ニュース
» 2015年12月29日 19時56分 公開

動く機関車が作れる工作キットがKickstarterで人気、目標金額の約20倍を集める

子どもが感動すること間違いなし。

[大場巧揮,ねとらぼ]

 自然の材料だけで機関車の模型などを作れる工作キットがKickstarterに登場し、目標金額の約20倍を集める人気となっています。



 今やスマホやタブレットでゲームを手軽に遊べる時代ですが、そこで得られる感触はタッチスクリーンだけ。そんな中、プロジェクトの主催者「UGEARS」は、本物の機械に触れて遊んでみることができる組み立て機械を作成しました。遊びながら機械の基礎を理解できるように工夫を凝らし、より工作が楽しめるように材料はすべて自然のものを使用しています。

機関車

 パーツや詳細な説明書、追加の詳細資料が付いており、これだけあれば完成するようになっています。接着剤も必要ありません。パーツはレーザーカットを使用し、高い質や精度を実現しました。



 プロジェクトへの支払額に応じてもらえるリワードには、Kickstarter限定となる給炭車付きの機関車(58ドル)、駅(35ドル)、牽引機関車(17ドル)、20分計れるタイマー(22ドル)などが用意されています。



 このプロジェクトの目標金額は2万ドルで、現在それをはるかに超える約40万ドルが集まっています(12月29日現在)。日本時間12月29日に終了予定です。

タイマー

 シンプルなパーツから、完成度のとても高い機械が作れるこの作品。遊んだ子どもに夢を与えることは間違いなさそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン