ニュース
» 2015年09月29日 08時00分 公開

「こちらが世界遺産です(ただし地中)」 軍艦島と一緒に登録された佐賀県の世界遺産が地味すぎて切ない

見る方法は「透視能力を身につける」「明治時代にタイムスリップする」「地底人になる」の3つだそうです。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 佐賀県が、同県佐賀市のちょっぴり残念な世界文化遺産「三重津海軍所跡(みえつかいぐんしょあと)」のPR動画を公開しました。なんと地面の下に埋まっており、観光に行っても直接見ることができないんです……。


せっかく世界遺産を見に来たのに……

 「三重津海軍所跡」は1858年、佐賀藩が御船手稽古所(おふなてけいこしょ)を設立したことに始まる施設。船の操縦や射撃訓練を行っていたほか、船の建造、修理を行う機能もあり、1865年には日本初の本格的な蒸気船「凌風丸(りょうふうまる)」がここで完成しました。今年2015年7月5日には、長崎県の端島(通称:軍艦島)などと一緒に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産に登録されています。

 しかし、現在、同遺産は地面の下に埋もれています。そのため、PVのひとつ「観光客のいかり」編は観光客が「どこ?」「見れないじゃないですか!」「うおおおおおお!」と怒りを露わにするという自虐的な内容になっています。一応、「みえつを見る方法」編で直接見る方法が紹介されているものの、「透視能力を身につける」「明治時代にタイムスリップする」「地底人になる」と実現不可能なものばかり……。


画像 「こちらが世界遺産の三重津海軍所跡です(ただし、地中)」

画像 これには観光客もがっかり……

画像 「みえつを見る方法」編によれば、直接見ることはもはや不可能

 直接見られないのは残念ですが、佐野常民記念館(佐賀県佐賀市)には「三重津海軍所跡インフォメーションコーナー」が設置されており、映像や復元模型での紹介を行っているほか、Oculus Riftで幕末の同遺産を疑似体験することもできます。


画像 佐野常民記念館パンフレット。直接見られなくても、疑似体験は可能です

画像 三重津海軍所跡PRページ。ただの川原にしか見えませんが、世界遺産です

マッハ・キショ松


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む