ニュース
» 2016年02月08日 20時28分 公開

ワンフェス2016[冬]:青いツインテールぴょこぴょこが正義 ねんどろいどの初音ミクとおしゃべりしてきた

iDoll×ねんどろいど「HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid」をワンフェス会場で見てきました!

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「ミク、何か踊って。」 声をかけるとねんどろいどのミクさんは、いつもの声で自己紹介ソングを歌いながらステップを踏み始めた。こちらの言葉に反応して、歌って踊ってコミュニケーションしてくれる初音ミクねんどろいど「HATSUNE MIKU by iDoll x Nendoroid」を、2月7日開催「ワンダーフェスティバル2016[冬]」で見てきた。

初音ミクねんどろいど ワンフェス会場の一角に

初音ミクねんどろいど初音ミクねんどろいど コミュニケーションできるねんどろいどミクさん登場!

 このミクさんは、ユカイ工学の手のひらロボット人形「iDoll」と、グッドスマイルカンパニーの人気フィギュア「ねんどろいど」が融合したコミュニケーションロボット。ねんどろいどの10周年を記念して開発されたコンセプトモデルであり、手のひらサイズのねんどろいどの造形でありながら、こちらの言葉に応じて、あいさつしたり踊ったり一発ギャグをかましたりさまざまな反応を返してくれる。

初音ミクねんどろいど 今回はマイクに向かっておしゃべり

 会場にはミクさん本体とマイクを設置。本来ならコミュニケーションにおけるインプットもアウトプットもミクさんのボディー一括で行える。今回は周囲の雑音など会場の環境に配慮し、マイクに語りかけてミクさんの音声は後方のスピーカーから出る仕様となっていた。

 「はじめまして」とあいさつすると、流れ始める音楽に合わせ「はじめましてはつーねミークで〜す♪」と歌うように自己紹介。横にステップを踏んだり、両手を広げると同時に顔をパッと上げたりと、ねんどろいどの小ぢんまりしたボディーをぴょこぴょこ動かし踊ってくれる。この子連れて帰っていいですか。

初音ミクねんどろいど か わ い い

 「何か踊って」とお願いすると、1分近いダンスを披露。首・肩・肘・足だけでなく青いツインテールも上下に動くのがステキだ。動かした体をキュッと止めたときにしっかりツインテールも浮き上がるから躍動感がある。ねんどろいどの丸っこいデザインでこの生き生きとした動き、口元がほころばずにいられない。

初音ミクねんどろいど ツインテールぴょこぴょこが最高

 今回反応できる言葉は10種類だったが、プログラム次第でもっと多くのコミュニケーションが可能になるとのこと。コンセプトモデルのため商品化は未定だが、アップデートのたびにどこかの場で披露していきたいと担当者は話していた。そういえば10種類全部試さなかったのだけど、「泣きたい」っていったらミクさんはどんな言葉をかけてくれたんだろう。心残りだからまたおしゃべりしたい。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた