパク源として重宝されてきた長い歴史を持ちます。日本でもイナゴの佃煮やハチノコの甘露煮など、伝統的に親しまれてきた料理もありますね。

 意外と身近にもあるこの未来の主食「虫」。現代日本に住む私たちにとっては、「食」の次のパラダイムにあるのは確かなのでしょうが、キャズム越えを果たして一般化するためにはもう少し時間がかかりそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」