ニュース
» 2015年10月02日 14時55分 公開

プラごみを大量に減らせるかも ミールワームが発砲スチロールを食べて生物分解可能な物質に変えることが明らかに

小さなカラダに大きな希望。

[高城歩,ねとらぼ]

 ミールワームが発泡スチロールの一種であるスタイロフォームやポリスチレンを食べた後、それらを腸の中で生物分解可能な物質に変化させるという研究結果が発表されました。


ミールワーム スタンフォード大学のリリースより(クリックでモザイクが外れます)

 これは、米・スタンフォード大学と中国の北京航空航天大学の研究チームが発表したもの。小鳥や小動物のエサとして売られているミールワームの幼虫にスタイロフォームやポリスチレンを食べさせて飼育したところ、二酸化炭素と、土に吸収できる物質に変化させて排出したそうです。これにより、ミールワームの内臓にはプラスチックを生物分解することができる微生物がいることが分かりました。


ミールワーム ミールワームが発泡スチロールを食べている様子(クリックでモザイクが外れます)

 研究によると、ミールワームの幼虫100匹は1日で34〜39ミリグラム(小さな錠剤ぐらいの重さ)の発泡スチロールを食べるとのこと。なお、幼虫は普通の穀物などの餌を食べさせた時と比較しても健康状態に変わりはなかったといいます。

 ちなみにアメリカでは1年間に25億個ものプラスチック容器が捨てられ、年間3300万トンものゴミが処分されているのだとか。ミールワームの恩恵によって、廃棄物を減少させる方法の発見や、生物分解可能なプラスチックの開発など、新たな扉が開かれそうです。小さなカラダに大きな希望や期待が寄せられています。

高城歩

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響