ニュース
» 2015年11月18日 14時51分 公開

艦これ提督のためのウォーゲーム要務令「アイアンボトムサウンドIII」今度の秋イベントをボードでも体験

川内! 喜べ! これがあれば、いつでも激しく夜戦できるぞ!

[長浜和也,ねとらぼ]

「精密夜戦ウォーゲーム」が最新版で復活

 艦隊これくしょん提督のみなさん! いよいよ秋のイベントが始まります。なんでもウワサだと、今度のイベントは史実の「コロンバンガラ沖夜戦」がクライマックスになるとかならないとか。

 今度のイベントが扱う1943年は、日米ともに空母戦力が再建中だったため、海の戦いは水雷戦隊による夜の砲雷撃戦が中心でした。そんな、日米水上部隊が激しく戦う夜戦をボードウォーゲームで再現できるのが国際通信社の「アイアンボトムサウンドIII」(IBS III)です。ねとらぼの艦これ記事を読んでいる皆さんは、艦船や海戦の解説で状況再現でよく使っていた「アイアンボトムサウンド」を覚えているかもしれません。今度登場した“III”はその最新版になります。

アイアンボトムサウンドIII オールドウォーゲーマーには懐かしい「山村総似の山本五十六」ボックスアートを継承した「アイアンボトムサウンドIII」

 IBS IIIの特徴は、夜戦を“精緻”に再現しているところ。戦艦から重巡洋艦に軽巡洋艦、そして駆逐艦まで1隻1駒単位の艦名入りで登場するだけでなく、砲塔や魚雷発射管を1基単位でデータ化しています。艦船のデータには艦橋や射撃指揮所、搭載する水上偵察機もあって、それぞれ損害を受けると命中率が下がったり一時的に操船できなくなったり、火災が起きたりします。

IBS III IBS IIIには“誘導煙突”時代の長門型に巡洋戦艦として完成した「赤城」「天城」姉妹も登場する。駒は、表がシルエットで裏が上面図と提督の好みに応じて使い分け可能だ

 甲板や舷側、主砲塔に副砲塔には装甲データも用意しています。これは、命中した砲弾や魚雷の破壊力が装甲を貫通できたか跳ね返されたかをチェックするときに使います。IBS IIIでは、敵を砲撃や雷撃すると、「命中判定→命中場所決定→装甲貫通判定→ダメージ判定」とサイコロを振って決めていくのです。うーん! 細かい!!

IBS III オプションルールで登場する「大和」のデータシート。砲塔1基単位で再現。装甲も甲板と舷側、主砲塔に副砲塔ごとに設定している

 「うはー、面倒くせー、PCにやらせろよ」と艦これ提督さんたちは思うかもしれません。しかし、実際にやってみると、まるでスローモーション映像のような流れに思わずテンションが上がるのですから不思議です。ああ、それはまるでサム・ペキンパー監督が撮る戦争映画のような興奮。最後のダメージ判定で「特殊損傷! 弾薬庫に被弾! 装甲貫通して誘爆! 豪沈!」となったりしたら、思わず鼻血が噴き出すこと請け合いです。

 IBS IIIが用意するシナリオは、第1次、第3次ソロモン海戦からサボ島沖海戦、ルンガ沖夜戦といったガダルカナル争奪戦に伴う夜戦から、今度の艦これ秋イベントのモデルだろうクラ湾夜戦、コロンバンガラ島沖夜戦といった史実、日本の“ビックセブン”「長門」「陸奥」が米のビック7「コロラド」「ウエストヴァージニア」と戦う仮想戦も収録しています。もちろん大和も“連合艦隊ついに勝つ”的シチュエーションで登場します。

 オールドウォーゲーマーには懐かしい「山村総似の山本五十六」ボックスアートを継承したIBS IIIは、イエローサブマリンなどの専門店や書泉グランデの専門コーナー、そして、国際通信社のオンラインショップ「a-game」で購入できます。価格は税別で8000円。史実上の日本海軍の夜戦を追体験するのにIBS IIIは最高のツールと思うのであります。

 「俺は“オイゲン”や“リットリオ”が好きなんだよ」という提督にも朗報があります。IBS IIIの欧州編「ロイヤルネイビー」と水雷戦隊にフォーカスをあてた「デストロイヤーキャプテン」の再販が決定しました。さらに、日清日露戦争(そして米西戦争)の海戦を再現する「アイアンクラッド」も日本版を発売する計画です。おお、これで“坂の上の雲”のもっくん、いや、秋山真之海軍中佐の戦いを追体験できますね。

IBS III というわけで、「長門」「陸奥」と「コロラド」「ウエストヴァージニア」が登場する“ビックセブン”的な海戦をやってみた。ぐあー! 「神通」出会い頭で衝突!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  7. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  8. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  9. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ
  10. /nl/articles/2201/27/news028.jpg 【漫画】子どもが風邪で小児科へ→厳しそうなお医者さんに身構えていると…… 思わぬ暖かい一言に泣かされたママの話

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」