ニュース
» 2016年01月08日 10時00分 公開

やっぱりカードはエロい方が売上が上がる? ガチャの確率操作、ホントにしてない? ソーシャルゲーム運営に直球で質問してみた【PR】(1/3 ページ)

ネットで叩かれがちなソーシャルゲームについて、気になることを「戦国炎舞-KIZNA-」のプロデューサーに聞いてみました。

[ねとらぼ]

 突然ですが、ソーシャルゲームってどんなイメージがありますか?

  • 「ソーシャルゲームにカネ使う人は馬鹿」
  • 「ソーシャルゲームなんかゲームじゃない」
  • 「運営が終了したら何も残らないのに」
  • 「あんな女の子のイラストに金をつぎ込むなんて気が知れない」

 ――ざっと検索しただけでも、こんな感じのコメントが続々。ソーシャルゲームバブルと言われた一時期に比べればだいぶマシにはなったものの、相変わらずネットでは悪いイメージが根強いようです。

 そんなおり、ねとらぼ編集部で「戦国炎舞 -KIZNA-(以下、戦国炎舞)」のPRを担当することに。「戦国炎舞」と言えば、実は知る人ぞ知るソーシャルゲーム界の重鎮。アプリランキングでも、2014年以降ほぼずっと10位以内をキープし続けているという(下図参照)、隠れた化け物タイトルです。


ソーシャルゲームの聞きにくいこと スマートフォン用ゲーム「戦国炎舞」。最大20対20で行われる「合戦」が特徴の、いわゆるソーシャルゲーム

ソーシャルゲームの聞きにくいこと 赤線が戦国炎舞(AppDBよりApp Storeトップセールスランキングを算出。1カ月のランキング平均値を利用)

 本当に「ソーシャルゲームなんかゲームじゃない」のか、「ソーシャルゲームにカネ使う人は馬鹿」なのか。いい機会なので、「戦国炎舞」を運営する、サムザップの竹内恒平プロデューサーに、普段は聞きにくいソーシャルゲームのお話についてうかがってきました。




「○○万ダウンロード突破!」って、ホントにそんなに遊ばれてるの?


ソーシャルゲームの聞きにくいこと 今回のインタビューを快く引き受けてくれた、サムザップの竹内恒平さん。「戦国炎舞」の立ち上げ時にはプロジェクトマネージャーとして参加し、メインプランナーを経て現在はプロデューサーとしてチームを率いている


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

さっそくですけど、「戦国炎舞」の現在のダウンロード数ってどれくらいなんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

おかげさまで、現在は420万ダウンロードを突破しました(2015年12月21日時点)。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

これって、420万人がリアルタイムで遊んでるってわけではないんですよね。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

そうですね。あくまでもダウンロード数なので。実際に遊んで下さっているユーザーさんの数とは全然違います。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

実際に遊んでいる人数はどれくらいなんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

それは……すみません、言えません。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

420万ダウンロードの中には、いわゆるリセマラ(リセットマラソンの略。最初のガチャで良いカードが引けるまで、データをリセットしてやり直すこと)も含まれているんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

含まれています。ただ「戦国炎舞」ではリセマラしてもあまり意味がないかと……。もちろんログインボーナスやキャンペーンでもらえるレジェンドガチャ券を使えばできなくはないですが。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

リセマラしてもあまり意味がないというのは、あえてそうしたんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

たまたまですね。「戦国炎舞」は2013年の4月にリリースしたんですが、当時は今ほどリセマラが流行っていなかったんですよ。ソーシャルゲームに詳しい人がやり始めたくらいで。だからそのへんは全然意識していませんでした。




「ソーシャルゲーム=安く作れる」は本当?


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

開発費ってやっぱり昔よりも上がってるんですか。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

確かに昔は「半年スパンでいろいろリリースして、どれかがヒットすればいいや」という感じだったみたいですが、今は中途半端なゲームではまずヒットしません。だから開発期間も必然的に延びて、最低でも1年以上はかかります。そのぶん開発コストはやはり上がっているんじゃないでしょうか



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

大体どれくらいダウンロードされたら黒字になるものなんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

それはゲームの収益構造によって全然違います。同じダウンロード数でも、ゲームによって収益構造はけっこう違うんですよ。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

多い人だとどれくらい課金してるんですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

ええと、それはユーザーの個人情報になってしまうので言えないんですよ。ゲーム内で大活躍していると目立ちますから、誰が一番課金しているのか、分かる人にはなんとなく分かっちゃう。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと 言えないのにはちゃんと理由があるのです


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

ぶっちゃけ無課金ユーザーって、運営にとっては一文の得にもならない存在ですよね。「金払わないのに文句ばっかり言いやがって!」とか思ったりしませんか。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

まったく思ってませんよ! 戦国炎舞は最大20対20のGvG(Guild vs Guildの略。プレイヤー同士のチーム対戦)がウリのゲームなので、人数が少なかったら成り立たないんですよ。ですから無課金ユーザーでも楽しめるものにしたい、というのは常に考えていますし、もっと増やしていきたいとも思っています。もちろん課金してもらえた方が事業としてはいいのですが、遊び続けていただけるだけでありがたいです。




戦国武将なのに女の子が多いのはなぜ?


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

「戦国炎舞」って、戦国武将なのに女の子のキャラクターとか出てきますよね。やっぱり女の子のカードが多い方が売上もアップするんですか



ソーシャルゲームの聞きにくいことソーシャルゲームの聞きにくいこと 「戦国炎舞」の真田幸村と足利義昭


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

うーん、そういうゲームもあると思いますが、ウチではそうでもないですよ。男女関係なく、かっこいいか、かわいいかが大事という印象です。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

でも実際女の子多いですよね……?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

うちでは「戦国サーガ」というソーシャルゲームも運営していて、一部のイラストは「戦国炎舞」と「戦国サーガ」で平行して使っているんですよ。「戦国サーガ」では女性キャラが多かったので、それで「戦国炎舞」でも女性キャラが多く見えているんだと思います。新しく作るキャラに関しては、男性も女性も満遍なく制作してますよ。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと 実はそんなに女の子キャラは多くない


ソーシャルゲームの聞きにくいこと

クリスマスイベントではへそ出しのサンタ娘がいましたけど、「露出度が高い方が売上も上がる」みたいなことってありますか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

萌え系のゲームでは関係ありそうですが、ウチではあまり関係ないですね。ユーザーも「戦国炎舞」ではそういうのをあまり求めていないと思います。どちらかというと、イラストにエロさをそこまで求められていないですし、スキルなどの性能も込みでユーザーは惹かれるみたいですね



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

てっきりイラストレーターに「これじゃ露出度低いから売れないよ! もっと露出度上げてよ!!」みたいなことを言ってるんだとばかり……。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

Appleってそのへんすごく厳しいんですよ。露出度が高すぎると最悪の場合、App Storeから消されてしまうので。だからウチはかなり気を使っていて、「露出度が高すぎるから抑えてください」とお願いすることもあります。個人的にも、下品なイラストはあまり好きではないので。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

イラストよりも性能というのはちょっと意外でした。でも、だからといって強いカードをバンバン出せばいいってものではないんですよね?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

そうですね、インフレが進みすぎると逆にユーザーが離れてしまいますし、そこは難しいところです。なので、今までになかった新効果のカードをリリースする時はメッチャ不安です。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

インフレさせすぎるとやっぱりダメなんですか。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

強いカードを出すと、短期的には儲かるかもしれませんが、中長期的には問題の方が多いと思いますね。一度インフレさせたら元には戻せないですし、あとはもっと強いカードを出すしかなくなります。ドラゴンボール状態ですね



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

ドラゴンボール状態! それってソーシャルゲーム業界の隠語ですか?



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

いや、いまテキトーに言っただけです(笑)。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

じゃあ「戦国炎舞」の場合、インフレにはかなり気を使っていると。



ソーシャルゲームの聞きにくいこと

サービス開始から3年目になりますが、毎日遊んでいただいているユーザーさんが多いのは、急激なインフレをさせなかったからだと思います。もちろんサービス開始当初と比べればある程度はインフレしているのですが、許容してもらえる範囲内には収まっているのかなと。まったく変化がなくて、カードの強い組み合わせが変わらなかったら、それはそれで面白くないですからね。




       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」