信じる? 信じない? 「小さいおじさん」に会えるとウワサの神社「大宮八幡宮」に行ってきた

東京都内で小さいおじさん探し!

» 2015年09月22日 17時42分 公開
[ちぷたそねとらぼ]

  みなさんは都市伝説の「小さいおじさん」というものをご存知でしょうか。日本では妖精の一種だという説のある「小さいおじさん」。どうやら巷で多くの目撃談があるそうです。試しにTwitter上で「小さいおじさん 見た」で検索をかけてみると……。




 Twitter上に多数の目撃証言がありました! 自分自身はこの「小さいおじさん」に会ったことはありませんが、筆者の小2の姪っ子が見たことがあるそうで。小田急線から降りた時に、母親である姉に「ねえなんで今の人あんなに小さかったの?」と聞いたそうです。なんでも20センチくらいのスーツを着たおじさんとすれ違ったとか。筆者は霊感もないし幽霊を見たこともないわけですが、できることなら小さいおじさんに会いたい。


画像 「大宮八幡宮」さん。「八幡さま」は鳥居が朱い!

 そんなわけで、今回お邪魔するのは杉並区にある神社、「大宮八幡宮」です。「大宮八幡宮」は、「小さいおじさん」の目撃証言が多くある神社で、「小さいおじさん」をはじめ、たびたび謎の生物に遭遇している俳優の的場浩司さんもよく参拝に来ているそうです。また、別の芸能人がテレビで「大宮八幡宮で妖精を連れて帰りお風呂場で飼っている」という発言をしたこともあるとか。「小さいおじさん」は芸能人に見たことがある人が多いというのも特徴のようですね。


画像 ポジティブに言うと雨に濡れてしっとりと趣きのある本殿(この日はどしゃぶり)

 撮影当日は筆者の生来の雨女気質のせいなのか……あいにくの雨でしたが、それが余計にこの地の神々しさを演出しているような気がします。「大宮八幡宮」が注目を浴びたのは2009年頃に放映された「やりすぎコージー」という番組内で、都市伝説でお馴染みの関暁夫氏が口にした“妖精のいる神社”が「大宮八幡宮」ではないかとウワサになってから。番組内での発言「関東の真ん中にある」というのは東京の中心に位置して「東京のへそ」のフレーズで知られる「大宮八幡宮」の特徴と酷似していることから、今ではネット上で「大宮八幡宮」は「小さいおじさんの聖地」となっているようです。


画像 本殿の近くにはおみくじもあります。扇子の形をしたおみくじなど、楽しくなっちゃう

 まずは本殿にごあいさつ。「小さいおじさん」に会えますように。境内には「小さいおじさん」の文字は見当たらないのですね……。

 気になる「小さいおじさん」の真相について、神社の方に話をうかがいました。


画像 「大宮稲荷神社・三宝荒神社」の目の前に生えているご神木、「共生の木」はかやの木と犬桜が仲良く共生した珍しい木です

 権禰宜(ごんねぎ)さんの話によると、「小さいおじさん」の目撃証言が多いところは境内にある「楠の森」、それに宮城県・竹駒神社が合祀されている「大宮稲荷神社・三宝荒神社」の狐像の土台のところだそう(境内案内)。

 だけど、ちょっと衝撃的なことを聞いてしまいました。神社で働く方の中に境内で神秘の類を見た者はいるものの、「小さいおじさん」を目撃したことがある者はいないそう。えーっ! 神社の人でもなかなか会えないレアキャラなんですかっ! 目撃証言があるところも行きましたが、「小さいおじさん」には会えませんでした。


画像画像 延命のご利益があるという「神水」を飲むことができる「多摩清水社」。敷地内「清涼殿」にはお抹茶やお菓子を楽しめるコーナーも!

 とはいえ、渋谷や下北沢に近いというロケーションながらパワースポットとしても知られ、緑が多く気持ちのよい環境の「大宮八幡宮」。この場所は古来から「聖なる地」だったようで、都内で初の方形周溝墓(ほうけいしゅうこうぼ)の発掘地だったとか。神社や遺跡というものは土地のパワーが強い場所に建てるそうなのです。……ということは両方あるこの周辺はきっとすごいはずだ……! こんな環境なら妖精がいるというウワサもうなづける。


画像 縁結び・安産・子育てにご利益がある神社ということで安産祈願の絵馬がいっぱい

 霊感のない筆者では残念ながら「小さいおじさん」には会えませんでしたが、そういった神秘の類が見えなくても近くにいるような気がする神秘的な場所でした。神社内には結婚式も行える結婚式場・清涼殿に一般の方もお茶やお菓子などを楽しむことができる喫茶コーナーがあったり、この地に流れる延命のご利益があるという「神水」を飲むことができるスポット「多摩清水社」があったりと、小さいおじさんには会えなくても半日ゆっくりと楽しむことができました。ちょっとした小旅行気分!


結論:「小さいおじさん」に会えるかもしれない神社、「大宮八幡宮」は渋谷や下北沢といった都会に近いことを忘れさせてくれる「都会のオアシス」だった! 「小さいおじさん」に会えるかどうかは人と運次第かも。


 信じるか信じないかは、あなた次第です。


(ちぷたそ)


杉並大宮八幡宮

住所:〒168-8570 東京都杉並区大宮2-3-1

電話:03-3311-0105(電話受付時間:10:00〜17:00)

ご利益:縁結び・安産・子育て



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  2. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  3. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  4. /nl/articles/2406/21/news017.jpg 0歳弟のお世話を頑張る8歳次男、ほほえましい光景かと思いきや…… 爆笑のオチに「面白いw」「全ての言動が可愛いのよ!」
  5. /nl/articles/2406/14/news016.jpg じいじとばあばの、孫をめぐる“激しいバトル”が246万再生 ほほ笑ましい光景に「癒やされる〜」「ばあば毒舌www」
  6. /nl/articles/2406/21/news016.jpg 「これだからアメリカの床屋はむずい」 本人も笑いを止められない仕上がりに「絶対に期待を裏切らなくて好き」
  7. /nl/articles/2406/20/news165.jpg 「これは刺さる」 ポイ捨て禁止の看板 → “辛辣すぎる標語”に10万いいね 「その通り」「地元にもほしい」と称賛の声
  8. /nl/articles/2406/20/news015.jpg 「ヤフオク!」でメダカを買ったら、謎のトラブルに巻き込まれ…… ゾッとする展開に「自分ならこんな事できません」
  9. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  10. /nl/articles/2406/20/news043.jpg 【今日の計算】「30+30÷30」を計算せよ
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」