コスプレ費用は年間36万! 慶應大学院には自らコスプレしながら「オタク文化」を教える准教授がいる

コスプレは「図書・資料費/消耗品費」に分類される。

» 2015年09月01日 21時56分 公開
[太田智美ねとらぼ]

 8月29〜30日に開催された「第54回日本SF大会 米魂(こめこん)」の中で、「『オタク』に関する高等教育(海外編)」というプログラムがあった。そこで話したのは慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の准教授、杉浦一徳氏。杉浦氏は「オタク文化」の講義を受け持ち、自らコスプレし授業を行っている。


画像

画像 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 准教授 杉浦一徳氏

 なぜコスプレで授業をするのか。杉浦氏はその理由をこう話す――「『オタク』を意識した講義は他の高等教育機関においても多数存在する。しかしぼくは、わざわざ大学院にまで来ている学生に対して、授業のコンテンツ自体を売りものにしようとは思っていない。今はネットを探ればそんなものはいくらでもある。『何かを上から教える』、そうではなくて、下から目線で接する。『下から目線』というのは、例えば『一方的に教える人』ではなく、自分が『実際にやってる人』であること。だから自分自身もコスプレして講義する」(杉浦氏)。


画像 授業前の教室風景。始まる30分前から準備に取り掛かるという

 杉浦氏が2011年度に授業のために使った衣装代は36万6000円(クリーニング代含む)。講義資料といえど、これらの衣装代は全て杉浦氏のポケットマネーから出ている。このままでは生活が破たんしてしまうことに気付いた杉浦氏は、あるアイデアを思い付いた。――「買うと高いなら作ればいい」。


画像

画像

 こうして、ミシンをはじめとする裁縫道具が研究室に取り揃えられた。作戦は成功。これまでの費用よりぐっと抑えられた。しかし問題があった。講義の資料に加えて採寸や衣装制作に膨大な時間を消費することになった。


画像 もくもくと衣装作りに励む杉浦氏

 そこで応募したのが、企業などの協力により基金を設置しその資金をもとに優秀な講師を迎えて講義をするという「未来先導チェアシップ講座」。これに採択されれば、運営資金としての援助が受けられる。その助成対象として「図書・資料費/消耗品費(備品不可)・印刷物刊行費」があることに杉浦氏は気付いてしまったのだ。そう、「図書・資料費/消耗品費(備品不可)・印刷物刊行費」といえば、アレが対象になる。コスチュームは「図書・資料費/消耗品費」に分類されるのだ。


画像 「図書・資料費/消耗品費(備品不可)・印刷物刊行費」といえば……ででーん!

画像

画像

 採択された杉浦氏は無事に新規衣装を導入し、その功績が認められ2年連続援助を受けることとなった。


画像

画像

画像

画像

画像

 そしてもう1つ、興味深い話があった。授業と言えば必ず付いてくるのが「成績」。「オタク文化」の講義にももちろん成績が付けられる。

 成績の付け方は、主にチケット制。授業中、積極的に発言すると最大5ポイント分のチケットが渡される。さらにレポートの提出で最大3ポイントGET。レポートは2時間遅れるごとに1ポイントずつ減り、課題提出遅延における言い訳を何もしなければマイナス4ポイントされる。しかし、「最新アニメ事情を録画からサーベイしていた」「ドラフト(下絵)を完成させないといけなかった(趣味的な意味で)」「ニコニコ動画にアップロードするためのビデオエンコに時間がかかりすぎたから」「突然あるキャラが受けなのか攻めなのかで議論が始まってしまった」「提出2時間前に突然面白いトピックを発見してしまい夢中になっていた」などの正当な理由を述べれば減点はされない。これに最終発表を加え、計10ポイントのうち10が「A+」、9と8が「A」、7と6が「B」、5が「C」、4〜0が失格となる。


画像 このような授業を実現するため、研究室はたくさんの資料であふれかえっている

 シラバスの最初には必ず「秋葉原散策」という課外活動が入る。これが慶應義塾大学大学院准教授、杉浦一徳氏のやり方だ。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」